まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/10 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • » 2017/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


のせられて、みらいがなくなる・・・。

おくりびと」死を再考 納棺師めざしびと急増 死に装束もとめびと倍増
3月7日16時7分配信 産経新聞

 遺体を棺に納める「納棺師」を描き、米アカデミー賞外国語映画賞を受賞した映画「おくりびと」(滝田洋二郎監督)のヒットにより、葬儀のあり方への関心が高まっている。死に装束を扱う呉服業者では売り上げが倍増。葬祭関連コースを設置している専門学校への問い合わせが急増するなど、職業としても注目を集めている。「縁起でもない」と、とかくタブー視されてきた“死”。映画は、「おくる人」「おくられる人」それぞれが、あらためて考え直す契機となっているようだ。

 大阪市中央区の展示ホールで2月27日から3日間、行われた呉服展示会。一角に設けられた死に装束のコーナーには、大勢の客が詰めかけた。

 「1カ月平均20着ほどだった注文が、今年に入って50着と倍以上になっている」と話すのは、出店した装束店「一文」(東京)の担当者。訪れた人が手に取るのは、華やかな胡蝶蘭や桜、虹などさまざまな柄があしらわれた色とりどりの装束。単価は5万~10万円を中心に、最近は30万円を超えるような物もよく売れるという。

 購入の動機は「母親の親孝行にプレゼントしたい」(60代女性)「夫婦でおそろいを用意したい」(60代男女)など。担当者は「映画が、より自分らしい最期について考えるきっかけになったのではないか」と分析する。

 一方、葬祭コーディネーターなどの養成コースをもつ日本ヒューマンセレモニー専門学校(神奈川県平塚市)では、昨年9月から今年1月末までの資料請求の件数が前年比で4割増加。看護師など社会人からの資料請求が多いのも今年の特徴で、別の葬祭関連の学校には「人の役に立つ立派な職業。ぜひ娘にやらせたい」という親からの問い合わせもあったという。

 また、「きれいに送りたい」という遺族の関心を集めているのが、「エンバーミング」と呼ばれる技術だ。事故で損傷を受けたり、闘病のためやつれたりした遺体を元気な時の姿に近づけるもので、葬祭会社「公益社」(大阪市)では現在、約4割の人が利用。事故で負った大けがや苦しむ表情を和らげたいと、平成17年4月のJR福知山線脱線事故の犠牲者にも施された。

 神戸赤十字病院心療内科の村上典子医師は「棺の中の最後の姿が忘れられないと話す遺族は多い。きれいな姿の故人とお別れができることは、死別の悲嘆からの回復にとっても重要になる」と話している。

何にでも話題になれば直ぐに乗っかってしまう日本人気質が素晴らしいです。気持ちは分からないまでもありませんが、軽過ぎる嫌いが有ります。尤も聡い人は嗚呼云った行動に出ませんが、尻が軽過ぎる輩の行動力は恐ろしいばかりです。

死装束はどうでもいいですが、アカデミー賞を取ったから、納棺師を希望する輩の行動が今一理解出来ません。どんな職業なのか理解出来ていないのでしょう。いや、誰もが忌み嫌う職業だったと理解出来ないのかも知れません。何故、忌み嫌うのか、実態を知らないからです。

気分で納棺師となった輩の大半は、おぞましい実態を知って離脱する事は略間違いありません。水を差す様な事を語っていますが、あの職業は気分云々で勤まるものではない事を理解しているからです。釘を刺すつもりで以上の事を語っているのです。

本題のその実態は何ぞやです。腐乱屍体を貴方は見事に死化粧を施す事が出来ますか。湧いている蛆を一つずつ取り除き、程良く肉が融けたご遺体に死装束を着せる事が出来ますか。飛び出た目ん玉を元に押し込んで肉付けをする作業が出来ますか。等々、それらの行為を貴方一人でおやりになるのです。

それでも納棺師にお成りになりたいのなら止めません。嗚呼云った職業を忌み嫌う日本人は結構居るのです。親戚近所から村八分にされてもいいのなら、どうぞお成りになって下さい。引用記事の莫迦親が娘に強要する行為等、虐待の極みに過ぎません。美談に隠れた悪辣さを読み取って頂きたいと幸いです。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/1174-266310cc

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。