まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/10 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • » 2017/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


なにしてんの?・・・。

天安門事件 謎の「戦車に立ち向かう男」
6月4日19時32分配信 産経新聞

 【北京=矢板明夫】1989年の天安門事件で、長安街を天安門に向かう戦車の列の行く手を1人で遮り、き然と立ち向かう若い男性がいた。彼の姿を近くのホテルの部屋にいた米国人カメラマンらが撮影した。後に世界中のメディアに繰り返して使われることになる有名な写真だ。しかし、写っている男性は一体誰なのか、その後どうなったのか、20年たった今も謎に包まれている。

 中国の民主化運動の象徴として、98年に米タイム誌に「20世紀で最も影響力のあった人物100人」に選ばれたこの男性は、天安門事件までに中国の民主化活動にかかわった形跡はなく、当時の大学生リーダーや知識人の中で彼を知る人はいなかった。その場にたまたま居合わせた普通の中国人若者の1人ではないかと推測されている。

 事件の直後、一部の欧米メディアは男性を「19歳の学生で、名前は王維林」と報じたが、すぐに「王維林は別人」と否定する別の報道もあり、いまだに真偽は不明だ。これまでに海外の民主化支援団体や外国メディアは男性に関する情報を収集し続けているが、その家族や知人すら見つかっていない。

 男性のその後について「すぐに処刑された」「刑務所の中で精神に異常を来した」「出所して台湾で暮らしている」など諸説が飛び交っているが、いずれも確認されていない。欧米メディアに「無名の反逆者」と呼ばれたこの男性のすべてを知るには中国で民主化が実現され、事件に関する資料が公開される日を待つしかないのかもしれない。

嗚呼、両手に紙袋らしき物を提げて、駈け走る中共人民解放軍戦車列先頭に、何故か一人立ち尽くしていた人ですね。未だに素性が分からないとは、向こうが物凄い情報統制しているのか、将又単なる市井の人民だったのか等々、誠勝手に不思議な物です。

元々天安門事件の大量虐殺行為が一つもなかった等と云う向きが有ります。我が日本は当時での西側と云う立場に有りました。冷戦下の西側のプロパガンダに利用したと云う勘繰りも一部には有ります。それによると、虐殺行為はなく、中共人民解放軍自らの説得行為に依り、群衆を解散させたと云うものです。

嗚呼云った結末に、ばつが悪いアジテーター共は、群衆からの御礼参りを恐れて、海外逃亡したと云うオチになります。まあ、眉唾物です。内戦が勃発し、新体制下の開かれた中国とならない限り、真偽の程は分かりません。

若し、先程の件が正しかったとなったら、西側と称されていた国々の責任論が重大です。特にアメ公は最たる物になりましょう。そうなれば世界から不信感を抱き、国内も喧々諤々となります。日本もその煽りを喰らう事になります。

大きく逸脱しました。あれだけの有名人にも拘わらず、何一つも情報が定かでないのはかなり異な事と思われます。死亡しているか、単なる市井の通りすがりか、そんな感じさえしてしまいます。まあ、分かりません。直接中共本土で聞くのが分かり易いと思います。皆さん既に実行されていますが、後に何故か語らずとなるのはどうしてでしょう。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/1254-35986f27

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。