まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


かくれたきしつかいほう・・・。

何事も活発に行動する青少年にオセルタミビルは鬼門のようです。ええ、インフルエンザ治療薬「タミフル」の事です。一部の青少年には精神症状を引き起こすとして世間の注目を集めています。

実は大人には何故か副作用としての精神症状は現れません。気狂いが一番出現しやすい世代に何故か多いのです。それと因果関係がありそうな気がします。世間が大騒ぎしているタミフル精神症状との因果関係は自分から見て「?」です。

脳関門が未発達な人が精神症状を引き起こしやすいのではと勘ぐっています。インフルエンザで弱った身体から発する悪液質の影響です。アンモニアとか脳に悪影響を及ぼすような物質が悪さをするという考えです。肝性脳症に極めて近い発狂振りです。

後、小さいお子さんが死亡している例もありますね。あれもタミフルと云う人がいます。一部はそうでしょうね。タミフルを投与した事で元々脳関門が未発達の上に大幅開放になったが為にウイルスが入り込みインフルエンザ脳症を引き起こしたとも考えられます。

まあ、飽くまでも妄想です。又は一意見です。厚生労働省は研究班でプロジェクトを組んで原因解明を急いでいます。早くとも今夏に結果が出そうです。因果関係はなかったと言い張るか、あっさり認めて裁判に備えるかを決断します。どっちを選択しても地獄ですね。
スポンサーサイト


かみもほとけもありゃしない・・・。

墓場とは意外でした。確かにあれは金属です。パクろうと思えば幾らでもパクれます。良質のステンレスですからね。大量に集めれば結構なお値段になります。

ん?何の事だとお思いになったでしょう。ここでも先日語った金属泥棒のお話の続きです。線香皿です。あれは盲点でした。比較的新しいお墓なら必ず付いています。罰を恐れなければ、全国に幾らでもあります。線香皿とはどういうものなのか画像で示してみます。


線香皿



見覚えありますね。ステンレスだけではなくアルミ合金、銅もあります。中には金や銀、白金など高級物もあるようです。陶器、磁器なども少数乍らあるようです。まあ、一般人はステンレスかアルミ合金で、分相応で済まします。

今回の報道で全国の盗っ人共がこれに目を付けてしまいました。墓場、霊園が盗っ人で溢れ返りそうです。罰を恐れない連中のする事ですから、今日からでも線香皿泥棒が多発する事でしょう。

次はどんな金属物を狙うのでしょうか。北京五輪が開催されるまで、金属泥棒は続きます。いや、間違えました。中華人民共和国と印度の経済成長がストップするまで続く筈です。そうです。何十年も続くのです。勿論、投資に最適なのは云うまでも無い事です。


うまなみなのだろうか・・・。

三遊亭圓楽噺家引退を表明しました。理由は満足した噺が出来なかった事からです。確かに呂律が回っていない箇所がありました。生来、完璧主義者なだけに、潔い決断となったようです。

その報を聞いた桂歌丸落語芸術協会会長が残念がっていたようです。圓楽の体調が幾分良くなった処で引退撤回を求め説得する腹積もりは多々ありそうです。然し、前途は難しいでしょう。

この方は結構右寄りです。生粋のジャイアンツファンでもあります。礼儀正しい昔の親父です。ギャンブルも当然大好きです。狂が付く位です。これに似たような立川談志が近親憎悪の所為か嫌っているのも無理がありません。

一寸余計でしたね。立川談志の事実上除名された弟子の快楽亭ブラックが東京都渋谷区長選に出るというのも余計でした。危険なネタを披露している事も余計ですよね。一度聞いてみると目から鱗が落ちると思います。

話が逸れ過ぎました。元に戻しましょう。昨日の日本テレビ系列の笑点で最期の桂歌丸の一言が印象に残りました。圓楽があれを聞いていたら、昨日の引退表明はなかった事でしょう。正に時は残酷です。


あんなにのびるものなのか・・・。

最近、森進一が作詞家の激怒を買って「おふくろさん」が唄い難い状況に陥っています。激怒したのは耳毛いや川内康範です。老い先短い86歳です。紅白などの「おふくろさん」を聞いてプチンと切れたそうです。

確かに紅白では出だしが可笑しかったです。イントロが流れている中で何を云っているんだろうと思いました。通は静かにイントロが流れていく中であの歌い出しです。あれでなくては「おふくろさん」ではないです。

問題となった別バージョンの「おふくろさん」が出て来た切っ掛けは偶然から生まれました。前の曲から直ぐに「おふくろさん」になってしまう構成の為に当時の関係者がイントロ部セリフ付きを提案したのです。一度切りの筈が森進一が気に入った為にそれ以来から度々使うようになった次第です。

耳毛いや川内康範はその経緯を知っていました。不快感ではありましたが許していました。だか、近年、別バージョンを歌い出す回数が多くなった事に許す心が次第に揺らいだのです。そこで去年の紅白です。イメージが可笑しい事に気付き、怒髪天を衝く怒りを爆発させたのです。

