まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/06 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • » 2017/08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


うさばらししているだけじゃん!・・・。

党首討論「節度あるヤジを」 与野党申し合わせ
5月23日7時58分配信 産経新聞

 与野党は22日の衆参両院の国家基本政策委員会合同幹事会で、麻生太郎首相と民主党の鳩山由紀夫代表の初めての党首討論の27日の開催を正式決定。併せて討論中は「節度あるヤジ」を心がけることを申し合わせた。平成21年度補正予算案の参院審議では激しいヤジが飛び交い、閣僚から「ヤジがうるさくて質問者の声が聞こえない」との苦情が続出。党首討論でのヤジの応酬を危惧(きぐ)した与党側が「落ち着いた雰囲気で行おう」と提案した。

 野党が反発するかと思いきや、「節度と品格をもった対応を徹底しよう」とあっさり受諾。どうやら西松建設の違法献金事件に対する与党側のヤジを封殺したいという思惑と合致したようだ。「ヤジは議会の華(はな)」と言われるが、与野党の節度と品格が問われることになりそうだ。

本来は野次等の類が排除され、粛々と事を進めるのが当たり前なのです。国会中継等で拝見しますと必ず嗚呼云った物が飛び交います。何処ぞの蛮国なのか、耳や目を疑います。あんな風潮が当たり前になったのはどう云う事なのでしょうか。

遡れば、猿真似が起源です。ええ、蛮国同様だった我が国が議会制政治を目指した辺りからです。当時の先進国であった欧州に倣った次第です。多分に大英帝国の影響でしょう。今でもエゲレスは討論紛いにやんややんやと儀式的な野次が飛び交います。

あれがインテリジェンスと勘違いした当時の日本蛮族がそのまま取り入れてしまったのです。儀式的な物なのに、あれが紳士と思い込んでいるのだから笑えます。無秩序な間違った形式が今になっても続いているのだから、蛮国の極みとしか思えません。

与党側及び野党側の思惑が有って今回限りかも知れませんが、粛々を選択した意義は大きいものと思われます。どうせなら本会議を含めて、全てにそれを実施した方が国民の受けがいいと思われます。民に規範を締め直すいい切っ掛けとなるかも知れないのです。

まあ、奴等にそれは無理が当然でしょう。性根が下賤なだけにそこまで頭が回らない筈です。民は呆れ、更なる乖離を大きくします。ふと気になったのですが、急に景気が上向いた等と云う胡散臭い報道が出始めました。先日の国内総生産(GDP)関連の数値が悪過ぎた故に慌ててプロパガンダに走った模様です。相変わらずの政治蛮国です。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/1243-3fd6b5a1

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。