まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ばかばかしいのぉ・・・。

死刑確定した犯人に、執行逃れの上申書を以て発覚した犯罪の有期懲役刑の判決が下された。

法律の優先順位に依り、有期懲役刑の旨の執行は為されない様だが、何となく釈然としない。

件の犯人は死刑執行逃れに控訴や上告を企てるものと推測され、無駄な税金が更に投入される。

犯人はやくざで、いや、やくざの風上に置けない程、器が小さい単なるどチンピラ構成員に過ぎない。

国も国で硬直泰然としたお役所仕事其の儘に遂行するとは、国家として何と小さな器なんだろう。
スポンサーサイト


ぼろもうけもくぜんやね・・・。

三万本限定先行予約Windows7アップグレード版が半額程度で買えると聞くな否や注文が殺到した。

六月二十六日から七月四日までの十日間までで、お一人様三本まで予約購入出来ると云う太っ腹。

目聡い庶民は週末に命を賭けて大量に購入を図った結果、今日であっさり予定数に達してしまった。

Microsoft社はもうこの企画は二度とやらないと云う、幸先良いスタートが切れると踏み込んだ故に。

敢えて云っておくが、全てネットオークションでの転売が目的で、大儲け出来るから命を賭けたのだ。


ガードレールきんぞくへんはどうなった?・・・。

何も無い空からお玉杓子や小魚の類がポトポト落ちる現象が全国津々浦々で大騒ぎとなっていた。

マスメディアも挙って煽る様に報道され、巷も一寸した探偵さん気分になって推理遊びに惚けていた。

お偉い連中もこの現象に自分が正しいんだと剣幕になって各々の説を唱え、更にヒートアップ。

だが、田んぼの近く等で良く見られ、其処の地元に依れば結構大昔から良く有る現象だったと云う。

詰まりは鳥等が捕らえた餌をうっかり吐き出してしまった物が、あの大騒ぎになったに過ぎなかった。


こてさきだけのぎじゅつかくしん・・・。

大気中微小粒子状物質PM2.5)の環境基準をアメ公並みにする旨が検討されようとしている。

あらゆる疾病原因の一つで、肺癌類の、煙草悪因説が霞む位、相当強烈な原因の一つでもある。

分かるだろう、喫煙率が年々減少しているのに、肺癌だけが急増している事実を鑑みれば。

可成り小さい粒子で、石綿、アスベストの類の様に、一旦付着すれば容易に取れ難いらしい。

排煙排ガス規制が厳しくなった代償で、大粒が目立たない技術に準じた結果が生んだ皮肉の類。


かたりつがれるでんせつ・・・。

The King of Pop事Michael Joseph Jacksonが何らかの原因に依る心臓麻痺(?)で死去した。

絶頂期が物凄く華々しかっただけに、晩年がトラブルやスキャンダル塗れで凄い凋落振りだった。

いや、アレが世界からの不興を買ったのだろう、アレが切っ掛けで忌むべき侮蔑の対象となった。

性癖だから仕方が無いが、日本ユニセフ協会大使のアグネスチャン氏はどう思っているのだろうか。

不謹慎を覚悟で語るが、結果としていい時期に天に召された事が、後の再評価に繋がるであろう。


ええのか~・・・。

最近、最高裁まで争った電車内での痴漢事件の顛末が殆ど冤罪ラッシュと化している。

全て、女性側の、偽証も含めて、認識錯誤が原因で、要らぬ濡れ衣を着せられては堪らない。

抑、何にでも感情的な女性側の主張を100%信じ込んでいる風潮が可笑しいのは云うまでも無い。

尤もポリ公共が始めから決め付けてしまったのも有るが、矢張り根本は女性側に有るのは明白。

かと云って、変質者は相も変わらずうじゃうじゃで、その存在が有る限り、冤罪ラッシュは止まない。


ひんかくがあらわれますね・・・。

東大阪宇宙開発協同組合の雷観測衛星「まいど1号」が諸般の事情で宇宙の塵となりそうである。

大阪らしく、先々の事を考えていなかった結果で、寿命までの諸々の維持費が月150万円位必要。

衛星管制業務をJAXAが無償サービスで、後三ヶ月は面倒見るが、この先はどうなるか分からない。

