まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/06 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • » 2017/08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


きょくろんはいちゃもんそのもの・・・。

生活保護受給者に自家用車を」 日弁連意見書に批判、疑問相次ぐ
5月20日20時12分配信 J-CASTニュース

 生活保護受給者の自家用車保有を生活必需品として認めるよう厚労省に求める日弁連の意見書に、批判や疑問が相次いでいる。何かと不便な地方では買い物などにも必要というのだが、自転車やバイクじゃダメなのか、などと反発が強いのだ。

 現在の生活保護制度では、原則として受給者が自家用車を持つことはできない。持てるのは、公共交通機関が少ない地域に住む障害者らが通勤や通院で使う場合などに限られている。

■「交通不便な地方では、買い物などにも必要」

 ところが、日弁連は2010年5月14日、車は8割の世帯に普及するなど生活必需品となっているとして、冷蔵庫やテレビ、エアコンなどと同様に保有を認めるよう求める意見書を厚労省に提出した。

 それによると、特に地方では、公共交通機関が不採算を理由に年々縮小しており、車がないと通勤が困難で、就職活動にも不利になっている。また、郊外型店舗が増えて、従来の商店街がシャッター通り化しており、生活費を節約するためにも、郊外の店で食料品や日用品を買わなければならないという。さらに、都市部でも、中心部でなければ、電車やバスの本数も少ないなどとした。

 意見書では、こうしたことは、受給者の最低生活保障や自立助長に結びついておらず、「生存権保障に欠ける」と指摘。生活保護法の目的に反するばかりでなく、「不当に移動の自由を制限する」と主張している。

 もっとも、高価な車を認めているわけではなく、処分価値が小さい車ならいいという。具体的には、岐阜県のように、最低生活費の6か月分がいいのではないか、と提言した。例えば、生活保護受給者が多い大阪市なら、1か月の最低生活費が約12万円となるので、車の購入にかけていい額は、単身者で約72万円の計算になるというのだ。

 また、意見書では、車の維持費について保護費をやりくりするのは受給者の自由だとし、任意保険料については、年金や児童扶養手当などの収入から必要経費として控除することを求めている。

■自転車やバイクじゃダメなのか

 日弁連の意見書については、ネット上では、賛同する声はほとんどなく、批判や疑問の声が強い。

 ミクシィの日記では、ある東京都内の路線バス運転士男性が2010年5月19日、「車はぜいたく品です」とのタイトルで意見書を批判した。男性は、「年間の維持費を考えて下さいよ。燃料・保険・車検・駐車場・税金で軽自動車でも年間数十万に上ります」と指摘した。月12万円ではそれらを払わなくなるのではないか、行政がすべて免除することになるのか、という疑問らしい。そして、障害者でもないなら、「徒歩・自転車・公共交通機関で十分でしょ?」と書き込んだ。

 この指摘は共感を集め、「個人的には、生活保護受給者が髪の毛を染める程度のおしゃれ(?)をするのにも反対です」「うちはお金なくて車検取るのやめたのに!今は専ら250のバイクです!」といったコメントが寄せられている。

 ミクシィや2ちゃんねるの書き込みを見ると、意見書には様々な異論が続出している。

 働いても車を買えない人への逆差別だ、運転できない地方の高齢者が困っているのに受給者だけずるい、といったものから、自転車やバイクではダメなのか、行政のレンタル車ならいい、受給者は都会に引っ越すべき、運転できるならタクシー会社で仕事しろ、などまで様々だ。

 こうした意見に対し、日弁連の人権第一課では、「いろんなご意見があることは理解していますが、特に反論はありませんし、それによって意見書を撤回することもないです。生活保護に詳しい弁護士が何年も研究してまとめたもので、私どもの意見としてご理解していただければ」と言う。

 厚労省の保護課では、意見書の提出を受けたものの、具体的にどうするかはまだ決めていないとしている。

車では無く、自転車やバイクで事足りるだろ、と訝る向きも有ります。ええ確かにそうですが、それが可能なのは鄙びた処以外です。都会と称されている以外には当て嵌まらないのです。鄙びた処であっても、結構賑やかな処に御住まいなら何も文句は云えません。問題はそれ以外なのです。

日用品、食品などの生活必需品を購入したい時に困るのです。医療機関に掛かる時も然りです。役所や郵便局等に用事の時も同じです。何れも片道5㎞以上となったのならば、歩くのも困難でしょうし、自転車も容易ではありません。運転免許を持っていない方なら猶更と云えます。嗚呼云った不便極まりない処は大概公共機関が壊滅状態です。

車云々で問題視される位ですから、原付の類は当然な事です。バイク云々です。一寸冷静に考えてみましょう、自転車に乗れない人の存在、バイクにも乗れない人の存在を忘れています。自動車の運転は出来るけど、バイクの運転操作が出来ない人も居るのです。当然流れで自転車を操る事も出来ません。日弁連の言葉足らずが議論を招いた感も有ります。

ネット上で日々憂さ晴らしに興じる輩の意見を抜きにしても、ネット巷の意見は辛辣なものです。自分よがりの意見も結構沢山です。大半が弱者の窮状を知らぬ人が云っている事なのですから、主張乖離は致仕方が無いのかも知れません。只、現物支給の類は可笑しいと云う点に、冷静さを欠いている感がします。

行政サービスが豊かであれば、こんな問題等生じません。国及び地方自治体にお金が無いから、福祉分野に歪みが生じているのです。巨額赤字で大きな政府が機能不全を引き起こしている故に、あの方や平蔵等々が引き起こした小さな政府運動の成果もあってか、修復不可能なまでに落魄れていきました。一旦根本からガラガラポンし、再構築を講じない限り、民意乖離が甚だしい儘になります。先ずはどんな国を目指したいのか、目標をハッキリさせるべきです。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/1554-e3948fe8

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。