まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/08 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • » 2017/10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


しいたげられたいひとがいる・・・。

まだ食べられるのに廃棄 「賞味期限」が生む壮大なロス
2月9日19時55分配信 J-CASTニュース

 まだ食べられるのに売れ残ったり、業者が捨てたりしている食料品は、年間800万トンにものぼる。「賞味期限」や「販売期限」といった決まりや商習慣がロスに拍車をかけているのだ。食料自給率が39%と低く、多くを輸入に頼っている日本で、これだけロスが発生しているのは問題だ。

■年間800万トンがまだ食べられるのに捨てられる

 農林水産省によると、食品製造業、卸業、小売業をあわせ、2006年4月1日~07年3月31日の1年間に廃棄された食料品は1135万トン。そのうち800万トンがまだ食べられるのに捨てられた「食品ロス」だ。

 その多くは売れ残った商品だが、それだけではなく「賞味期限」や「商慣行」がロスに拍車をかけている。

 「食品期限表示の設定のためのガイドライン」(05年2月厚生労働省・農林水産省)は、食品の賞味期限についてこう定めている。客観的な指標に基づき設定された期限に、食品の特性に応じて「1未満の係数」(安全係数)をかける。安全係数は製造業者によって異なる。

 全日本菓子協会が行った会員企業へのアンケート結果によると、0.6~0.7を採用していることが多い。つまり、まだまだ大丈夫なのに、期限が早く来てしまう仕組みになっているのだ。さらに、製造日から12か月を超える賞味期限はほとんど設定されていない。同協会の専務理事は、

  「製品の質という面では1年もつが、(賞味期限を)半年にしています」

と明かす。

 その理由の一つは、賞味期限が短い方が回転率が上がり、効率的だと流通側が考えていること。一方で、賞味期限が短くなるほどメーカーに返品される率が高くなる。返品された商品の多くがまだ食べられるが、賞味期限をつけ直すことはできないので廃棄される。製造者にとっては迷惑な話だが、流通の力が強く断れないのだ実情だ。こんな理由もある。

  「賞味期限が長いと、流通や消費者から添加物が入っているんじゃないか、という妙な誤解を招いてしまうということもあって、短くしています」

■賞味期限3か月残っていても店頭に置けない

 賞味期限とは別に、流通業者は販売期限を設定している。製造日から賞味期限までの期間を、(1)製造業者から流通業者に納入されるまでの期間(2)流通業者による販売期間(3)消費者が購入して消費するまでの期間、という3つで3等分にするのが習わしだ。「3分の1ルール」と呼ばれている。

 製造日が2月1日で賞味期限が9か月間ある場合、納入期限が5月1日まで、販売期限が8月1日までとなる。賞味期限が3か月残っているにもかかわらず、店頭には置けなくなってしまう。農水省食品リサイクル室の担当者は、

  「商品の特性に関係なく、製造、流通、消費者の持ち分を単純に3等分にしたもの。製造業者と流通が連携して商慣行を取り払い、売れるものは売っていく必要があります」

と話している。

 同省では08年8月から6回にわたり、食品関連業者による「食品ロスの削減に向けた検討会」を開いている。

 製造と流通の2者間で話し合いは進んでいるが、前出の全日本和菓子協会の専務理事は、こう訴える。

  「賞味期限の偽装事件などで食の安全が一層求められるようになりつつあります。それ自体はいいことだと思いますが、問題なのは消費者が食べられるのか、食べられないのか、自分で見極められなくなっていることです。昔だったら、賞味期限を過ぎた豆腐をボールに水をはって保存し、毎日水を取り替えれば1週間は持つ、といったことは、家庭で普通に教わるものでした。ところが最近の消費者は賞味期限が絶対で、ちょっとでも過ぎれば捨ててしまう。消費者も含めた3者間で取り組むことが大事だと思います」

 ちなみに、農水省の調べによると、家庭から出る食品ロスは約1100万トン。食品関連事業者の800万よりも多い。

大抵は利益ばかりに目を向けてしまった結果です。食品業界の前近代的な生産システムにも原因があります。大方の製造業で、当たり前の様に行われている効率化が一切ないのです。無駄な部分が塵として計算されている事も承知の上です。

尤も消費者側の意識にも問題が有るのは云うまでも無いでしょう。核家族化が著しい故に「勿体無い」精神が希薄なのは当然と云えましょう。親から子へ、子が親となって子に伝えるべき何某等の精神が隔絶してしまったのです。

テーマから外れましたので、元に戻しますと、食する事が出来るのに捨ててしまう問題点は、消費者側の教育環境にも影響しているものと思われます。特に学校で教わった事を、成人に至っても律儀にも守っている事です。これが社会全般に拡大し、窮屈な暮らしを強いられている皮肉と繋がります。

逆に云い変えれば、守れない輩は異端視される訳です。律儀では無いと云うものではなく、一寸可笑しい部分に気付いた故の結果が、縛り付けられた常識有る輩に攻撃されてしまうのですから、堪ったものではありません。

精神的に柔な人は偽りの病に逃げて、心の安定を図ります。タフな人は変人と称されて、一部には嫌われても勇猛邁進です。評価されればいいのですが、大抵は欺きの常識に潰されて、悲運の日々を送ります。そこに、病んでいる日本社会があります。救いは何処にあるのでしょうか。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/1150-ac3d0ab2

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。