本来、管制云々は組合がやるべき物で、その用意をせずにイケイケドンドンでやったツケが回った。

当初の目的が果たされた以上、組合側は既にやる気がなく、塵の街が塵を宇宙に撒いてしまった。


じんざいこかつにっぽん・・・。

自由民主党の選挙対策委員長が、我々の血税をたんまり使って、東京から宮崎まで赴いた。

何やら宮崎県知事に来たるべき衆院選に自由民主党公認候補者として出て欲しいとの事らしい。

件の宮崎県知事、「俺を総裁候補者にしろ!全国知事会の意向を100%取り入れろ!」と宣った。

流石の提言に、選挙対策委員長、即答は出来ずに、熟考の末にお答えすると渋々と退散した。

思うに、知事なりの揶揄で体良くお断りされたに過ぎず、選挙対策委員長、無駄な大失態を演じた。


なんぼいるんや?・・・。

集団準強姦罪逮捕された京都教育大学の犯人共が被害女性の告訴取り下げで無罪放免となった。

何やら鬼畜共と被害女性側との金銭的な示談が成立したに応じて、犯人六人が即日釈放された。

尤も金銭的な部分が何某等の勘繰りを伺わせている十分で、陰謀家には美味しいネタとなるらしい。

被害女性への中傷の類も正当性を伺わせている様で、お咎めの類は冤罪だったと思えてしまう。

まあ、金銭的が有る限り、犯人共の非は相当で有ったと云う証拠で、恫喝や懐柔は無いと信じたい。


どこのこうしんこくですか?・・・。

先日、国は第二次世界大恐慌の真っ直中にある先進国の中で一番早く景気底打ち宣言をした。

世界の中で極めて相当の外需依存国なのに、内需依存している国々よりも景気底打ち宣言をした。

あの時よりも悪化ベース速度が緩やかになったと雖も、依然と悪化中なのに景気底打ち宣言をした。

根拠の元となった統計の類の意図的な綾を利用し、国民に納得させるべく景気底打ち宣言をした。

来るべき衆院選に備えて、狡猾なプロバガンダ戦略を催し、勝利に向かって景気底打ち宣言をした。


どくせんはくさらせる・・・。

Vistaの大不振で、十月二十二日のWindows7の前倒し発売が決まり、市場は期待感に溢れている。

にも拘わらす、Microsoft社は何故か弱気で、XPへのダウングレード権を付けて売ろうとしている。

しかも、ダウングレード権の期間延長して、購入者への更なる媚びを諂おうと一生懸命になっている。

Vistaが全てで、今までの強気な社方針の大転換をしなければならない程に、糞過ぎたOSだった。

高スペックを強いる戦略破綻、第二次世界大恐慌勃発、ビンボーズの台頭が、低姿勢に繋がった。


ちゃちゃっとな・・・。

AからDまでの四つ有る臓器移植法改正案の内、真っ最初からAで衆院一発可決してしまった。

共産党は審議を尽くしていない等と棄権、残りの党等は党議拘束を外し、個々の死生観に従った。

自民や民主は各々の死生観がはっきり出て、公明やその他は背後の強い意志が露わにされた。

いや、死生観云々よりも、各々の感情論云々に何となく支配されていた向きが多分に窺える。

実の処、面倒臭い審議等々を積極回避したいが為に、手っ取り早く終わらせたかったに過ぎない。


さいあるがゆえに・・・。

北海道札幌市内の或るバブスナックのママさんが、無許可営業をしたと云う事でパクられた。

それだけなら話題も糞も無いが、このママさん、現役の通信制高校生で、齢も十八歳と云う。

ママさんと云うからには当然他のホステスも束ねている訳で、一人を除いて全て年上と聞く。

学費や生活費稼ぎに数店スナック巡り後、今に落ち着いて、頑張って三ヶ月でママさんとなった。

人への気配りは相当で、商才も有ったらしく、結構繁盛していたが、法律が全てを許さなかった。


じんるいはとっくにほろんでいるわけだが・・・。

三十億~三十五億年後に太陽系地球型惑星群が次々と互いに衝突する可能性が出て来た。

第一惑星の水星が根本の原因で、元々不安定の存在が何某等を引き起こす可能性が出て来た。

第五惑星の木星と相互共鳴を引き起こすらしい、鉄塊の水星がハンマー投げの様に軌道が撹乱。

安定に準じた、水星を除く、地球型惑星群軌道に混乱が生じ、水星と同様に大幅不安定と化す。

