まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/08 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • » 2017/10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おさまんなければ、ガラガラポン・・・。

参院選 7月11日固まる 郵政法案、今国会成立見送りへ
6月10日23時5分配信 毎日新聞

 政府・民主党は10日開いた与野党国対委員長会談で、通常国会の会期を(1)1日延長し16、17日に衆参予算委員会を開く(2)会期末の16日に党首討論を行い会期は延長しない--の2案を提案した。これにより、参院選の投開票日は7月11日になることが固まった。国民新党が求める郵政改革法案の今国会成立は見送りとなるが、同党は「連立離脱」をちらつかせて今国会の成立を迫っており、同党の対応が注目される。

 民主、国民新両党は10日夕、幹事長、国対委員長会談を開き、民主党の枝野幸男幹事長は「郵政改革法案は会期延長しても成立は困難だ。参院選後に成立させる方が実現性が高い」と述べ、郵政改革法案の審議を参院選後の臨時国会に持ち越す考えを示した。

 その約1時間後、東京都内で開かれた改選期の民主党参院議員のパーティー。輿石東参院議員会長は「7月11日になるであろう参院選に向けてもう30日だ。時間との闘いだ」とあいさつし、げきを飛ばした。党幹部は「民主党はもう変更はない。後は国民新党がどう判断するかだ」と語った。

 民主党が強気なのは、菅内閣誕生で、鳩山前政権時代とは状況が一変したからだ。鳩山前政権は、政権末期の社民党の連立離脱が大きなダメージとなって首相退陣に至った。国民新党が「連立離脱」カードに期待をかけたのもそのためだ。しかし、わずか1週間で状況は変化していた。

 最大の要因は内閣支持率の回復だ。民主党にとって、国民新党が持つ組織票「郵政票」は大きな魅力だったが、支持率回復でその重みは相対的に下がった。社民党の連立離脱に危機感を強め、「鳩山降ろし」に走った参院側は今回は早期参院選を求める原動力になっている。民主党参院幹部は「9日に(国民新党の支持団体の)全国郵便局長会(全特)の幹部に会い『臨時国会で必ず郵政改革法案を成立させる』と説明した。これで全特は民主党を支援する」と明かした。

 政権の構造も前政権から変化した。鳩山由紀夫前首相は、連立重視の小沢一郎前幹事長の意向を無視できず、郵政改革法案の成立を目指してきた。だが、菅直人首相が「強い経済」とともに「強い財政」を標ぼうするのに対し、国民新党亀井静香代表は積極財政論者。首相周辺からは「嫌なら、(国民新党は)出ていけばいい」と突き放す声も聞こえる。

 菅氏と亀井氏は昨年12月、09年度2次補正予算の規模を巡って対立した。菅氏は財政規律の観点から1次補正の執行凍結分(2.7兆円)で収める意向だったが、亀井氏が大規模な財政出動を主張し7.2兆円まで増額。最終局面では、連立与党の党首級による基本政策閣僚委員会で、20分間も口論する一幕もあった。

 今年3月には郵政改革案を巡り、亀井氏がゆうちょ銀行の預け入れ限度額の引き上げを首相の了解なく発表。仙谷由人氏が「国民的な議論が尽くされていない」などとかみついた。ゆうちょ銀行などの消費税減免の方針に対しても、菅氏が「聞いていない」と反発し、激論となっており、菅・仙谷ラインと亀井氏との政策対立は根深い。

 首相は10日、枝野氏らを首相官邸に呼び直接指揮。同日昼には樽床伸二国対委員長に「きょう一日努力してほしい」と同日中の決着を指示した。民主党の中堅参院議員は「『脱小沢』が評価されたのは首相のリーダーシップ。今回も早期に決着させれば支持率はまた上がる」と指摘した。【大場伸也、横田愛】

静香の党の正念場です。離脱すれば、念願の郵政改革法案が永久に頓挫します。今は我慢してでも、将来に数の力で成立させる方が賢明です。一旦離脱すれば、何処が政権を取っても、それの与党側になれる保障がもう有りません。其処を鑑みれば、気の長い静香の事ですから、取り敢えずの妥協で腹を収める事でしょう。

意図的な嫌いが有る高支持率の下で、果たして日本の有権者は其の儘の勢いで票を民主党に投じる様な事が有るのでしょうか。お馬鹿の割合が高ければ、其の儘でしょう。反対に賢いの割合が高ければ、思わぬ低い状況と相成ります。但し共に比較的高投票率で有った場合です。比較的・圧倒的低投票率であった場合は、全く違う状況になります。

何処がやっても同じだと、日本の有権者が諦めてしまった場合、必ず低投票率になります。この場合は組織票の積み上げ選挙になります。現有議席数が多い党程、優位性が極端に高まります。第三極を目指している少数党にはかなり厳しい戦いになります。今勢いが有るみんなの党も煽りを喰らってしまう可能性が大です。ま、それでも倍増は確実な感じですが。

故に増長している与党側に冷や水を浴びせかける必要が有ります。堂々と衆院選政権公約破りをするとは何ぞやを示す必要が有ります。一般庶民にとっては、その先、財源がどうなろうが、知ったこっちゃあ無いのです。速やかに完全実行せいやと云う証しを示さなければならないのです。参院選政権公約は衆院選のを後退踏襲していますが、大増税の兆しを彼方此方に鏤めています。勝たせてしまえば、衆院選のは反故にされ、参院選で我々に大負担を課せられます。それは間違い有りません。

かと云って、凋落著しい自由民主党は、黙っていても勝てると思い込んでいる所為か、参院選政権公約に消費税率10%以上を科す旨が記載されています。これも勝たせてしまうと、政権を三度取った時に度偉い大増税ラッシュが襲い掛かります。日本の二大政党時代は、最早、機能不全に陥っている寸前に有ります。そうそう、最も恐ろしい未来は、二大政党同士の大連立です。圧政処で済まない悲惨な事になります。北鮮や中共のアレよりも一般庶民にはきつい生活の日々が待ち受けています。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/1563-8b4d7de7

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。