まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/10 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • » 2017/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


せっさたくましているのはどっち?・・・。

脅されてもナイショ…麻生首相 解散先送り
2008.10.29 スポニチ

 麻生首相は、世界的な金融危機と景気後退の深刻化を受け、衆院解散・総選挙を当面見送る意向。「当面は政治空白をつくることはできない。景気、金融対策を優先させる」との方針を与党側に伝えた。30日に予定する追加経済対策発表に合わせ、解散見送りを正式に表明する考え。次期衆院選は年明け以降に先送りされる見通しだ。

 ただ、支持率低迷が続いた福田康夫前首相に見切りをつけ、選挙の顔として首相を押し上げる原動力の一翼を担った公明党内では先送りへの不満は強い。太田昭宏代表と北側一雄幹事長は26日夜、都内で首相と密会し「一体、誰のおかげで総理になれたと思ってるんだ」と早期解散を迫った。さらに「11月末が駄目な理由を言ってくれ。駄目なら、この時期に解散すれば勝てるんだという戦略を示してくれ」と食い下がったが、麻生首相は「言えない」の一点張り。太田氏が「このままでは福田と同じになってしまうぞ」と“麻生おろし”までちらつかせたが、約1時間続いた会談は物別れに終わった。この間、首相は一口もコーヒーに口をつけなかった。。

 早期解散を求める民主党は反発し、審議促進に協力してきた従来の国会対応を転換し攻勢を強める構えだ。

 28日の東京株式市場は、日経平均株価が一時、大幅下落して6994円を付けた。7000円割れは、終値基準では82年10月6日以来、26年ぶり。


小判鮫党側の恫喝で康夫が辞めさせられたと云う事が分かりました。康夫追放劇に太郎も一枚噛んでいた事も暴露されました。然し、弱みを握られているとは云え、太郎は相当の策士でした。そう云えば、安倍ちゃんが追放された件も、後に安倍ちゃんが否定しますが、太郎が仕掛けたとの噂がありました。

小判鮫党側もそんなに選挙がしたいのなら、政権離脱若しくは閣外協力へと退けばいいのです。さすれば、国会運営は完全停止しましょう。再議決に必要な三分の二を満たせずに次々と廃案になってしまうのが目に見えています。窮余に陥った太郎は已む無くとなる筈です。

小判鮫党側にそんな度胸があるか疑問ですが、実際にそれをやれば、野党側は歓迎し、有権者も拍手喝采となります。例え政権交代があっても、小判鮫党側は政権の一角として引き続き影響力を維持出来ます。

小判鮫党が見限ってしまえば、自由民主党は地盤が強力な処を除いて、殆ど壊滅となります。恐らくは小選挙区で百を取れるか取れないかのラインとなる筈です。いや、百もすら取れないかも知れません。比例区では云わずもがなです。

明日になれば、小判鮫党の動向がはっきりします。太郎が依怙地になれば、自由民主党にとって大恐慌到来となります。ネット上では逆に票を伸ばすと云う楽観論がありますが、自発的投票にすら余り行かなくなってしまっている社会情勢では、余りにも脳天気過ぎると云うものです。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/1061-dc839dd2

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。