結果、地球型惑星群は互いに衝突するに近い状態になり、特に火星と地球は確実とされている。


じぶんがあれば、ばんじOK・・・。

日本の私立大学の半数位が定員割れで、近年の少子化の影響をモロに喰らっている。

その半数は、巷で云われているお馬鹿何とかの類で、有名と称されている処は、まだまだ安泰。

まあ、殆どがブランドで成り立っている様な物で、時代の推移と共にその都度変容していく。

大事なのは自分の将来の何たるかで、その過程手段の為に最大限利用するのが正しい在り方。

お馬鹿であろうと、ブランドであろうと、学ぶべきものが揃っていれば、自分に良い大学なのである。


はじをおそれたばかりに・・・。

ネットでは、巷の新型流行性感冒ウイルスに負けず劣らず、GENOウイルスなる物が大流行している。

静かに感染し、サイト改竄され、訪問者のPCに感染し、訪問者が違うサイトへ感染し・・・の繰り返し。

切っ掛けは「GENO」なる通信販売会社サイトで、感染後数日間ほったらかしにしたのが最大の原因。

しかも、感染した旨の隠蔽工作を図る等、後手後手の対応が祟って、感染PCを増加させてしまった。

感染PCが媒体となり、彼方此方へサイト感染し、巷の新型流行性感冒と同じ様な状況に至っている。


りけんあらそいってやつは・・・。

太郎の盟友であった鳩ぽっぽ弟を切り捨てる事で、てめえの宰相延命を図ってしまった。

新自由主義派の輩が強烈で、特にあの方が恫喝してしまったもんだから、萎縮してしまった。

鳩ぽっぽ弟とは縁ないが、貴様は俺の引き立てがなかったら、今の立場は無かっただろ!と。

更に、貴様がその積もりなら、新自由主義派の輩を引き連れて新党を立ち上げると、畳み掛ける。

太郎は敗北の意を代理を通して伝え、それを聞いた鳩ぽっぽ弟、人目を憚らず涙をボロボロ流した。


いのちくれない・・・。

豚、いや新型流行感冒に於いて、WHOは表面上のフェーズ6をやっとこさ宣言する事が出来た。

実質一ヶ月前にフェーズ6だったにも拘わらず、先に先に延期されていたのは理由が有ったから。

えげれすがやらないでくれと圧力を掛けていたからで、それに中共や日本も加担していたと云う。

勿論その背後にアメ公が糸を引いている訳で、更にお金が回らなくなるから厭だと云うのが真相。

南半球の爆発と日本の急増等が悪い材料となり宣言したが、お金が大事故に中途半端となった。


おうなだけながいき・・・。

日本の月探査機「かぐや」が所定のプログラムを終えた後、本体を月に予定通り落とした。

巷の一部では塵を不法投棄する様な物だと、暗に非難される向きも有るが、これも予定調和。

宇宙条約に則った上での投棄で、しかも別の意味での予定上の最終実験を兼ねていたのである。

ドスンと落としたのではなく、逆噴射を以て減速しつつ予定通りの場所にポトンと落としたのである。

将来の有人月探査に備える為であり、月面着陸の予行練習擬きを予定通りに執り行った次第。


むかしのひとはえらいなぁ・・・。

厚労省の研究班が、四十歳時点での体格云々で平均余命に差異が生じる旨の調査結果を出した。

痩せ型は総じて短命で、小太りが逆に長命のオチとなり、何故か肥満型も意外と長命と云う衝撃結果。

統計の綾は一切無く、長期間に渡る事細かな大規模調査から、この反論は一切不可能の様だ。

しつこく続けているメタボリックシンドロームキャンペーンとやらの大無駄が間も無く明白にされよう。

只、肥満型と雖も程が有り、元々痩せ型の人が小太りに変化しても、これも又、大いなる無駄。


ほんまつてんとうやね・・・。

JR東海社長がリニア中央新幹線ルートに、紆余曲折の末、沿線各一県一駅を作るべきと宣言した。

但し、その駅設備費を各県が殆ど出して頂く事が条件で、JR東海は鐚一文出さないと釘を刺した。

それにより、速さが大事のリニア、一部を除き、超々特急から単なる鈍行に大幅格下げさせられた。

これでは既存の新幹線と同じ、一部を除き、超高速鈍行列車に何の魅力が有ると云うのだろうか。

