まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/06 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • » 2017/08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


うわべだけではんだんすると・・・。

元死刑囚の免田さん「年金資格を」=国の第三者委に申し立てへ
6月3日20時47分配信 時事通信

 1983年に再審無罪が確定した元死刑囚免田栄さん(83)=福岡県大牟田市=が、拘置中に国民年金に加入する機会を逸したとして、総務省の年金記録確認第三者委員会に年金受給資格の回復を求める申し立てをすることが3日、明らかになった。申し立ては5日に行う。
 免田さんは「自分は拘置所にいて、年金に関して一切説明を受けなかった」と話している。
 国民年金制度は61年から始まったが、免田さんは当時、死刑囚として拘置中だった。83年の再審無罪判決で、57歳の時に釈放された。
 支援者によると、免田さんは妻の厚生年金で扶養家族の扱いになっているという。受給資格を失ったのは、制度発足時に国から告知されなかったのが原因としている。

現在の年金制度では、嗚呼云った冤罪者に対する資格受給云々が無視されています。国その物が全知全能と勘違いしていた故に起きた間抜けです。日本国民の一人である内は憲法に保障される権利を有します。たった一人とは云え、抜け落ちる事は許されないのです。

一部では国家賠償金をたんまりと受け取ったからいいじゃんと訝る向きが有ります。確かこの人は、一億にも遥かに満たない金額で強制決着させられています。処刑死に対する恐怖と世間体からの不名誉等々を鑑みると相当に低い対価です。僅か九千二十万円でどうやって報いに添うのでしょうか。

若し国が十倍程度の詫び銭を与えていたのなら、今回の件は世間から相当に非難囂々となる筈です。引用記事に国家賠償云々が出ていない為にそんな方向性に勘違いする可能性が有ります。単なる集りの為の詭弁だと思われてしまうかも知れません。

そうそう、同じ死刑云々絡みで、来世を信じて望んで死刑になりたがる馬鹿者の裁判が有りました。確か金川真大犯人です。此奴の必死の強弁は余りにもお馬鹿過ぎて呆れる位です。同じ必死なら、違った方面に向かえば思わぬ栄光が得られたのにと思います。

いや、国に依る間接的自殺を望んでいるから無理でしょう。深層にあの宅間守がこびりついているのがいけないのでしょう。あれがあった為に無差別殺戮劇場が開始されたのです。今年はそんなものが余り見当たりませんが、何かを切っ掛けに、爆発的に同時多発します。今は爆発を溜め込んでいる最中に有るのです。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/1253-16176330

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。