それでも耳毛いや川内康範森進一が謝りさえすれば許すつもりでした。耳毛いや川内康範森進一が自分の元には行き辛いだろうと、会談を自分から指定したのです。それが森進一側の都合でおじゃんになったものだから、耳毛いや川内康範は怒り心頭です。そこであの会見であり、あの門前払いなのです。それにしてもあの人の耳毛は漫画のように凄い物がありました。希有なキャラクターです。

耳毛いや川内康範(86)


くちはなんのため?・・・。

何やら全国各地で金属物が盗まれる被害が相次いでいるようです。数年前から金属価格が急上昇している所為です。戦後によく見られた光景が繰り返されようとしています。

急上昇している原因は中華人民共和国にあります。北京五輪で建築ラッシュが始まっているからです。あれだけのお国ですから、必然的に物資不足に陥ります。

そこで、中共残留孤児などで日本に住み着いた親戚擬きやマフィアに雇われた出稼ぎ目的留学生擬きなどを使います。90年代初期からの狡猾な盲流攻撃を開始し、今では日本全国にネットワークが完全に敷かれています。

ですから止め処無い盗難が相次ぐのです。その有り様を見て、単純思考の日本人も真似仕始めました。戦後の小遣い稼ぎをした頃のDNAが働いたのでしょう。人として下劣な行為に走り出してしまいました。

6年前に米百俵の精神を一生懸命説いていた方が居ました。欺されて一生懸命多くの庶民が耐えてきました。結果どうなったでしょうか。貧富差が拡大し、庶民だけが一層貧しくなっただけです。人心荒廃する訳です。悪政に無言は愚民の振る舞いと同じ理です。


テレビのえいきょうだね・・・。

日頃、車を運転していると、奇特な方を良く見掛けます。携帯をしながら運転する奴を禁止されているにも拘わらずごまんと見掛けます。一種の癖と格好付けの為にやっています。万が一、事故を起こした時に不利に働く事は明白です。

まあ、これは可愛い方です。特に目立ってきたものと云えばペットを車に乗せる事です。人ではないですから、シートベルトなどしません。賢いペットならじっとしていますが、お馬鹿なペットは縦横無尽に動き回ります。

嗚呼云った状況で、運転に支障がないのなら問題有りません。然し、相手は畜生です。予測外の事を人間の子供と同じ様に仕出来します。それが理だからです。勝手に動かないように固定するのが一番です。

だからと云って、抱きながら運転するのは非常に危険です。実は近年、そう云ったドライバーが何故か急激に増え始めたのです。動物が好き嫌いに拘わらず、誰が見ても危険運転行為です。珍走団より質が悪いものと思われます。そう云った行為をする人は女性に多い様です。世代に格差はありません。

そんなドライバーは、車を運転する資格はありません。剥奪に値します。若しくは、もう一度教習所へ一から基本を学びに通うべきです。兎角、ペットを溺愛仕過ぎて、人として道徳を喪失してしまい、畜生以下に成り下がったのでしょう。人間辞めるべきです。


じじいのさくぼう・・・。

東京マラソンで気を良くした石原慎太郎東京都知事閣下に激震が走りました。旧来の友である建築家の黒川紀章が今春の東京都知事選に出馬表明したからです。今までにこやかだった石原閣下の顔が今日何となく優れなかったのはこの所為です。

黒川、強烈に閣下の政治姿勢を批判していました。閣下の過去の悪行まで知っている黒川が出て来た事で知事選に波乱が出て来そうです。民主党が候補者選択に戸惑っている中で、石原閣下都政の批判票を幾らか集めそうです。

確か御年72歳ですね。閣下が74歳です。都政の激務に耐えられるかどうかの年齢です。若き熱い野望溢れる中央の柵がない無所属候補が出て来れば、彼等は一転して泡沫候補になります。

行き成り、黒川が出て来た事が不思議です。東京マラソンなどの人気取りの所業で義憤を感じたのでしょうか。何れにしても石原閣下の増長に楔を打ち込む為に出て来たようなものです。

と、裏を知らない方なら以上の文句を書き込むと思います。自分は違った見方をします。まあ、天の邪鬼なだけなのですが、民主党は揉めながらも都知事候補を出しましょう。予想通りか意外かは別にして石原閣下批判票を随分と集める筈です。

下手すると石原閣下の増長次第で閣下批判票が支持票を上回る可能性が有ります。見通しに危機感を感じた石原閣下が黒川に俺の批判票の分散をしてくれと依頼し、それに応じたのが黒川出馬表明だと見ています。まあ、飽くまでも自分の妄想です。お気に障ったら許して下さいな。


はぐらかすのもだいじ・・・。

日本銀行追加利上げを即日実施しました。通常は円高に振れる筈が今日の処は円安に留まっています。株価も高水準を保っています。何れにしても市場は日本銀行の勇気ある決断に敬意を示したようです。

微妙な利上げでした。0.25%上げて0.5%になりました。1998年の水準に戻った訳です。次の利上げは半年後になりそうです。それまでに好況が持てばの話ですが・・・。

今回のは安倍ちゃんも承知しました。自由民主党内の一部には懸念を示している方々もいますが、1月の借りを作った以上文句は云えません。又、亜米利加合衆国からの圧力も断固拒否出来ません。

不安材料は当然あります。景気後退兆候が一寸垣間見える事です。市場側は今回の利上げに概ね歓迎なご様子です。そういう脳天気さを我々は何度も経験しています。悪い方に考えるのは、庶民の直感故です。