基本に帰り、東京~名古屋~新大阪に戻すべきで、その方が遥かに鈍行の類よりも需要が有る。


はこものがだいすきにほん・・・。

太郎御推進「巨大国営漫画喫茶」が、身内の「税金無駄遣いを辞めよう委員会」から却下を喰らった。

曰く、周りが計画しただけで、自分は不関与と嘯くが、当時の太郎のはしゃぎ振りは異常その物。

同じ太郎でも売国奴から見れば不遜で、向こうの鳩ぽっぽと共同戦線を組む事は分かっていた筈。

己の詰めの甘さが招いた喜劇で、抑百十七億もののお金を掛ける程の物なのかが問題だった。

やるのなら、媚びていた方面に擦り寄る様な計画を組むべきで、独善故に全てからそっぽを喰らった。


あさはかがやるもんじゃない・・・。

衆院選でうっかり当選した若造が、社会の勝ち組になった嬉しさ余りにはっちゃけて要らぬ暴露合戦をした。

止せばいいのにブログを始め、ネタに困った余りに余所からの題材をパクって、要らぬ炎上合戦をした。

次期衆院選で注目されようと、周囲の反対を押し切って、元幹部と喧嘩し、所属党との要らぬ合戦をした。

あの方が裏で恫喝且つ懐柔、元幹部との和解を拒否した為に引導を渡され、自ら要らぬ合戦が終結した。

で、此奴の業績は皆無で、その無駄飯喰らいの非難躱しに、あの要らぬ合戦を仕掛けただけに過ぎない。


へんさちがあれば・・・。

全国学力テスト学校別結果公表を望む親御さんが67.3%、下位系教育委員会の類は13.3%であった。

然し上位系教育委員会の類は34.9%と跳ね上がり、下位程に何某等の悪影響を及ぼしている。

それでも巷に比べ低率で、上位の類も何某等に影響されている処が若干有るのが良く分かる。

理由は何某等が信じて已まない信条に反するからで、相反する競争原理を持ち込みたくない為。

親御さんの望みは、我が子をお馬鹿学校に行かせたくない為で、学校偏差値代わりにそれを知りたい。


もとにもどりました・・・。

女児誘拐殺しで無期懲役刑を喰らい、十七年半位臭い飯を喰らっていた人が、いきなりの釈放となった。

決め手の当時のDNA鑑定が未熟で、最新のDNA鑑定に掛けたら、犯人と断定出来ない旨が示された。

これで再審が確定的になり、結果に慌てた国は巷の非難躱しに、先程の人を娑婆に戻す羽目に陥った。

この人はIQ77の中途半端が祟り、愚鈍と称される域に満たない境界域精神薄弱者であった。

故に利用され、先程の冤罪を喰らう羽目になり、後々誰かに利用されてしまう人生が気懸かりでもある。


なにしてんの?・・・。

天安門事件 謎の「戦車に立ち向かう男」
6月4日19時32分配信 産経新聞

 【北京=矢板明夫】1989年の天安門事件で、長安街を天安門に向かう戦車の列の行く手を1人で遮り、き然と立ち向かう若い男性がいた。彼の姿を近くのホテルの部屋にいた米国人カメラマンらが撮影した。後に世界中のメディアに繰り返して使われることになる有名な写真だ。しかし、写っている男性は一体誰なのか、その後どうなったのか、20年たった今も謎に包まれている。

 中国の民主化運動の象徴として、98年に米タイム誌に「20世紀で最も影響力のあった人物100人」に選ばれたこの男性は、天安門事件までに中国の民主化活動にかかわった形跡はなく、当時の大学生リーダーや知識人の中で彼を知る人はいなかった。その場にたまたま居合わせた普通の中国人若者の1人ではないかと推測されている。

 事件の直後、一部の欧米メディアは男性を「19歳の学生で、名前は王維林」と報じたが、すぐに「王維林は別人」と否定する別の報道もあり、いまだに真偽は不明だ。これまでに海外の民主化支援団体や外国メディアは男性に関する情報を収集し続けているが、その家族や知人すら見つかっていない。

 男性のその後について「すぐに処刑された」「刑務所の中で精神に異常を来した」「出所して台湾で暮らしている」など諸説が飛び交っているが、いずれも確認されていない。欧米メディアに「無名の反逆者」と呼ばれたこの男性のすべてを知るには中国で民主化が実現され、事件に関する資料が公開される日を待つしかないのかもしれない。

