まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2018/06 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • » 2018/08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


わけわからんまとめになった・・・。

子どもの数29年連続で減少 前年比19万人減の1694万人に
5月4日17時10分配信 オリコン

 5日の「こどもの日」を前に、総務省統計局は4日、15歳未満の子どもの数(4月1日現在)を発表。子どもの数は昨年より19万人減の1694万人となり、29年連続で減少していることがわかった。なお、総人口に占める子どもの割合は前年比0.1ポイント減の13.3%で、同調査が開始された1950年以降で過去最低を記録。また、子どもの割合は1975年から36年連続で低下している。

 男女別にみると男子が868万人、女子が826万人で、男子が女子より42万人多かった。また、都道府県別にみると前年より増加したのは東京都のみで、福岡県は同数、その他の道府県では減少した。

 子どもの割合は1950年には総人口の3分の1を超えていたが、第1次ベビーブーム期(1947~1949年)、第2次ベビーブーム(1971~1974年)に出生児数が微増したものの、1975年からは減少を続けており、1997年以降は65歳以上の人口の割合を下回っている。


子どもの人口、1694万人=29年連続で減少-総務省
5月4日17時6分配信 時事通信

 「こどもの日」に合わせて総務省が4日発表した15歳未満の子どもの推計人口(4月1日現在)は、前年より19万人少ない1694万人で、29年連続の減少となった。比較可能な1950年以降の統計で過去最少を更新。男子は868万人、女子は826万人だった。
 総人口に占める子どもの割合は前年比0.1ポイント減の13.3%で、36年連続の低下。人口4000万人以上の世界各国と比べても、米国(20.0%)、中国(18.5%)、ドイツ(13.6%)などを下回る最低の水準が続いている。


topics46_02a.jpg topics46_03a.jpg topics46_04a.jpg topics46_05a.jpg

少子高齢化は高度文明国の性みたいなものです。文明が栄える程に少子化は促進していくのです。国策云々ではなく、人々の心の有り様なのです。今が最低限満ち足りているからこそ、態々苦労を買ってまで、今の生活水準を壊したくないのです。生活水準の低下を恐れる余りに、これが具現化されたのです。文明人が地球上の生物を捨てた現れです。

何処ぞの下らない煽動に惑わされての少子化も有りましょう。然し、数多く有る結果論の内の一つに過ぎません。結局の処、文明人の生活水準の低下を忌避したいが為の行動なのです。貧富差が割合無かった時代でも、少子化が促進していた事実から、文明が栄える程に自我が本能を上回っていったのです。自分至上主義に凝り固まっていくのです。自分が可愛い、可愛いからこそ「種の保存」の本能を犠牲にしていくのです。

文明国の対極はどう云う単語が相応しいのでしょうか。非文明国だと何となく可笑しな意味合いになります。かと云って文明国も可笑しな意味合いになってしまい、どうやら間違った単語を使用してしまった様です。そうですね・・・文明国は先進国に、対極の方は後進国で良さ気な感じです。だが、それでも正確では有りません。何故なら、今でも後進国の一つである中共国が可笑しな立場になってしまうからです。中華文明の一骨幹である文明国なのにです。

これはどうやらドツボに嵌ったようです。もう少し頭を鍛錬しなければなりません。ま、細かい事はさておき、本題に戻しますと、少子化の流れを止めるには、色々な策謀を巡らさなければなりません。心の奥底に閉じ込めた「種の保存」の本能を目覚めさせる為の術です。最適なのは人々の危機感を煽る様な術です。危機感と云っても生半可なものでは無く、一個人の生存に拘わる様なものです。本能を無理矢理起こさせるのです。

最貧国に子沢山なのは理由が有るのです。自分が生き残る為に子供が沢山必要なのです。沢山居る子供の内一人でも成功者が出れば、それだけで人生が大きく豊かなものになるのです。その将来設計図が有るからこそ、営みに精が出るのです。尤も娯楽がそれだけしかないと云う意見も有りますが、生きる術を望むが故の結果論です。人間は生存の危機に出会しますと何故か獣に近くなります。結局、人間も地球上の生物の一個体なのです。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/1547-ae84dc81

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。