まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/08 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • » 2017/10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あくとくがさかえるから・・・。

暴力団忘年会を排除 ホテル規約に「条項」資金集め阻止
1月9日1時8分配信 産経新聞

 東京都墨田区のホテルが昨年12月、指定暴力団住吉会系の関連企業がホテル内で計画していた忘年会について、規約に盛り込んでいた「暴力団排除条項」を盾に、開催5日前に中止に追い込んでいたことが8日、分かった。忘年会は暴力団の資金集めの手段にもなっており、暴排条項が威力を発揮して資金集めを防止した格好だ。一方、条項を設けていなかったことで警察による“厳重警戒”につながったケースもあり、警視庁はホテルを含め幅広い業界に条項の早期策定を呼びかけている。

 警視庁組織犯罪対策3課などによると、墨田区のホテルで昨年12月上旬、住吉会系のフロント企業が、地元の土建業者や不動産業者ら約200人を集めて忘年会の開催を計画した。忘年会は同区周辺で例年開催されており、参加費1万円のほか、「ご祝儀」として5万~10万円を支払うことが慣例だった。

 こうした忘年会やパーティーは「義理かけ」と呼ばれ、暴力団の資金集めの手段になっている。祝儀の支払いを嫌がった地元業者から相談を受けた警視庁が調べた結果、主催者がフロント企業であることが判明した。

 ホテルの規約にはすでに、暴力団や関係者の利用を断ることができる暴排条項が盛り込まれていたため、開催5日前に宴会の契約を解除して中止に追い込んだ。キャンセルの際、ホテル側が条項を突きつけると、組関係者は「やっぱりだめですか」と素直に引き下がったという。

 一方、新宿区の有名ホテルで昨年11月下旬に開かれた結婚披露宴は、新婦の父親が指定暴力団山口組系組長だった。「さらに出席者として山口組の直系組長が出席する可能性があった」(警視庁捜査員)

 ホテルは昨年5月、宴会利用規約に、暴排条項を盛り込んでいた。しかし、披露宴の契約は2カ月前の3月。契約時は父親が組長とは知らず、打ち合わせで語気を荒らげるような場面があったことから警視庁に相談し組長と判明したが、契約後の条項策定だったことから、開宴を中止させることができなかった。

 ホテルと新婦側が交渉を重ねた結果、「新婦の父親である組長は出席し、直系組長ら他の暴力団組員は出席しない」という妥協案が成立した。ただ、披露宴当日は警視庁戸塚署員らが検問を実施し、ホテルに進入するすべての乗用車に目を光らせる事態となった。

 警視庁幹部は「不測の事態が起こるかもしれず、検問を実施した。大きなトラブルはなかったが、暴排条項が少し早くできていれば、スムーズに中止させることができただろう」と振り返る。


「偽装離脱」対策に課題も 暴力団排除条項
1月9日1時9分配信 産経新聞

 暴力団排除条項を武器にした“暴力団包囲網”が形成されつつある中、暴排条項対策ともいえる組員の「偽装離脱」問題が懸念されている。

 「暴力団を離脱したという書面と組長が離脱を認めた証明があれば、それだけで『組員ではない』ということになる」(警視庁捜査員)。本当に暴力団を抜けたことの証明のためこうした書面を持つ者もいるが、偽装離脱はそれを逆手にとって一般企業と取引をしやすくする行為だ。

 実際、「離脱届」を持ちながら、組事務所に出入りしている者も少なくない。こうした偽装で、ホテルや公共施設で宴会などを開催され、多額の資金集めに直結する可能性もあり、警察当局は警戒を強める。

 一方、条項を設けていない一般企業や地方自治体はまだまだ多く、暴排意識の浸透も課題だ。

 警察庁の外郭団体「全国暴力追放運動推進センター」(東京都千代田区)などが昨年11月に発表した調査によると、契約書や取引約款に暴排条項を定めた企業は22%にとどまった。今後導入する予定のない企業も2割近くある。

 警視庁幹部は「地方自治体の物品納入など、暴排条項導入が進んでいない分野はまだ多い。『うちは暴力団と無縁』と思いこまずに積極的に導入してほしい」と呼びかけている。


堅気の皆さんにご迷惑を掛けるから、やくざではなく暴力団なのです。マフィアとも云います。ちんけな処程、周囲にご迷惑を振り撒きます。昔気質のやくざが遠い昔の事となったのは云うまでも無いでしょう。何故に普通と違うご身分なのに嗚呼云った事をやりたがるのでしょうか。

見栄とお金でしょう。それ以上でもそれ以下でもありません。金の成る木だから、大っぴらにやりたがるのでしょう。そうそう、二番目の飲用記事の様に、嗚呼云った包囲網に対する連中の狡猾な企みが不景気を糧にして展開されています。

潰れた破綻した処を安く買って、自分等の凌ぎと常用可能に新しく立ち上げます。宿泊施設や温泉センター等と云った物です。容易く云えば暴力団御用達を立ち上げたのです。どうして、それが分かるのか説明しますと、経営側の素性が特定分野のノウハウを持たない異種業が大半だからなのです。

塵屋が旅館やホテル、温泉センター等を経営している自体が可笑しいと気付く筈です。塵屋とは分かりにくいかも知れませんが、平たく云えば産業廃棄物処理業を指しています。近年では派遣請負業にも進出しています。そう、凌ぎの幅が大きくなっています。

派遣切り祭りに乗っかった派遣請負業者がマスメディアに叩かれないのは、そう云った素性の怪しい処が大半だからです。うっかり叩こうなものなら、報復に惨殺されてしまいます。これが有るから怖くて叩く事が一切出来ないのです。警察等のお墨付きが有ったものだけは叩く事が許されている訳です。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/1118-59ba53c7

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。