嗚呼、両手に紙袋らしき物を提げて、駈け走る中共人民解放軍戦車列先頭に、何故か一人立ち尽くしていた人ですね。未だに素性が分からないとは、向こうが物凄い情報統制しているのか、将又単なる市井の人民だったのか等々、誠勝手に不思議な物です。

元々天安門事件の大量虐殺行為が一つもなかった等と云う向きが有ります。我が日本は当時での西側と云う立場に有りました。冷戦下の西側のプロパガンダに利用したと云う勘繰りも一部には有ります。それによると、虐殺行為はなく、中共人民解放軍自らの説得行為に依り、群衆を解散させたと云うものです。

嗚呼云った結末に、ばつが悪いアジテーター共は、群衆からの御礼参りを恐れて、海外逃亡したと云うオチになります。まあ、眉唾物です。内戦が勃発し、新体制下の開かれた中国とならない限り、真偽の程は分かりません。

若し、先程の件が正しかったとなったら、西側と称されていた国々の責任論が重大です。特にアメ公は最たる物になりましょう。そうなれば世界から不信感を抱き、国内も喧々諤々となります。日本もその煽りを喰らう事になります。

大きく逸脱しました。あれだけの有名人にも拘わらず、何一つも情報が定かでないのはかなり異な事と思われます。死亡しているか、単なる市井の通りすがりか、そんな感じさえしてしまいます。まあ、分かりません。直接中共本土で聞くのが分かり易いと思います。皆さん既に実行されていますが、後に何故か語らずとなるのはどうしてでしょう。


うわべだけではんだんすると・・・。

元死刑囚の免田さん「年金資格を」=国の第三者委に申し立てへ
6月3日20時47分配信 時事通信

 1983年に再審無罪が確定した元死刑囚免田栄さん(83)=福岡県大牟田市=が、拘置中に国民年金に加入する機会を逸したとして、総務省の年金記録確認第三者委員会に年金受給資格の回復を求める申し立てをすることが3日、明らかになった。申し立ては5日に行う。
 免田さんは「自分は拘置所にいて、年金に関して一切説明を受けなかった」と話している。
 国民年金制度は61年から始まったが、免田さんは当時、死刑囚として拘置中だった。83年の再審無罪判決で、57歳の時に釈放された。
 支援者によると、免田さんは妻の厚生年金で扶養家族の扱いになっているという。受給資格を失ったのは、制度発足時に国から告知されなかったのが原因としている。

現在の年金制度では、嗚呼云った冤罪者に対する資格受給云々が無視されています。国その物が全知全能と勘違いしていた故に起きた間抜けです。日本国民の一人である内は憲法に保障される権利を有します。たった一人とは云え、抜け落ちる事は許されないのです。

一部では国家賠償金をたんまりと受け取ったからいいじゃんと訝る向きが有ります。確かこの人は、一億にも遥かに満たない金額で強制決着させられています。処刑死に対する恐怖と世間体からの不名誉等々を鑑みると相当に低い対価です。僅か九千二十万円でどうやって報いに添うのでしょうか。

若し国が十倍程度の詫び銭を与えていたのなら、今回の件は世間から相当に非難囂々となる筈です。引用記事に国家賠償云々が出ていない為にそんな方向性に勘違いする可能性が有ります。単なる集りの為の詭弁だと思われてしまうかも知れません。

そうそう、同じ死刑云々絡みで、来世を信じて望んで死刑になりたがる馬鹿者の裁判が有りました。確か金川真大犯人です。此奴の必死の強弁は余りにもお馬鹿過ぎて呆れる位です。同じ必死なら、違った方面に向かえば思わぬ栄光が得られたのにと思います。

いや、国に依る間接的自殺を望んでいるから無理でしょう。深層にあの宅間守がこびりついているのがいけないのでしょう。あれがあった為に無差別殺戮劇場が開始されたのです。今年はそんなものが余り見当たりませんが、何かを切っ掛けに、爆発的に同時多発します。今は爆発を溜め込んでいる最中に有るのです。


