まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/06 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • » 2017/08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


システムをかえませんか?・・・。

葉緑体が細胞増殖を制御 千葉大大学院などが定説覆す発見
1月6日15時53分配信 産経新聞

 植物の光合成を担う葉緑体が、細胞増殖や核DNAの複製を制御していることを千葉大大学院園芸学研究科の田中寛教授らのグループが突き止めた。葉緑体などの細胞内小器官は従来、核に支配されて分裂などが制御されていると考えられていたが、その定説を覆す成果。植物や動物といった真核細胞生物の進化の仕組みを探る手掛かりになるという。米科学アカデミー紀要(電子版)に6日、掲載された。

 真核細胞生物の細胞内にある葉緑体やミトコンドリアは、10億年以上前に細胞内に入り込んだバクテリアの名残とされる。バクテリア遺伝子の大半は核に奪われ、エネルギーの生産工場として核に支配されていると考えられていた。

 田中教授らは原始的な藻類「シゾン」を使った実験で、葉緑体と核の関係を詳しく調べた。その結果、葉緑体のDNAが複製されない条件下では核DNAの複製も起こらず、葉緑体が核に対して積極的な役割を担っていることが判明。さらに、葉緑体で合成されるテトラピロール類という化合物の一種が、核DNAの複製を誘導するシグナル分子であることを発見した。

 高等植物のタバコも同様の仕組みで細胞増殖しており、品種改良による農業生産性の向上などに役立つ可能性があるという。

 田中教授は「葉緑体を持たない動物細胞などでは、ミトコンドリアが同じような働きを持っている可能性がある。真核細胞生物の進化の謎の解明につなげたい」と話している。


古い時代程度の知識しか残っていませんので、この手の話題は自分に取って有り難い情報源です。
細胞内小器官が嘗て単独生命体として存在していた云々はテレビ等の情報源で知識を獲得しています。確か、共生関係の利害一致云々で今の細胞体が成り立った筈と聞き及んでいます。

多細胞体云々も共生関係利害一致が大元とされています。補完関係と云いましょうか、そんなこんなで物足りない部分を補っていく過程に、我々人類が型付けられたのでしょう。支配する支配されるの関係が、社会に消えないのは大元が嗚呼云うシステム故なのでしょうか。

そんな妄想をぶっ壊す引用記事内容は、共同関係云々を示唆しています。純粋な共生関係でもあります。互いに利用仕合っている様で、実際の処、互いを助け合う相互扶助関係だった様です。これは社会に対して啓蒙を促します。大元がアレだから、支配被支配関係の社会に一石を投じましょう。

まあ、大袈裟に過ぎました。人類はアレだから、欲望の限りに現システムを維持し続けようと無理を重ね続ける筈です。そう、慾です。それが有る限り、相互扶助に満ち溢れた世界はやってこないのです。相互扶助を突き詰めると平和でしょう。理想論の理想に過ぎない表現です。

いや正しくは有りませんね。力による支配の下での平和も有ります。相互扶助に突き詰める先は無いのかも知れません。絶対なのでしょう。若し人類がこの先、相互扶助の先を見出す事が出来るのならば、地球は慈愛に満ち溢れた世界になりましょう。精神が、です。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/1114-98380541

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。