いつ悪材料が来ても、回避出来るようにすべきです。株落ちる時はドカーンと行きます。円上がる時は止め処無く上がります。嘗ての円高不況に見舞われるかも知れません。その後にバブルが来た事は内緒の話です。


キラさま・・・。

昨日のお話に誤りがありました。裁判長が無期を出さざるの得ないのは、検察側の求刑が無期だったからです。自首=罪一等減に従ったお役人根性で理不尽な判決が出てしまった訳です。

これで決まりましたね。無期懲役刑確定です。検察側は求刑通りだったので控訴はしません。弁護側は控訴すると死刑になる恐れがあるから、これも又控訴はしないと思います。但し、尾上力(38)が良心の呵責に耐えきれず控訴を望めば、話は変わります。

まあ、しないでしょうね。儲けもんだと思っている筈です。犯罪が犯罪なだけに事実上の終身刑になるとは思います。中で苛められるからです。そういう下衆な奴は先輩達の憂さ晴らしの標的になります。女の子を強姦した野郎など徹底的に虐め抜きます。

狂うまでやる筈です。狂えば死ぬまで塀の中です。医療監獄の監禁房で糞便塗れの最期を遂げる筈です。これは死刑よりきついかも知れません。被害者の無念を代わってやってくれるから、或る意味物凄い刑罰かも知れません。

まあ、釈然としませんが、上記の様に考えたら死刑にしてやった方が親切だったでしょう。若しかして検察側はそういう裏事情に長けているから、あんな求刑をしたのかも知れません。だとしたら、とんでもない策士です。今頃ほくそ笑んでる尾上が、収監後、恐怖に戦く態になろうとはお釈迦様も知らねですね。


ただ、まっすぐに・・・。

タイトル画像に貼り付けてあるターゲットマッチ広告が明日一杯で終了します。これに代わる広告が無い以上、その部分は暫くの間すっからかんになります。

タイトル画像に影響がない様に、背景透明広告物を探さなくてはいけません。探せばありそうな感じですが、意外にありません。うーむ・・・困りましたね。暇が無いだけに、長い目で探すしかありません。

話は変わって、当時7歳から13歳までの女児15人を連続強姦し、又13件の連続放火をして5人を焼き殺した犯人が死刑ではなく無期懲役の判決になったようですね。死刑ではない理由はたった一つ、新たな犯行を自首したからです。

尾上力(38)って奴は、本件の犯罪状況からどう見ても矯正不可能としか思えません。増してロリペドの性癖が直る筈が無いのです。更に5人も自分の憂さ晴らしの為に焼き殺したのだから、死刑は当然となる筈でした。

然し中川博之裁判長は違いました。鬼畜ではあるが、自首するなど人格態度に少し変化があったので一等減じて無期としたのです。正にお役人根性です。自首=一等減刑を単に適用したに過ぎません。決められた事しか出来ないのも考え物ですね。


はじめありき・・・。

先ずはこの段の下の表をご覧下さい。自動的に縮小される場合は表をクリックして下さい。拡大される筈です。上場企業を対象にしたランキング表です。

業種別生涯給料ランキング表


放送業界がトップですね。上位業種を眺めてみますと、或る事に気付きます。生涯給料が高い?それも一理ですが、各業種の置かれている環境を考えてみれば、何となく答えが出て来ます。

競争相手が少ない事です。放送業界を例に取ると、キー局はたったの数局しかありません。儲けの分配単価が大きい訳です。反対に下位業種ですと、競争相手が多過ぎる傾向が垣間見えると思います。

ですから、儲けの分配単価が必然的に低くなります。そこにも上場企業と雖も貧富格差が表れている訳です。自分が全く無い人はこれを参考にするといいでしょう。上位程、官僚化されています。のほほんと働きたい人向きです。

自分がある人は云うまでも無い事です。どの業種でもやっていけましょう。夢があるのなら猶更です。下位業種を選択しても上位業種を程無く追い越す事は間違いありません。まあ、一般人は上位業種を選ぶのがオチです。この選択も決して誤りではありません。

人の数だけ選択肢はあります。若い時にしか得られない特権です。最大限に利用する事に越した事はありません。但し、選択は慎重要です。これだけは守って下さい。反対に年寄りは・・・厳しいのぉ・・・。


あとはゆうきだけ・・・。

気持ちの優しい内気な人は理由無き苛めに遭い易い事は昨日語りました。理不尽な苛めに何故遭うのだろうと、泣き乍ら枕を濡らした人が沢山いる事でしょう。

世の中を見て下さい。あらゆる世界において成功者と呼ばれている連中をご覧なさい。殆どが小心者で固まっている筈です。小心者でないと成功仕難い現在社会がそこにあります。

理由は簡単です。小心者は生き残る力に凄く長けているからです。苛められた分だけ生き残る力は増します。反対に苛めている連中はその分だけ死ぬ確率が高くなるのです。それはそうでしょうね。人を舐めている分だけ命を狙われ易いからです。