ああ、あれがおとこだよ・・・。

無料ダイヤに行列2キロ “5001人目”は超修羅場…「モーブッサン」先着プレゼント
6月2日8時0分配信 スポーツ報知

 仏宝飾ブランド「モーブッサン」が1日、東京・銀座本店で先着5000人に0・1カラットのダイヤモンド裸石1個(5000円相当)を無料プレゼントするキャンペーンを行った。銀座-新橋間を往復する約2キロの大行列ができる盛況となったが、配布方法や列の「横入り」などを巡って、現場は怒号も飛び交う混乱状態に。悲喜こもごものドラマが展開された。

 欲望という名の行列は銀座4丁目から新橋を折り返し数寄屋橋まで戻ってきた。総距離にして約2キロ。ダイヤモンドを求める人の輪が銀座のド真ん中に描かれた。

 通常の開店時間を2時間早めた午前9時。34人の警備員と8人の警官が目を光らせる中、ついに店の扉が開いた。一番乗りは前日の正午から21時間、雨の中を徹夜で待ち続けた無職・木村直人さん(32)=さいたま市=。「ナンバー1」と記された整理券を誇らしげに掲げ、第1号ダイヤをゲットした。「ケンカしている義理の母にサプライズのプレゼントをしたかった。以前働いていた『ドンキホーテ』でも宝飾を扱っていたので、ダイヤにはなじみがありました。これからどんな風に加工するか考えます」。

 行列の中には、移動費の方が高くつくにもかかわらず関西から上京した強者(つわもの)や、婚約指輪に仕立てる男性も登場。33社、約100人の報道陣も駆け付け、一気に知名度を上げた「モーブッサン」日本法人のヤニック・デリアン社長(29)は「3000万円(ダイヤ代2500万円+警備費等)のコストがかかりましたが、1億円の利益を見込んでいます。今後の業績も成長するでしょう」と、してやったりの笑顔を見せた。

 ところが、開店から数分でトラブルも発生。配布するのはあくまで整理券で、1時間に30人ずつダイヤを配るというシステム【注】の周知が徹底されていなかったのか、「何時間並んだと思ってんだ」「なんで並んだのにダイヤをもらえないの」などと怒号が飛び交った。

 熱くなり過ぎた人たちが店の関係者に詰め寄るシーンも。さらに運命を分ける「5000人目のボーダーライン」付近では激しい攻防戦が展開された。さりげなく「横入り」する不届き者が出現。その行為をめぐりののしり合いに小競り合い、果てはけんかと現場は一時修羅場と化した。

 午後2時頃やっと混乱も収束。午後8時まで11時間をかけ、初日分の330人にダイヤが提供された。330人のうち、約15%の人が裸石を指輪(5万円)、ペンダント(7万円)などに加工して購入したという。

 同社宣伝担当者は「想像を上回るお客様に来ていただいてうれしいが、ご迷惑もお掛けしてしまったので…」と複雑な表情。それでも「モーブッサンを知っていただくきっかけになったら」と宣伝効果に期待していた。

 【注】◆ダイヤの配布方法 この日は5000人に整理券を配布。実際にダイヤを受け取ったのは330人だった。今後は整理券に指定された日時に、順次受け取りにいくことになる。ダイヤの配布方法は1時間に30人ずつ。仮に指定日時を過ぎても、6月30日までなら受け取ることができる。

昨日は事の顛末の詳細が明白にされている報道が有りませんでした。この引用記事だと、何となく修羅場の状況が良く分かります。そう云うシステムだったのですね。欲に駆られた輩が浅ましかったと云う事も分かります。

意外にも初日だけで15%位の方がちゃんと加工を申し込んでいた事も驚きです。純粋に求めたと云う事でもあります。思えば、マスメディアが余計な煽りをしなければ、不遜な輩を呼び込む様な事はなかっただろうと推測されます。

かと云って、大っぴらに宣伝してくれなければ、お店の方も困ります。いや、過剰に過ぎた報道が有り難迷惑だった感じです。とは云っても、加工に至るプロセスが、予定より低いとは雖も、想定の範囲以内であった事がお店にとって幸いだったものと思われます。

案の定、ネット上では彼方此方に事の顛末画像や動画が散蒔かれています。これも想定内の内でしょう。明白にお顔が出ているだけに、お貰い共の云い訳が素晴らしい限りです。女性の方が多いと云う報道も有った様ですが、醜態をさらしていたのが男性ばかりなのはどうしてなのでしょう。

