まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/06 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • » 2017/08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どーんと、かまえんかい!・・・。

阿久根市議会が流会、市長は今後も欠席示唆
3月4日22時7分配信 読売新聞

 鹿児島県阿久根市議会は4日、竹原信一市長が本会議への出席を終日拒否したため、流会となった。

 市長は報道機関が議場にいることを欠席の理由に挙げ、議場内の撮影禁止を要求。認められない場合は欠席を続ける構えを見せている。

 執行部控室や市長室に閉じこもる市長に対し、浜之上大成議長が地方自治法121条に基づく出席要求書を提出。しかし聞き入れず、議会は会議規則に定める午後4時で流会した。

 その後、市議会は全員協議会を開催。浜之上議長は市長から同日午後、報道機関の議場内撮影禁止を求める要求書を受け取ったことを明らかにした。「一部報道機関が市長の許可を得ずに庁舎内を撮影した。これらの報道機関に議場内での撮影を許可しないよう求める。協力され次第、出席する」と記されていたという。議長は「公開の場である議場の撮影を禁止することはできない」と述べた。

 一方、竹原市長は市総務課を通じ、「出席する準備をしていたが、議会側にその環境を作ってもらえなかったことを残念に思う」とコメントした。

 5日も総括質疑を予定しているが、市長が欠席し、開会できない可能性がある。市議会事務局によると、新年度予算案は今月26日に採決の予定。しかし、市長が出席を拒み続ければ、採決前に必要な総括質疑や特別委員会での審議ができず、予算がゼロになる可能性もあるという。

 市長は、障害者の出生を否定するようなブログ記述が報じられた昨年12月以降、一部の報道機関以外の取材を拒否。1月には、市庁舎内での撮影を原則禁止とする内容の文書を報道各社に送っている。

思った程器量の小さい市長です。日本国憲法の下、嗚呼云った場の大衆への公開原則は当然なのに、堂々と憲法違反を犯しています。尤も裁判の場での公開原則が堂々と憲法違反を犯しているのですから、どっちもどっちと云う締りの無い話となってしまいます。

一部メディアの揚げ足取り報道から不信感を募らせているのは分かりますが、市長と云う偉い立場に有る以上、どんな時でも逃げも隠れも絶対に許されないのです。市民の代表の長である以上、堂々と構えなければならないのです。子供染みたあの言動は、最早長としての資格は喪失寸前です。己を通す覚悟なら、堂々が一番の攻撃法なのです。

ま、抵抗勢力に付け込まれる様な、云ってはならぬ事を主張した非が自分に有った事は咎められないでしょう。ぶっちゃけるにも程が有ると云うものです。日本は協調を主体とする国です。互いを責め合う様な欧米や特定近隣諸国のアレとは全くの真逆です。嗚呼云ったスタイルが格好いいと思っている、気触れてしまった所為か、みっともない言動がちらほら見受ける様になって来ました。実に格好悪い限りです。

あの方から狂ってきたのでしょう。嗚呼云った奴がトップで堂々とあんなスタイルとやってしまったから、オツムの軽い、元々物真似が大好きな民族故に皆さん気触れてしまったのでしょう。無理強いをする輩が急激に増えてしまいました。とは云っても半々に過ぎません。良識さを堅守している国民は、まだまだ存在しているのです。

良識だけではなく理性も当然兼ねていなければなりません。理性は冷静さを含みます。冷静故に物事の理が良く見えるのです。冷静さを欠いた時点で、最早獣のアレと同等なのです。人間が人間である為に、理性が存在しているのです。理性の箍が外れた人間のやる事為す事全てが外道になってしまうのは然ういう事です。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/1518-27d8643c

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。