893でも戦場でも同じ事です。勇ましい奴ほど早死します。故に逃げ回っている小心者が生き延びてしまう訳です。又、小心者は或る種の力に長けています。人を気に掛けてしまう。云い変えると他人を気にしてしまう力です。その事から或る種の社交術を生まれ乍らにして獲得しているのです。

ここまで語ったら、お分かりですね。明るい将来が約束された二つの巨大な力を持っているのに、自ら死を選ぶのは愚者の振る舞いです。これでは苛めた連中と変わりません。艱難に耐える事や逃げる事も、未来の栄光と比べたら些細な事に過ぎません。人は今を見るのではなく、未来を見続けたからこそ今日の繁栄があるのです。


ちにはいつくばってでも・・・。

いじめ原因の事件 前年比41%増 昨年 「無抵抗だから」動機・原因の半数
2月16日8時0分配信 産経新聞


 昨年1年間に全国の警察が検挙・補導したいじめに絡む事件は、前年比41・2%増の233件で、4年連続で増加したことが15日、警察庁のまとめで分かった。検挙・補導者数も41・1%増の460人に上り、うち中学生が76・5%だった。原因・動機は「(被害者の)力が弱い・無抵抗」が46・3%と突出していた。いじめの被害者に落ち度がなくても、力が弱かったり、拒絶する意思を示さないと、いじめのターゲットになる傾向が強まっていることが浮き彫りになった。またこの数値は過去10年でもっとも高かった。

 原因・動機調査は、いじめに絡む事件の捜査で、被害者、加害者の事情聴取などから得た情報を都道府県警が分析。該当するとみられる項目を複数回答で選び、警察庁でまとめた。

 233件の事件の内訳は、いじめる側による傷害や強要などが223件、いじめられた仕返しが10件だった。

 検挙・補導者は、小学生が対前年比5人減の18人、中学生は112人増の352人、高校生は27人増の90人で、中学生による事件の急増が目立っている。

 「原因・動機」では、「力が弱い・無抵抗」につぎ、「いい子ぶる・なまいき」(15・0%)、「態度動作が鈍い」(7・8%)、「よくうそをつく」(6・3%)-などが続いた。

 また、いじめの被害者210人について相談相手を複数回答で調べたところ、「保護者」が120件で57・1%。次いで「教師」が76件で36・2%、「警察などの相談機関」は65件で31・0%だった。「相談しなかった」は21・9%で、対前年比で13・6ポイント減少した。

 「保護者」や「教師」に相談した被害者は過去10年間横ばいだが、「警察など」に相談した割合は9年の7・3%から急増しており、被害者がいじめ解決の糸口を警察などの専門機関に求める傾向が強まっている。

 いじめに絡む事件をめぐっては、愛知県で昨年11月、14歳の男子中学生2人が、長期間のいじめの末、同学年の男子生徒(14)の両手足を粘着テープで縛り、蹴るなどして、全治10日間のけがを負わせるなど、長期のいじめが傷害事件に発展するケースが目立っている。



着目すべき点は原因動機です。弱い奴が更に弱い奴を叩くを地に行っています。マハトマ・ガンジーの無抵抗主義が今の世の中に役立たない事を意味しています。

極論過ぎました。ガンジーの説く無抵抗主義は誤りです。正確には「非暴力・不服従」主義です。非暴力とは、力による暴力を行使せずに抵抗すると云う事です。不服従は分かりますね。あらゆる屈辱を受けるような服従に屈しないと云う事です。

非暴力という語感から察する事は出来るとは思いますが、言葉や文書等を用いて抵抗する事はOKな訳です。現実にガンジーは無抵抗主義とはかけ離れた辛辣な言動を繰り返しています。

偉人を貶める積もりはありません。そういう一面もあったと云う事です。兎角、今のお子ちゃまにはガンジーの姿勢は受け入られるものではありません。それでは平和になるのなら、今の印度の姿勢をどう捉えて行けばいいのでしょう。

どうも話が逸れ過ぎたようです。引用記事に添っていないお話になりました。虐めに関してのお話は表版裏版にも過去に語っています。諄くなってはいけませんので、違った切り口を出さねばなりません。今の世の中は云うなれば力が全てと云う間違った幻想に支配されている事は間違い有りません。全てに於いて、本当の勝者は生き残ったもん勝ちです。屈しても諦めてはいけない理由が、そこにあるのです。


ややぼけじゃな・・・。

去年の夏には全く出なかった山崎製パンの限定版「シュースティックロング」がやっと出て来ました。今月の頭辺りに出ていたようです。去年と同じく苺タイプでした。

お味は一寸だけ変わっています。苺ホイップクリームの匂いが気になりました。口の中に昭和の匂いが拡がったのです。昭和時代のバタークリームの匂いが再びやってきたのです。

これが嫌いな人は敬遠します。質を下げたのでしょう。去年のが上手かっただけに、ちょっぴり残念な気がします。生クリームに対しバタークリームの比率をコスト削減の為に上げた感じがします。

気にならない人は十分に味わえると思います。昔のバタークリームの匂いが好きな方には、泣いて喜ぶ味だと思います。自分は苺の方の味が勝っている分だけに、匂いに気にしながらも、お使いの度に買って味わっています。

一応、限定版を画像に収めました。この段の下に貼って置きます。この商品名は「シュースティックロング・女峰いちごホイップ&カスタード」です。美味しいとは云っても飽くまでB級御菓子の中です。其所の処を勘違いなさらないように。