だから、あんな修羅場が演じられたのです。欲の皮が突っ張った輩が騒いでいたのです。比率として男性が多くなるのはそう云う事だったからなのかも知れません。思えば、あの15%は女性ばかりなのでしょう。日本男児が平和惚けに馴らされ過ぎて、剛毅を間違った使い方をしています。


いつからまずしいくにになったの?・・・。

ダイヤモンド無料配布に5,000人以上が大行列-10時35分に終了合図
6月1日12時4分配信 銀座経済新聞

 今年2月に中央通り沿いにオープンした仏宝飾ブランド「モーブッサン」(中央区銀座5、TEL 03-5537-0650)が6月1日、先着5,000人の来店客に0.1カラットのダイヤモンド無料配布キャンペーンを行なった。

 配ったのは0.1カラットのダイヤモンド(5,000円)の裸石。キャンペーンは同ブランドの認知力向上、新規顧客獲得が狙いで、買い控えが目立つ昨今の「不景気を吹き飛ばす明るいキャンペーン」として初めて試みた。

 同店前の中央通りは早朝から報道陣やダイヤモンドお目当ての行列で混雑を見せ、朝9時のオープンと同時に約30人の先頭組が入店を許され、手続きを済ませお目当てのダイヤモンドを受け取った。一昨日の5月30日夕方から並び2番目にダイヤを手にした東京都北区の矢吹さんは「新聞で知って並ぶことを決めた。当分はお守りとして持ちたい」と喜びの表情を見せた。

 行列は銀座5丁目から8丁目の中央通りから御門通りへと伸び、9時30分時点で約2,500人が列を作った。その後、外堀通りを越え晴海通りにまで延々と伸び、10時25分には「警察からの指導が入りこれ以上並べません」との警備員からの声が上がったが、「あきらめきれない組」の列が後を絶たず、列はさらに伸び続けた。結局、10時35分には正式な終了の合図が出されたが、警備側でも正式な人数を把握できず、「並んでもお渡しできるか分かりません」との弁明が加えられた。

 並んだ人の約7割は女性。最後尾に並んだ女性は「今朝テレビを見てやってきた。並べばきっともらえると思うので間に合って良かった」と胸をなでおろしていた。一方、間に合わなかった女性からは「警備が甘すぎる。もう少しきちんと数えてほしい」などの苦情の声が上がったほか、「ダメと言われたら欲しくなる。諦めきれない」との声も。

 同店は、同ダイヤモンドをリング(月々5,000円×10回払い)やペンダント(月々7,000円×10回払い)への加工も受け付けている。今後、ニューヨーク店とパリ店でも同キャンペーンの実施を予定している。

うーむ、一部の庶民は逞しいと云うか、逆に浅ましいと思ったのは自分だけでしょうか。貰える物なら糞でも貰おうと云う気持ちは分からないまでもないですが、余りにも卑しい根性が見受けられます。低級クラスの屑石を貰って、一体全体何に使おうとしているのでしょうか。

一部報道では貰えなかった輩が腹いせに店舗側の人間に詰め寄ると云う愚挙が流されました。勿論嗚呼云った愚挙を犯した輩のお顔はバッチリ放映されています。ネット上で間も無く彼方此方に馬鹿なお顔の画像が散蒔かれるとは思います。気が向いたら投稿動画の類で楽しむのも良いでしょう。

嗚呼云った輩の所為で、日本民族は誤解されます。騒動の顛末が海外にでも発信されたら、猶更誤解は増す事でしょう。悪意有る特定近隣諸国民族が我が国に居着いていますから、これも間も無くネット上で大っぴらに散蒔かれる事になります。彼等にとって美味しいネタその物ですから。

0.1カラットですか。低級クラスですから五千円の価値が有るとは思えません。精々、数百円程度だと思われます。いや、引き取り出来るかすら怪しいかも知れません。しみじみと眺めて薄ら笑いを浮かべる位しか出来ないものと思われます。

オークションの類に出品するのも有りそうです。効率良い転売が可能なら、有りとは思います。然し乍ら先程の通り、嗚呼云った代物に過ぎません。下手すれば損が続出しそうな気がします。寧ろ、加工してもらった方が高く付くかも知れません。引用記事の通り、商魂逞しい故にそれだけの価値が有るかです。其処だけ、「只より高い物は無し」が輝いています。


 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。