まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/06 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • » 2017/08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


かじとりをあやまれば・・・。

「地域ごとにGWをずらそう」法案にネット住民の怒り爆発
2月26日(金) web R25

14日、GW(ゴールデンウィーク)の時期を地域ごとにずらすことなどを盛り込んだ祝日法改正案が、今国会にも提出される見込みであることが明らかになった。

これは観光庁内に設置された「休暇分散化ワーキングチーム」が検討している法案。同チームの資料によれば、その概要は
「日本の観光産業は繁閑(忙しいとヒマ)の差が激しく」
「繁忙期は『道路は渋滞』『全ての料金が高く』『宿は満室』→『旅行をやめてしまう』」ので
「GWの時期を地域ごとにずらそう」
というもので、フランスやドイツ、フィンランドなどではすでに行われているという。具体的には、国内を4~6ブロックに分け、地域ごとにGWをずらす案が検討されており、同時に「ハッピーマンデー」も廃止される。

確かにGW期間中は、道路は混むし、電車は混むし、飛行機や宿は料金が高いし、予約も取れない。それゆえ観光庁のアンケートでも、GWの分散化について「賛成」と「どちらかといえば賛成」という意見がほぼ半数に達している。

ところが、このニュースを見たネット住民の反応は全く別なものに。

「他に考えることがあるだろ」
「なにこのド素人の発想ワロタ」
「思いつきでやるな」
「遠くに住む友人とは会うなと」
「帰省しても実家は仕事」

と言いたい放題に言いまくり、

「支社ごとに休みが違うとかwwwww」
「きちんと有休を取れるようにしろ」
「サビ残を根絶しろ」
「取引先が動いてるのに休めるか」

と、会社員と思われるユーザーから現場の声もバンバン登場。さらに

「システム改修ハンパないぞ」
「金融関係はまったく無理なんですけど」
「カレンダー業者は死ねと」

と、特定職種からの否定的意見も上がり、ネット上では施行前から厳しい評価が下された。

なお、政府の調査結果とネットの意見が大きく分かれたこの祝日法改正案。辻本清美議員が座長を務める「休暇分散化ワーキングチーム」は、平成23年度からの施行を目指しているという。
(R25編集部)

一律とした行動を好む傾向が強い日本民族故の不満です。いや、単に現政権のやり方にいちゃもんを付けたいだけです。ネット住民とは然ういう人種です。日々の憂さ晴らしに興じている輩が多いだけに、その面での日本の闇が相当に深そうです。

実際に施行となれば、現存する殆どのあらゆるシステムに対する調整が困難を極めそうです。現行法の改正も必要不可欠となります。官民共に上や下や右や左やの休日調整の為にてんやわんやの修羅場となりそうです。人的資源増加の拠る人件費の高騰も避けられない情勢です。寧ろ、正社員が貧乏に、非正規が激増な気配です。

寧ろ忙しくなっちゃうかも知れません。観光地はウハウハでしょうが、逆に人手不足から起きる混乱が激増しそうな気配です。学校の類も校長を始め、現場に方々の悩みが更に増えそうな感じです。欧米の真似事等しても成果が殆ど無かったにも拘わらず、人気取りの為に余計な事を施行しそうです。

寧ろ、休日の在り方に付いて欧米の真似事をするのなら、現行法の大改正を行い、月単位夏休みを現実の元に施行した方が、副産物としての新しい形の労働の在り方を決定付けられます。国が推し進めている仕事の棲み分けの類も容易に叶います。儲けを其の儘に、人件費も相当に削減可能です。

大昔に国が強制すれば可能だった社会的システム改変です。複雑な事情は有りますが、文句云わぬ社畜を扱き使いたい巨額献金を下さる大企業等の云い成りに従った結果が今の平成大恐慌を生み出したのです。機運の時、国が意を決して施行していたのならば、欧米の様に優雅な労働者に満ち溢れていた事でしょう。失職しても容易に就職出来るシステムだった筈です。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/1515-b1f8a341

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。