まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/06 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • » 2017/08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いいわけすればいいんじゃない?・・・。

日立子会社のエコ冷蔵庫はウソ…省エネ大賞も返上
4月20日21時20分配信 読売新聞

 廃棄された冷蔵庫の樹脂を断熱材に使い、製造工程での二酸化炭素(CO2)排出量を48%削減したなどとうたいながら、実際にはリサイクル材をごくわずかしか使っていなかったとして、公正取引委員会は20日、日立製作所の子会社「日立アプライアンス」(東京都港区)に対し、景品表示法違反(優良誤認)で排除命令を出した。

 問題の冷蔵庫は昨年度、経済産業省の「省エネ大賞」を受賞したが、同社は命令を受けて大賞を返上、同省もこの日、受賞を取り消した。

 公取委によると、同社は昨年9月以降に発売した冷蔵庫9機種について、ポスターや新聞広告で「使用済み冷蔵庫の樹脂を極細繊維化し、真空断熱材の芯材として活用」などと表示。しかし、このうち6機種ではリサイクル材は使っておらず、残る3機種も、わずかな量しか使っていなかった。また、9機種の中の1機種では、カタログや自社サイトで「真空断熱材製造工程でのCO2排出量 約48%削減」と表示していたが、実際の削減量は48%を大きく下回っていた。

 同社では昨年、リサイクル材を活用した冷蔵庫の開発を目指していたが、夏頃になって効果的な断熱効果が得られないことが判明。ところが、開発を担当する設計部と、カタログやポスター製作を担当する商品企画グループとの連絡に不備があり、結果的に不当表示になったという。

 また、昨年9月に行われた省エネ大賞選考のためのヒアリングでも、同社は、当時はリサイクル材を使っていない機種しか販売していなかったのに、経産省の担当者に「既に発売済み」と説明していた。省エネ大賞は、消費電力などエネルギー効率だけでなく、製品自体の「省資源性」も考慮して決めるといい、担当課では「省エネ大賞を始めて19年だが、受賞取り消しは初めて。極めて遺憾」としている。

 同社は「お客様に誤解を与え、深くおわびします」とコメントしているが、製品の性能には問題がないとして、返品や交換は受け付けない方針。

問題は公正取引委員会に何故ばれたのかです。まさか一々分解等をして調査する様な事はないでしょうから、多分に日立製作所内部からのチクリかも知れません。チクリでなければ、絶対に分からない代物だからです。

チクリ云々はさておいて、本当に省エネと云える様な性能を維持出来ているのでしょうか。いや、元々が虚像の故に、実際の処は「?」です。第一、リサイクル材と称されている物は一切使っていません。増してはリサイクルが最初から回っていないのだから、実態は欠陥商品の様な物です。

そうそう、リサイクル材云々でコスト高だったとして、お値段は割高だった筈です。其処の誠意を見せるのが先だと思います。性能に問題がないからと、一切の誠意を見せないとは、どう云う殿様商売なのでしょうか。値引いてやるのも誠意とは云えないのでしょうか。

矢張りそう云った巫山戯た会社には社会的制裁が必要な気がします。無理矢理製造元に件の製品を送り返すのも一手かと思われます。或いは販売店に返品要求及び送り返しをするのもその一手です。あらゆる手段を用いても、速やかに遂行すべき悪辣な所業に過ぎたのです。

まあ、日本民族は上には優しい民族ですから、其の儘許してしまう事でしょう。この変な民族性に付け入られた所業の数々は数え切れないでしょう。幾ら我慢強い民族と雖も、そこまで行ったら正に奴隷根性その物です。謙虚の本来の意味を全く知らないが故の喜劇でしょう。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/1213-6cb43ea3

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。