女蜂いちごホイップ&カスタード


りようするにきまっている・・・。

日本の子供は先進国でずば抜けて「孤独」…幸福度調査

【ジュネーブ=渡辺覚】国連児童基金ユニセフ)は14日、先進国に住む子どもたちの「幸福度」に関する調査報告を発表した。
それによると、子どもの意識をまとめた項目で、「孤独を感じる」と答えた日本の15歳の割合は、経済協力開発機構(OECD)加盟25か国29・8%と、ずば抜けて高かった。日本に続くのはアイスランド(10・3%)とポーランド(8・4%)だった。
また、「向上心」の指標として掲げた、「30歳になった時、どんな仕事についていると思いますか」との質問に対しては、「非熟練労働への従事」と答えた日本の15歳の割合は、25か国中最高の50・3%に達した。
また日本は、親が働いていない家庭の割合が、先進国中で最も少ない0・4%。ところが、平均収入の5割を下回る家庭に暮らす「貧困児童」の割合は、14・3%にのぼり、最悪の米国(21・7%)から数えてワースト9位となり、子どもを持つ「ワーキングプア」の家庭が相当数に達していることが分かった。
また、10冊未満の本しかない家庭の割合は9・8%で7位。「静かな勉強場所」「学習用のコンピューター」「ネット接続環境」など、教育環境の充実を象徴する8品目中、所有が6品目未満の家庭は53・3%にのぼり、ギリシャに次ぐワースト2位となった。

(2007年2月14日20時54分 読売新聞)



うーむ。意外に日本の子供は冷めている印象を受けます。冷静に世の中をよく観察しています。引用の中にある非熟練労働とは所謂正規社員以外を指します。我々の揶揄している新しい形の奴隷労働を意味しています。

日本のこの統計サンプルはどの様に取られたのでしょう。我々の感覚とは相当に離れているような気がします。東京都心の治安が良くない処で取ったのなら、引用のような結果になりましょう。裕福な処ならこんな結果は絶対に出ません。地方なら猶更です。

若しそれが、日本の子供の総意と捉えられたら残念な事です。未だ15歳ですよ。小学9年生のお子ちゃまです。貴方の周りの中学生を見てご覧なさい。殆どが鼻水を垂らしたような面ばかりです。目先の事だけで、ずっと先の事を考えている余裕はありません。

これでこの結果なのでしょう。深い考え無しに設問に只答えただけです。非熟練労働にはフリーターやスポーツ選手などのカタカナが付くものが入っています。あの世代の人間は粋がっていますから、設問項目にカタカナがあれば、みんなそれを選ぶに決まっています。

一寸、暴走しました。どの様な設問なのかを知らないと、総括の仕様がありません。暫くすれば公開される事でしょうから、それまで待つ事としましょう。それまでの間、左側がこれを利用し、政府を攻め立てる事になるのは、浅墓乍ら云うまでも無い事です。


さいしょのしれん・・・。

昨日の部活動について、気になった方は斯う云うでしょう。「殆どの運動部、駄目じゃん。」と。確かにそうです。昨日の事例は昭和時代の自分の体験からそう分析したに過ぎません。飽くまで持論である事を予め承知して頂くようお願い申し上げます。

では、文化部はどうなのか。これも結構困った事でして、陰湿な虐めの温床として君臨している処でもあるのです。顧問がしっかりしていれば、その被害は比較的小規模で済みます。でも、完全に無いとは云いきれません。

科学部とか実験研究系を含んでいる処、所謂男子の割合が多い処は、殆ど無いと云ってもいいでしょう。然し平成の世の中に於いては、悪い奴等が集っている場合もありますから、矢張り注意が必要です。問題は女子の割合が多い処です。吹奏楽・学芸などと云った処です。

昭和もそうでしたが、現在でも相当に陰湿な虐めがあるようです。身体の弱い人と何に於いても内気な人が標的にされます。極偶に正義感が強過ぎる人も対象になります。上級生から心身共にボロボロにされるまで、虐め抜かれる事となりましょう。

「結局、全部駄目じゃん。」 そうです。それで君子危うきに近寄らずを実践している賢い新入生が増えてきました。敢えて帰宅部を選択してしまいます。新入生が必ず入れと決まっている処では、取り敢えず入部して、一日で退部するという荒技をしてまで、一人だけ帰宅部を作ってしまいます。

うーん。どうでしょうね。中学の部活動は今後の人生に於いて大きな糧となる物です。これだけは否めません。運動部ならこの時期に身体を鍛えた事だけで、今後の体力を決定付けます。文化部なら今後の感性に影響を強く及ぼします。帰宅部ではそれがありません。元からのび太人間なら引き籠もりやニート若しくはその予備軍となる可能性が大です。まあ、上手くやれば難無く渡っていけるものなのですが、今の小学7年生では荷が一寸重過ぎるようです。(飽くまで持論です。)


なかまにめぐまれても・・・。

今ではどうかは分かりませんが、殆どの公立中学校では無理矢理部活動に参加させられます。新入生に帰宅部を決して許してはいません。皆さん嫌々乍ら何処かしらの部に所属する事となります。

