まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/10 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • » 2017/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もうね、なにもわからないの・・・。

自殺者、1月は2645人…いのち守る動き広がる
3月5日19時27分配信 読売新聞

 警察庁は5日、1月に全国で自殺した人は2645人だったと発表した。

 経済環境の悪化で自殺者数が増える恐れがあることから、これまで年1回発表していた自殺者数について初めて月別の数を公表した。一方、企業の決算期にあたる今月は、経営難を理由にした自殺が増える恐れもあることから、パトロールを強化したり、支援窓口を検索できるホームページを開設したりするなど、いのちを守る動きが広がっている。

 同庁によると、自殺者のうち男性が1894人。都道府県別では東京都が255人と最も多く、次いで大阪府159人、埼玉県155人、神奈川、愛知県138人だった。

 国内の自殺者は1998年以来10年連続で3万人超を記録。98年は、前年に金融不安が広がり、決算期の3月に自殺者が急増。今年も経済環境が悪化していることから、関係者は危機感を募らせている。

 自殺が多いことで知られる福井県坂井市の東尋坊では、自殺対策に取り組むNPO法人「心に響く文集・編集局」(茂幸雄代表)が、昨年11月以降の4か月間で19人の自殺志願者を保護した。例年は年間20~30人で、茂代表は「信じられないハイペース。元派遣社員などこれまであまり見なかった若者が増えている」と話す。

 昨秋に保護した20歳代の元派遣社員の男性は期限前に契約解除され、保護時の所持金はわずか数百円。茂代表はボランティアら80人体制でパトロールを強化しており、「一人でも多く救いたいが、ボランティアではその後のフォローに限界」と行政に支援を訴える。

 山梨県の青木ヶ原樹海でも、地元自治体やタクシー協会などが、声かけボランティアを養成する講座を開催したり、樹海の入り口に防犯カメラの設置を進めたりしている。

 NPO法人「ライフリンク」(東京都)も昨年12月、インターネット上に、悩みの内容ごとに、適切な支援団体や行政窓口を検索できる「ライフリンクデータベース」を開設。清水康之代表は「自殺者の7割が事前に何らかの相談機関に相談したとのデータがあり、対策を講じれば必ず防げる」と力を込めて話している。

そう云えば、今年から第二次世界大恐慌勃発に伴って、年一回こっきりの自殺者数発表が月一回発表に変えたのでした。理由は大恐慌で自殺者が急増する旨だからです。尤も社会淘汰を狙っている国の方針が主なのは云うまでも無い事でしょう。

実体はその数倍から十倍程度の自殺者数です。変死及び行方不明の類を除外されているからです。一月よりも二月三月がかなりやばい状況で、三月となれば計画性皆無の派遣請負の類が困窮し急増すると見込まれています。多分に恐ろしい程の数が上るかも知れません。

厭世観から自殺を決め込む人が出て来るのが今の浮き世を大いに表しています。余りにも酷い状況に日本社会が陥ってしまった為です。人情に欠けた社会で構ってちゃん共は路頭を彷徨うのです。自分で居場所を無くしたのに、居場所が無い等とお子ちゃま思考一辺倒でギャアギャア心の中で喚きながら、周りに迷惑を蒙って死んでいきます。

ん?何か可笑しな表現となりました。無かった事として進めていきましょう。人は死ぬ気になって頑張れば、何とかなるものです。必ず突破口が開けるものです。先を見通せない故に弱い人は自らを殺します。先を見通せたものだけが未来への栄光が約束されるのです。

とは云っても、運命の女神様は気紛れです。寿命が尽きてしまうまで何も起こらない場合も多々有ります。これが大半なのでしょう。然し乍ら僅かな幸運もその内なのです。生まれながら、器の大きさ等々に依って差違が生ずるのは当然なのです。甘んじて天命を賜る、その事も人の宿命なのです。天命に抗う事の虚しさは未来永劫に続く運命を放棄する様なものなのです。人は囚われた生き物故に。


コメント

頑張れ、頑張れ、死ぬ気で頑張れ

自殺者予備軍(多分その多くがうつ病患者)に対して「死ぬ勇気があるんだったら、頑張れ、頑張れ、死ぬ気で頑張れ」って言いまくる、牟田口症候群にかかったスポ魂人間だらけの国ですもの、自殺者が3万人を超えるのも当然でしょうよ。

政治の世界も、本来なら「頑張らなくても生きていけるように」物事を動かしていくべきなのに、「頑張れ、頑張れ、死ぬ気で頑張れ」と、弱者に負担を押し付けていくばかり。

生きる勇気が無い、生きる力が無い、そんな弱っている人間を相手に、根性論・精神論で負担を与えてさらに追い詰めて、それで自殺者が減るとでも思ってるんでしょうか?

「死んではいけません。けれど生きてもいけません」と宣言しているに等しい今の世の中で。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/1172-b6dbebd4

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。