まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/08 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • » 2017/10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あたったから、おかねちょうだい・・・。

威嚇なしの警官発砲は違法、神奈川県に約1千万賠償命じる
5月27日20時20分配信 読売新聞

 パトカーに乗用車を衝突させるなどして神奈川県警の警察官に発砲され、下半身不随になった横浜市の男性(31)が「発砲の必要性はなかった」として国家賠償法に基づき、県に約8080万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が27日、横浜地裁であった。

 小林正裁判官(鶴岡稔彦裁判官代読)は「発砲前に威嚇射撃を行うべきで、適法な職務執行とは言えない」と述べ、県に約1150万円の賠償を命じた。

 判決によると、2004年8月25日夕、横須賀署の巡査部長らのパトカーが、横須賀市内に停車中の男性に職務質問しようと近付いたところ、男性は車を急発進させて逃走した。路地に追い詰められた男性は、車をパトカーに繰り返しぶつけて脱出を図ったため、巡査部長は約1メートルの距離から男性の右肩を狙って発砲。右脇腹に命中して男性は下半身不随となった。この際、男性は公務執行妨害罪などで現行犯逮捕され、07年8月に東京高裁で懲役2年、執行猶予4年が確定した。

 訴訟で県側は、「発砲前に何度も警告しており、やむを得ない措置だった」と主張した。小林裁判官は、男性逮捕の必要性は認めたが、「拳銃で狙えた範囲は、男性の頭や胸などで、発砲には特に慎重であるべきだった。先に威嚇射撃を行う必要があった」と指摘した。

 同県警監察官室は「関係機関と協議して今後の対応を決める」とコメントした。

地方裁判所である事に着目すべきです。地方裁判所はトンデモ判決を連発する様な裁判官が必ず居るものです。人権派と結託し、彼方此方で盥回しにされても信条を貫くのですから、いやはや呆れるというか困ったちゃんです。

人権派が嗚呼云った裁判官に当たる様に、意識的に操作する事が可能なのです。前にも語った通り、当たるまで訴訟云々を上げたり下げたりを繰り返します。残り滓の様な案件にトンデモ裁判官が回るまで意図的に繰り返すのです。

この裁判は高等裁判所で100%引っ繰り返ります。控訴するのは検事側です。意図的も何も無作為に控訴に踏み切るのですから、トンデモ裁判官に当たる可能性が0%になるからなのです。第一、罪人に追銭を与える様な事が罷り通れば、警官相手の当たり屋が大繁盛してしまいます。

遣り過ぎた旨が謳われていますが、罪人が偶々運が良過ぎた為です。当たり屋稼業冥利に尽きると云う事でしょう。この凄まじい運を別の処で発揮してしまえば、今頃はどんな御大尽に変貌していた事でしょうか。

譬え引っ繰り返ったとしても、最高裁判所にまで行く着く事は明白です。人権派が関わっているだけにしつこいからです。因みに罪人の氏名は生天目宰と云うちんけな自販機荒らし野郎です。盗人に追銭と云う譬えがしっくりする様では、この国の治安は瓦解してしまいます。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/1246-d6896277

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。