まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/10 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • » 2017/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あけたら、たいへん・・・。

<東証>バブル後最安値を更新か…米株安・円高が圧力
10月26日21時19分配信 毎日新聞

 米国発金融危機の深刻化で動揺が続く金融市場は、週明け以降も波乱含みの展開となりそうだ。先週末24日は、東京株式市場で日経平均株価が03年4月のバブル崩壊後の最安値(7607円88銭)目前まで急落したのに続き米国株価も大幅下落。円高圧力も根強く、市場では「週明け27日にも日経平均がバブル後最安値を割り込む」との見方が広がっている。

 24日の日経平均終値は7649円08銭とバブル後最安値まで40円余りに迫り、ニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均も312ドル安と連鎖株安に歯止めがかからなかった。日経平均がバブル後最安値を下回れば、82年11月以来26年ぶりの低水準となる。

 市場では「世界景気悪化への懸念は強く、バブル後最安値を割り込む可能性は高い」(野村証券の木内登英氏)との悲観論が一般的。24日のニューヨーク外国為替市場で円高が一服し、新光証券の三浦豊氏は「27日の日経平均はひとまず反発する」と予測するが、「円が再び急騰すればバブル後最安値もある」とみる。

 政府は銀行保有株買い取り再開などの市場安定化策を打ち出す方針。ただ、市場では「株などリスクの高い資産への投資を圧縮する動きは簡単に収まりそうにない」(クレディ・スイス証券の白川浩道氏)と、効果は限定的との見方が大勢だ。

 日経平均を左右しそうな円相場は24日のロンドン市場で一時、1ドル=90円87銭に急伸した。その後のニューヨーク市場で94円台までドルが買い戻され、「週明けは90円台前半にとどまるのではないか」(三菱東京UFJ銀行の高島修氏)との観測もある。

 ただ、「円高の流れは変わらず、一時的に90円を突破する展開もありうる」(邦銀ディーラー)との見方も根強く、その場合は株安も一段と加速しそうだ。また、今週は自動車や電機などの08年9月中間決算の発表も相次ぎ、決算内容も株価に影響するとみられる。【野原大輔、大場伸也】


欧米からの良い材料が全く無い儘、翌日の朝を迎えようとしています。国は良い材料を用意して、誘導を試みようとしています。それを市場がどう判断するか、運命の分かれ道となります。大方の予想ではあっさりと逝ってしまう感が強いです。

欧米には殆ど期待出来ません。もう自分等の事で一杯一杯だからです。一寸だけ手助けもありましょうが、焼け石に水が大方の見方でしょう。余程の良材料を国が提供しない限り、やっぱり逝ってしまったが、当然なのです。

下げ過ぎて程良いお値段となっていますから、買いが殺到する可能性も否定出来ません。売り抜けを狙った最後の終いを企んでいる輩が居るからです。この動きに周りが釣られるか、この点でも運命の分かれ道が決まってしまいます。

当面は大きく下げて大きく上がるの乱高下が続く筈です。そんなまやかしで平均的に少しずつ下げていく、結果的には大暴落と同じ水準に至ると云う狙いを秘めています。今後上がると云う幻想が巷で囁かれていますが、その企みは無と化する可能性が大です。

塩漬けの企みなら問題はありません。短期の企みは大きく外れるに決まっています。何事も長けたギャンブラーならそんな無謀な事は一切しません。当面は「見」が賢い選択です。因みに上昇基調は突然に現れます。その気運を察知出来るかで勝負となります。切磋琢磨している悪材料に「希望」が残っているかも知れません。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/1058-85114341

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。