まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/10 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • » 2017/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


はいガスをしつねんしている・・・。

「たばこモクモク吸う人は健康で長生き」 「日本パイプクラブ」が超過激コラム
4月9日18時15分配信 J-CASTニュース

 JR東日本の首都圏エリアの駅構内で全面禁煙がはじまったことに、「日本パイプクラブ連盟」が猛烈にかみついている。同連盟が掲載したコラムでは全面禁煙の強制に憤りを見せ、「たばこをモクモク吸う人は皆、健康で長生きしています」といった過激な内容がネット上で話題となっている。

■「禁煙狂連中のパラノイア症状は深刻」

 JR東日本は2009年4月1日、首都圏にある201駅で新たに全面禁煙の実施を始め、屋外にある喫煙所を撤去した。今回の実施で、同社が管轄する1700駅のうち679駅が現在、全面禁煙となっている。

 この全面禁煙実施に「異議申し立て」しているのが、パイプ喫煙愛好家団体「日本パイプクラブ連盟」だ。同連盟には全国にある32のクラブが加盟し、在籍会員数は現在440人。パイプ喫煙の普及などにつとめている。

 問題となっているのは、同連盟のホームページに掲載されたコラム「禁煙ファシズムにもの申す」のうち、「駅が全面禁煙だとか、それなら駅でパイプ喫います -その1-」(2009年4月6日掲載)。記事によると、JR首都圏駅構内や会社内での全面禁煙を強制するのは「明らかな行き過ぎだ」と主張している。それだけでなく、たとえば次のような過激な表現も並んでいる。

  「癌発生の促進要因で最大のものはストレスだそうです。読者諸兄! あなたの身近な人たちをよく眺めて御覧なさい。たばこをモクモク吸う人は皆、健康で長生きしています。たばこは吸わない、酒も飲まないような人に限ってストレスで早死にしたり、鬱病に罹って会社の厄介者になっているんじゃありませんか」
  「禁煙狂連中のネチネチとしたシツコサはそれこそ正真正銘のビョ―キです。インターネットのたばこ関係の膨大な書き込みの内容を眺めるだけで、連中のパラノイア症状の深刻さが覿面にわかります」
  「一部の程度の低い田舎会社や外見だけ派手なバブル系外資企業の中に、社員全員に禁煙を強制するところもあると漏れ聞くが、どうせまともな会社ではない。どこかが蝕まれているいびつな企業である。早く潰れた方が、世のため人のためになるゴミ会社ということでしょうかね?」

■「分煙で棲み分けして折り合っていくしかないと考えている」

 このコラムに対して、「はてなブックマーク」には100件近くブックマークされ、賛否の意見が寄せられた。もっとも、やや批判的な内容が多く、「喫煙文化の正しい社会認識を高めるように努めている団体が載せていい文章じゃない」「これでルールを遵守している愛煙家が肩身が狭くなる。愛煙家の敵は、間違いなく自分勝手な喫煙者」「喫煙者から見ても酷い…やめてくれ」などと書き込まれた。

 反対に、「禁煙に限らず、『ご理解とご協力を御願いします』の押し付けウザさは同意」「喫煙率25%もあるのにホームに喫煙ルームをつくらないのは客商売としていかがなものかと思う」「副流煙の問題は空気の流れのある広い空間なら問題ない。JRのプラットホームを全面禁煙にする必要はなく、喫煙コーナーを設ければいい」といった意見もあった。

 日本パイプクラブ連盟はどう考えているのか。同連盟はJ-CASTニュースに対して、「当連盟は、喫煙者と非喫煙者がいがみ合うことなく、仲良く共存できる社会が望ましい。双方の立場を両立させるには、分煙で棲み分けして折り合っていくしかないと考えている」として、次のようにコメントした。

  「一部の過激な嫌煙者の圧力を受けて、地方自治体や公共輸送機関などが、有無を言わさずに強引に全面禁煙を強制する昨今の社会風潮は、穏当を欠き、甚だしく危険なものだと考えます。JR東日本は、これまで分煙を掲げてきましたが、急に全面禁煙を利用客に強制するようになりました。喫煙者の利用客の立場を一方的に無視する傲慢な経営姿勢の現われだと受け止めております。従いまして全面禁煙の強制には当連盟は真正面から反対いたします」

 一方で、NPO法人日本禁煙学会の理事長・作田学さんは、全面禁煙の取り組みを評価するとして、こう話す。

  「海外では全面禁煙の流れが一般的です。また、『タバコの規制に関する世界保健機関枠組条約』を批准する日本では2010年2月までに、公共の場などでは全面禁煙に向けた努力をすることになっています。さらに、北海道滝川市の男性社員は受動喫煙から吐き気や頭痛に悩まされ、訴えを起こしたケースもありました。厳密には(駅構内や会社内での)分煙もドアの開け閉めより、副流煙を吸い込んでしまう可能性があります。私は、タバコは自宅の中だけで吸うべきだと考えます」

 なお、JR東日本の場合、東京、上野、新宿、大宮駅では「喫煙ルーム」を設けている場所もある。こうした措置を他の駅でも実施する可能性について、「ホーム上は設置スペースの問題から難しいが、コンコース等での設置を検討したい。安全性や利便性も考慮し、喫煙者・禁煙者の双方が気持ちよく利用できるようにしていきたい」と話している。

そこまで開き直ったら、寧ろ気持ちがいいと云う感じです。嫌煙家共のヒステリックな言動にも飽き飽きとした処です。丸で男性蔑視主義を掲げているヒステリックな輩の論調にも似た感じが気に掛かるのはどう云う事なのでしょうか。

細かい事を云えば切りがありませんが、嗚呼云った潔癖主義者共が調子付いてしまったからこそ、今現代の日本社会があります。テンパった輩からの重箱の隅を突くが如くが毎日の様に強制されては、どんな人間でもストレスが溜まろうと云うものです。

直接の原因ではありませんが、多大に影響力の強い遠因である事は間違い無いものと思われます。欧米のやる事が全て正しいとは云えません。エゴイズムが潜んでいる場合が欧米のやる事が大半なのです。裏には利権が大きく絡んでいるものなのです。

周りに甚大な影響力を及ぼす等とほざいていますが、てめえ自身も問題はないのかと問い返すのも一つの手です。嗚呼云った輩は逆に突っ込まれるとしどろもどろになるものです。大凡悪性新生物と関係のない疾病について、どう云う事なのか説明出来ないのがオチとなる筈です。

紫煙云々は多大な遠因です。直接の誘因ではありません。詰まる処、嗚呼云ったものに対応出来なかった先天的要因を恨むしか有りません。生まれ乍らに紫煙に対する抵抗性が脆弱だったのです。自然淘汰に則すると絶滅すべき存在であったと云う事です。滅ぶべきものが栄えて、未来はどうなるか、差程考慮しなくても理解出来る筈です。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/1202-760d83c3

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。