理由は非行防止と生徒管理の為です。生徒管理は良く分かりますが、非行防止は全く意味が分かりません。この部に関わった為に非行へ走った事例が多々あるからです。

過去の事で恐縮ですが、非行促進部としては有名なのが柔道部、籠球部、蹴球部などが有名です。そこに入ったら皆さん人相が忽ち悪くなります。

分析してみましょう。柔道部は単に喧嘩に役立つからです。元から性根の腐っている連中がそこに集います。籠球部は格好いいのと身体がでかいのが集まりやすいからです。蹴球部は昔から不良のやるものとのイメージから群れているのが原因です。

然し今、一部の籠球部はスラムダンクの所為で昔より悪質化しているようですね。蹴球部に関してはJリーグなどで人気スポーツ化されましたから、昔よりは健全なようです。でも格好良いから昔より悪質化している面も否定は出来ません。柔道部は云うまでも無い事です。

その反面、人気凋落となっている或る運動部が新しい非行促進部に変わろうとしています。噂によると野球部というものがそれに該当しているようですね。そうそう、排球部を忘れていました。あれも昔からそれに該当していました。今もその地位を頑なに守り続けているようです。


きりくちをかえる・・・。

そう云えば、最近予約投稿(タイマー予約)なるものを使っていません。以前は一寸だけ使っていたのですが、いつの間にかダイレクトに投稿するようになりました。この状態に仕事が忙しくなったら大変な事になります。毎日更新が不可能になってしまう事でしょう。

まあ、今の処は忙しくもないので一先ずは安心です。翼々考えてみたら、中身の濃い内容を維持する為に、毎日に拘らないのも一つの考えです。そう思って過去記事を振り返ってみますと、駄文で構成されている日が目立って増えてきました。

うーん、語る時間が限られていますからね。思い付いたら直ぐに書かないようにしないと0時が過ぎてしまいます。切羽詰まっている故に駄文化が増したのでしょう。

これは行けない兆候です。何とかしてゆとりを持つように生活習慣を変えねばなりません。若しくは毎日ではなく一日置きにするのも考えてみましょう。裏版があるだけにそれがベストな選択かも知れません。

でも、どちらも毎日投稿になってしまうでしょうね。それだけに世の中の不条理が多過ぎるのです。憤懣遣る方無い憤りが自分を動かしているのでしょう。まあ、これで飯を食っている訳ではないので、一寸だけ肩の力を抜きたいと思っています。でも、内容は軽くする積もりはありません。軽い時は心身共に疲れている時と判断して下さいませませ・・・。


わがみをふりかえる・・・。

人を貶せば必ず自分に帰ると云う譬えが、良く当て嵌まるのが民主党です。宿敵自由民主党所属議員がやった言動を、自分とこの議員もやっていたと云う笑えない現象が何故か起きるのがこの党です。

ネット右民は斯う揶揄します。ブーメランと。そうです。投げた物が必ず自分に戻ってくる事をそう表現しています。自由民主党が事務所費用で大揺れした時でも、民主党党首が事務所費用を利用して不動産を取得したという笑えない状況に陥りました。

柳澤もそうです。菅直人が過去に柳澤よりも非道い表現で女性を蔑視した発言も浮上しました。色んな処で皆さん大活躍のようです。然し、不思議ですね。何故かマスコミさん、その事を大きく取り上げようとしません。取り上げても、最初だけで後は有耶無耶です。

正にクレイジーです。この国の第三の権力は腐敗しました。丸で野党根性丸出しです。こんな事ではジャーナリズムの意義が問われてしまいます。腐り切った日本に若者が夢を見る事など到底無理だったのです。

柳澤を追い込んでいる女性議員さんも同様です。あの連中の出した著作書をご覧になって下さい。今回の行動と相反する内容ばかりです。あの害虫の散蒔いた主義の所為で少子化が促進したとも云われています。女性は本来男性よりも賢い筈なのに、なんであんな事になっちゃったんでしょうね。


あめあめふれふれ・・・。

真冬なのに雨が降っています。普段の冬ならば雪になります。暖かい冬が未だに続いています。そうそう、お江戸のど真ん中では未だに雪が降っていないそうですね。

今月の11日に初雪が降らないと、お江戸ど真ん中で気象観測が始まって以来の初めての出来事になるそうです。お江戸ど真ん中とは東京都心です。千代田区の大手町にある気象庁の事です。

自分の処は先月に初雪が降りました。去年と比べて1ヶ月遅れです。その後に2、3回は降りました。去年のように雪掻きに労力を費やす様な事が少なくて万々歳です。

普段から雪が多く降る処も大分少ないようです。去年が凄かっただけに今年の冬は拍子抜けです。雪は程々に降らないと夏の水が大変です。将来、渇水が心配されます。一部そういう状況寸前にまで来ている処もあるようです。

あと数年すれば、気候帯に変化が生じそうです。温帯気候だった処が亜熱帯気候に変わるかも知れません。亜寒帯が単なる温帯に変わるのも同じ事です。何れにしても、国際的に気候帯区分が大きくガラリと変わる様な事があれば、これが正に人間の驕りの象徴なのです。


