まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/06 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • » 2017/08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あけおめことよろ・・・。

日本人の「流儀」にこそ活路
1月1日10時28分配信 産経新聞

 平成の時代になって、20回目の新年を迎えた。

 この20年だけでも、日本人はバブル崩壊による大不況をはじめ、阪神大震災などの災害、拉致問題をめぐる北朝鮮の横暴、と数知れない辛酸をなめさせられた。

 しかし昨年秋の米国金融危機に始まった世界不況は、これまでとはまるで違った強い衝撃を与えている。危機は専門家でもまったく予測できずに始まった。しかも誰にも止めることのできない不可抗力に近いものだったからだ。

 日本人はその前で立ちすくんでいるしかないようにも思える。だが、その衝撃があまりに強かったがために、日本の進むべき道がかすかながら見えてきたような気もしてならない。

 ◆モノ作り忘れた米国

 今回の危機で、日本と米国との関係が、イソップ寓話(ぐうわ)「蟻(あり)とキリギリス」に例えられることがあった。夏、蟻が一生懸命働いているとき、キリギリスはバイオリンを弾き、歌っていた。冬となって食べ物に困ると、蟻に助けを求めた。だが蟻は「そのまま歌っていたら」と突き放す。

 余談ながら、イソップの原話は「蝉(せみ)と蟻」である。北欧など子供たちが蝉を見ることの少ない世界に広まったとき、キリギリスに置きかえられたのだという。

 蟻を日本、キリギリスを米国にそのまま当てはめるのは乱暴というものだ。両国関係が、寓話の結末のような状況にあるとは思えない。ただ、夏の間も冬のためにせっせと働くというのは、稲作文化にはぐくまれた日本人には美徳中の美徳だった。

 一方、米国の金融危機の背景には、企業がモノづくりを忘れて金融、つまり金もうけに走ったことがあるとされる。国民も借金してはモノを買うという「虚構」の舞台で踊ってきたように思えてならない。その意味でイソップのキリギリスに似ていなくはない。

 日本でも一時、企業を売り買いすることで巨大な富を稼いだ若い起業家たちが「時代の寵児(ちょうじ)」としてもてはやされた。そのひとりは「金もうけするのは悪いことですか」と叫んだ。

 しかし、そんな「寵児」たちもインサイダー取引の疑いで逮捕されるなど、社会の表舞台から遠ざけられた。司直の手を借りたとはいえ、日本人の大多数はそうした強欲な資本主義に対して「ノー」と言ったのだ。

 今、世界的な不況で、輸出に頼ってきた日本の企業は苦しんでいる。なけなしの金を資産運用で失敗した人々も多い。それでも世界的に見れば、日本は実体経済への影響が少ない方だとされる。

 モノづくりを大切にするという「蟻型」の生き方を捨て切っていなかったからである。金融機関にも、いたずらに金もうけに走らず企業を育てる精神が残っていたからかもしれない。

 ◆ノーベル賞と日本人

 日本経済が立ち直るために、米国が金融危機を脱し、健全な消費社会になってもらわなければならない。強い米国の復活は日本の安全保障にとっても必要だ。

 だが、それとともに日本人が培ってきた「流儀」を貫くことこそが、この厳しい世界で生き残る道だ。それが今回の危機から学んだことである。

 昨年12月、ノーベル賞授賞式前に、物理学賞の益川敏英さんが記念講演を日本語で押し通したことが、国際社会では畏敬(いけい)の目で見られた。60年前、日本人として初めて受賞した湯川秀樹博士の授賞式でも似たようなことがあった。

 外国報道陣から湯川氏に変わった質問が飛んだ。

 「日本人はイスに腰掛けてではなく床に座って書くと聞くが、あなたが論文を書いたときはどっちだったのか」

 湯川氏の答えは「どっちでもない。寝床の中でした」。報道陣はドッとわいたという。

 ささいなようでも、寝る間も惜しんで考えるというのが、日本人の「流儀」として新鮮に映ったのかもしれない。それを忘れかけていたのは日本人自身だった。


第二次産業復興を意味しています。第一次産業復興も早急の問題とされています。世界が当てにならなくなってしまった以上、内需に期待を掛けるしか、他の道は今の処見当たりません。第一次に関しては長々となりますので第二次に絞って語る事としましょう。

現代日本は先進国のアレと同様第三次産業発展時代の最中です。所謂サービス業全般を示していますが、第一次・第二次に当て嵌まらない産業もそこに含めています。この産業の特徴的な面を挙げるとすれば、水物です。水物故に当たり外れが極端に至りがちです。

詰まりは相当に不安定過ぎるのです。不安定過ぎるからこそあらゆる圧力の影響を受けてしまうのです。圧力とは穏やかではありませんが、平たく云えば、市場の影響に左右されてしまうのです。国内のみ第三次にシフト化された輸出関連第二次産業が壊滅的な影響を受けてしまうのは云うまでも無い事です。

分かりにくい譬えでした。平たく云い変えましょう。ソフト関連は国内で、ハード関連は海外にシフトした第二次産業と云えば分かるものと思われます。尤も何処に属するか分からない程に巨大化した為に、区分としては第三次に相当しています。

まあ、小難しい話はここまでにしておいて、云わんとする処、今までの第二次産業の在り方を捨て去る事に尽きるのです。安かろう悪かろうから高かろう良かろうに戻る事です。グローバルスタンダートなる物に大いなる無視を決め込む事なのです。現にそれでブランド確立した第二次産業が極々少数乍ら有るのです。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/1109-62fa7707

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。