まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/08 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • » 2017/10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


すじょうちょうさのいみがわかった・・・。

教壇に立つ性犯罪者/高山正之(ジャーナリスト)
2月24日(水) Voice

ちょっと前のロサンゼルスでいちばん評判のいい、そして注目された社会奉仕活動に「ビッグ・ブラザー」というのがあった。

 米国は結婚したら離婚するのが当たり前みたいな国で、ロサンゼルスでは離婚率が50%を超えていた。ただ離婚したからといって、エリザベス・テーラーみたいにすぐ再婚の口があるわけもなし。元妻は子供と一緒に元夫からの養育費で食っていくというかたちになる。

 ところが母親と暮らす男の子は、裁縫とか編み物は得意になっても、男の子らしくギャング遊びをしたり模型飛行機を飛ばしたりは下手だった。

 それで元夫たちが集まり、ひと夏、男の子を山のキャンプに連れて行き、崖を登り、渓流を筏で下って、逞しさを身につけさせる、という活動がこの「ビッグ・ブラザー」だった。

 その基金を集めるのにハリウッドも協力し、トム・クルーズなど若手スターとの1日デート権を競るオークションも行なわれた。

 西海岸の空のようにどこまでも明るく善意に満ちた社会奉仕活動に見えたが、あるとき、この活動に幼児性愛者が紛れこんで、山奥のキャンプのなかで男の子を何人も餌食にしていたことが発覚した。

 被害を受けた男の子は一生そのトラウマを引きずる。世間は驚愕した。念のため警察当局が捜査してみたら、ほかにもそういう性癖をもった者が何人も見つかり、被害が思ったより根深いことが判明した。

 あれほどもてはやされた「ビッグ・ブラザー」は、この事件を機に消滅した。その名をいまロサンゼルスで語る者は一人もいない。

 性犯罪者がその辺に蠢いているという恐怖は、子をもつ親を震え上がらせた。

 同じころ、ニュージャージー州ハミルトン郊外の住宅街で、7歳の女の子メーガンが自宅からそう遠くない草むらのなかで強姦され殺される事件が起きた。警察はすぐにメーガンの家の真ん前に住む若者を逮捕した。彼は幼女強姦の犯罪を重ね、刑務所から出所してここに引っ越してきたばかりだった。

 市民は「わが子を守るために狂犬がどこにいるのか知る権利がある」と訴え、性犯罪の前歴がある者は氏名と顔写真と住所をインターネットで公表することを義務付けるメーガン法が議会で制定された。

 それがいかに徹底しているか。グーグルでどこかの州の街の名を入れ「registered sex offenders」と打ち込んでみればいい。性犯罪者が顔写真付きでずらずら出てくる。ある種、壮観だ。

 その点、日本は『朝日新聞』のおかげで犯罪者の人権はじつに手厚く保護されている。

 じつは学校の先生も性犯罪の経歴はノーチェックだったことが昨年4月、横浜市立中学で起きた女子生徒盗撮事件で明らかになった。この教師は性犯罪で有罪になりながら教員採用試験を受け、犯罪歴はなしと申告してまんまと教員になって、盗撮を含むいかがわしい犯行に及んでいた。

 先日の『産経新聞』は、大田区立の小学校臨時教諭も性犯罪の執行猶予中だったと伝えた。

 東京都教育委員会では、性犯罪者が簡単に教員になれないよう過去、本人の申告だけだった犯歴の有無について、今後は「本籍地の自治体が発行する公的な証明書の添付」を求めていく方針という。

 この「本籍地の自治体が発行する公文書」は初耳の人も多いだろうが、正確にいうと戸籍に付随する「犯罪人名簿」のことで、ここには交通違反の罰金刑から性犯罪を含む懲役刑、禁固刑の記録が綴られる。ただし罰金刑は5年を、その他の刑は刑期満了から10年を経過すると記録は抹消される。

 ちなみに自分が犯罪者かどうかは戸籍を取りに行ったとき、職員が一般とは別の戸棚に取りに行くからすぐ分かる。

 別の戸棚に入っている者は教員になるな。

然う云えば、相続に絡む親類の戸籍類を申請した時に、可笑しな事を云う役所職員が居た事を思い出しました。相続ですから始めから現在までの繋がりが無いと、後々支障を来します。繋がりさえ証明出来る書類が揃えば、何も文句は有りません。何故か向こうは難癖を付けて発行を渋るばかりです。

一寸した遣り取りの結果、一部を割愛して発行を認めさせました。向こうは何かを云いたげでしたが、当時は無智の極みの自分です、後々考え直してみれば、親類と雖も明白に公表出来ない情報が添付されていたのでしょう。多分に引用記事の最後の辺りの類だったと今になって気付きました。

自分の二代前になると、その世代の子供は沢山の時代です。昭和時代初期辺りでしょうか、兎に角子沢山の家が普通だったのです。沢山故に悪い道へ踏み外す親類も必ず一人位は居るものです。子の子となれば、絶対に一人以上は確実です。相続の為とは云え、知りたくもない悪い情報も知る機会は必ず訪れるものです。

今は相続の為と雖も、親類の戸籍類を入手する事は殆ど困難になっています。ええ、悪用した男女が大それた悪質犯罪をやったからです。絶対的な身分証明が無いと容易に発行してくれません。自分はその直前に実行したので、一寸した遣り取りだけで向こうから出してくれました。寧ろ協力して追跡調査をしてくれたものです。

話が脱線しましたが、前科者リストなる物が各地方自治体に置かれているのは何故なのでしょうか。察した方は答えが分かったものと思われますが、実は選挙絡みなのです。公民権の有無、選挙人名簿等に利用されているのです。犯罪者情報は地方検察庁から随時送られていきます。勿論、各々の犯罪レベルに合わせた一定期間の後、随時削除されます。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/1514-da5b18b5

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。