わるいときはかさなるもの・・・。

近頃、木曽の御嶽山の機嫌が悪そうです。火山性微動が活発になり、噴火寸前までになっているご様子です。又、富士山の機嫌も年々悪くなっています。日本列島の地下が一寸だけ活発になっているご様子です。

そう云えば、硫黄島はどうしたのでしょう。隆起が急激に起きたという情報が出てから、一切その後のご様子が入ってきていません。これは収まったという表れなのでしょうか。何れにしても地震と共に地下は活発に変動し始めているようです。

日本近海では、滅多にお目に掛かる事が出来ない水棲動物が打ち上げられる事が多くなったようです。そんな嫌な前触れがやたらと起きるようになりました。

翼々考えてみると、その現象は昔なら滅多にでしたが、今はやたらとなっている事に気付きます。温暖化で地上のみならず、海中、地中でもそう云った影響が出始めたと云う事にもなります。

地球が病み始めたのでしょう。人間という寄生虫が散蒔く汚染物質の所為で病んでいます。病んでいる証拠に発熱し気温が上昇しています。潤かな緑が消えているので、肌が荒れるが如く地表が流されます。くしゃみが突然起きて、大きく揺れる共に、鼻水の様に水が大きく押し寄せます。等々と、そんな風に考えると、地球って人間らしいと思いませんか?


ふとかんがえる・・・。

何故、日本経済団体連合会が真面目に働く労働者の社会的地位を一生懸命下げようとしているのか、考えてみました。兎に角、労働者には鐚一文払いたくないとの意志が強い事に着目して、以下のように考察してみました。

今年から始まった団塊世代の退職金に対応する為です。定年まで会社に尽くし、一生懸命働いた方々の退職金が莫大になると予想されているからです。だから、賃金抑制策を安倍ちゃんに強く勧めたのです。

又、只でさえ退職金の金策で苦しいのに、据え置かれている法人税でお金が出てしまいます。そこで安倍ちゃんの懐に手を入れて、更なる法人税減税を頼んだのです。

奴等の関心はお金です。人など見ていません。あれは物と考えています。柳澤伯夫は奴等の手先です。だから、いとも簡単に人を物に平気で喩えたのです。

人はお金に執着すると、人が物に見えるそうです。今の経営者が陥っている病です。昭和にもそう云った阿呆がいましたが、割合少数でした。今の連中の成す事は、前近代の産業革命時代の悪徳資本家です。

その混沌から、何某等の経済論が生み出されるでしょう。嘗ての社会主義が誕生したように、新たな主義が誕生するかも知れません。その主義が世界を席巻する事でしょう。日本で生み出されば、奴等は海外亡命の憂き目に遭う事になるかも知れません。殆ど死んでいますが・・・。


たとえべた・・・。

又もや柳澤伯夫厚生労働大臣がやってくれたようです。前回の「女性は生む機械」とうっかりリップサービスした所為で、安倍ちゃんが窮地に追い込まれました。

今回は「子供二人以上を持ちたい若者が健全である」と云う主旨の事を発言したようです。前回もそうですが、全体を通してみると云わんとするが分かります。

前回のはリップサービスの後に本人謝っています。自分でもうっかりと分かっていたのでしょう。問題は全体を通して意味を捉えてみると、大まかに以下の主旨になります。「国はこれ以上少子化対策なんかやらないよ。もう全面的なあらゆる援助はしたくない。」

今回のも全体的に通してみると、以下の主旨になります。「2人以上子供を産んでくれる人には手厚くお金とあらゆる援助を国がやりますよ。でも、それ以外には何にもやりません。」

言葉尻を取るよりもこの大まかな方が問題です。更なる福祉政策切り捨てを意味しているようなものです。女性蔑視とか云う問題ではありません。完全なる弱者切り捨てをこれからやりますと云う大臣の意思の表れです。非難している人はこれを知っているからこそ、言葉尻で誤魔化しているのです。


ぶーぶーいうまい・・・。

漸く、インフルエンザが流行の兆しを見せ始めました。ノロウイルスが鎮静の兆しを見せ始めたのと打って変わってです。平年の5週間程遅いようですね。暖冬がもたらした自然現象です。

ノロウイルスの感染力は凄く抜群ですが、インフルエンザも或る程度までは、これと負けていません。新型なら即一発です。今の処、そう云った情報がないようなので、或る程度、抵抗力のある方なら、比較的軽症で済みそうです。

ウイルスの変異は突然に起こります。今の鳥インフルエンザウイルスが強い病原性を伴っている以上、今まで有り得なかった鳥から人への感染例がやたらと目立っています。でも、局所的に単発で終わる場合が殆どです。病原性が強いと、そうなりやすい傾向があるのです。

鳥から豚へ移行した場合が危険です。人間に合わせた病原性を造り易くなるからです。豚の遺伝子と人の遺伝子が酷似しているからなのです。過去の新型ウイルスはそう云った経緯を辿る事が多いのです。

今は豚に移行しているでしょうね。でも、病原性を伴っていません。豚さんが頑張って、新型インフルエンザの発生を防いでいるのです。豚さんにも、限界があります。突如、全国の家畜がバタバタ急死する状況になったら、諦めて下さい。間も無く、人がバタバタ死んで逝く事になりましょう。それも又、自然の摂理です。


そくかいじゃ・・・。

久々に筆記用具マニアとして血が騒ぎ始めました。筆記用具の中で万年筆は書く人の心模様を映し出す物として最高です。数多くある万年筆メーカーからペン先が本格的な物を使った格安の万年筆が今月上旬に発売されるそうです。

プラチナ万年筆から「プレピー万年筆」と云う定価210円の物が出ます。ペン先が本格的と云いましたね。「イリドスミン」を使っています。万年筆を御存じの方なら「えっ!」と驚く筈です。

それはそうです。高級な物にしか使われない代物です。物凄く耐用性があり、毎日使用して10年以上使える位です。どうせ使い捨てだろと揶揄した貴方、それは間違いです。詰め替え式です。勿論詰め替え用インクも用意してあります。2本入り105円です。

色は黒を始め、6種類有ります。筆記線の太さは、現物が未だ発売されていませんので知りませんが、ペンポイントが「03」ですから「細」だと思います。漫画やイラスト等にも使えそうな細さで色々楽しめそうです。

因みに軸は安物の材質です。ボールペン等に使われている透明のあれです。まあ、それでも使い易ければ云う事はないですが、実際に手にするまでは妄想の範囲です。何にしろ、どんなものでも使ってみなければ、その味わいが分かりませんものね。ええいああ、早よ、出いや。



プレーピー万年筆(転載画像です。)


おんをあだとなす・・・。

全国的に看護師不足が一層深刻になっているようです。昨年の4月の診療報酬改正で入院病棟付きの看護師人数を確保したいが為です。入院患者に対し看護師の数の比率を7対1にすると入院基本料がたんまりと病院に入ってくるからです。

勿論一番多く貰える入院基本料は入院患者数と看護師数の比率で2対1です。まあ、亜米利加と同様な事は出来ませんので、無難な7体1以上になるように病院側は頑張って引き抜きに精を出しています。

大部分の何某等の診療報酬が減らされた代わりに、あの方が日本医師会に示した妥協案です。それで去年から看護師の数が急減したり急増したりした訳です。又、何故か大した病ではないのにやたらと入院を勧めたりする傾向が出て来ています。

去年から感じませんか。急にメタボリックシンドロームキャンペーンを立ち上げたり、今まで向こうが精密検査すらしてこなかったのに、急に沢山の精密検査を勧めたりする様になった事に気付いた筈です。

反対に儲けが見込めなくなった老人病棟の切り捨てが促進しています。社会的入院をさせてくれなくなりました。あの方が勧めた少子化対策です。金持ち以外の老人は早く死ねです。あの方の冷酷さが伺える過去のツケが回りに回ってきました。


せにはらはかえられない・・・。

過去の悪行が次第に鳴りを潜めつつある不二家山崎製パンの支援を受ける事が決まったようです。一方、最初に支援を申し出た森永が已む無く撤退しそうな勢いです。

そう云えば、森永、過去にとんでもない事をしでかした記憶があります。確か・・・粉ミルク砒素を混入させた事が有った筈です。百名以上の死者を出したと思います。被害者は推定ですが、10万人はいたものと思われます。

この事件は年季が入っています。ですから、確認された被害者の人数に10倍を掛けています。それが統計上、信頼出来る推定人数だからです。まあ、あんな企業に支援を受けなかっただけでも良しとしましょう。

今後、不二家は生き残りを賭ける為に、ブランド各種を売り渡すという行為に出て来るかも知れません。洋菓子部門は山崎製パンが大幅に実権を握ってしまうでしょう。

処で、ブランドって何ぞやと疑問を持った方がいると思います。ペコちゃんです。これ以外にありません。不二家というブランド名等、山崎製パンが要ると思いますか。要らないでしょう。今後、不二家はペコちゃんで山崎製パンとの暗闘が待ち受けている事になったのです。


はいごかんけい・・・。

アメリカナイズされたこの国は全体的に狂っているようです。まともな思考を持つ人が極端に少なくなりました。何奴も此奴も自分勝手な人間ばかりです。

素晴しい教育が成せた業でしょうね。個性を我が儘と勘違いした人ばかり溢れています。今起きている困ったちゃん現象はこの表れなのです。事の原因を探ってみますと、どれもこれも我が儘としか思えない理由ばかりです。

これって、近隣諸国に見掛けるお人柄ですね。売国議員等が散蒔いた洗脳教育の所為です。マスコミに因って散蒔かれているのです。思い出して下さい。突如、キャンペーンの如く何某等の問題を大きく扱い出します。

頓挫した物があります。酸性雨です。当初、マスコミは国内の大気汚染が原因だと大騒ぎしていました。日本海側が何故か酸性度が高いのを追求しないで日中煽っていました。

結局、国内大気汚染が大きな原因ではなく、大陸の中共からの大気汚染物質が流れ込んだ為に日本各地で複合汚染を起こしたものでした。日本海側の酸性度が高かった原因はそれです。そう云う調査結果が出た途端、マスコミは何故か鳴りを潜めました。煽りに盛んであった大手環境団体も不思議に鳴りを潜めています。当然乍ら、積極的であった議員さんも今は黙りです。現在、小中学校で静かにその問題提起をしているのみです。


 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。