まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/06 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • » 2017/08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


まぎらわしいはまちがいないがな・・・。

鳩山氏「裸踊り」発言 その真相は動画にあった
6月16日19時22分配信 J-CASTニュース

 鳩山由紀夫前首相が、辞任以来久しぶりにツイッターを更新した。そこでいきなり飛び出したフレーズが「私に『裸踊り』をさせて下さったみなさん、有り難うございました」というもので、その意味を巡って憶測も飛び交った。「裸踊り」とは、今ネットで話題の動画だったことが判明したものの、あまりにも唐突な表現に、ネット上には騒ぎが広がった。

 鳩山氏は内閣が総辞職した2010年6月4日以降、ツイッターの書き込みをやめていたが、6月15日18時46分、11日ぶりの書き込みを行った。

■ネット上で「いたずら」?「なりすまし」?

 内容はこうだ。

  「『新しい公共』が一人歩きを始めました。こんなに嬉しいことはありません。私に『裸踊り』をさせて下さったみなさん、有り難うございました。その私に続いて『裸踊り』をしようと立ち上がって下さったみなさん、有り難う。この伝播力が必ず社会を大きく動かすでしょう」

 「新しい公共」とは、鳩山氏が09年10月の所信表明演説や10年1月の施政方針演説で言及した考え方で、「官だけでなく、国民全体で公共を担う」ことを目指すもの。鳩山内閣が総辞職した6月4日には、閣議の直前の午前8時30分に「『新しい公共』円卓会議」の最後の会合が招集され「『新しい公共』宣言」をとりまとめるなど、鳩山前首相にとって思い入れの深いプロジェクトでもある。

 だが、「新しい公共」と「裸踊り」がどう関係あるのかは不明だと受け止められ、翌6月16日の朝刊には、

  「ネット上で『いたずら?』『なりすましじゃないか』などと疑念の声が広がった」(産経新聞)
  「ツイッター登録者らが『なりすましではないか』と疑問を寄せる騒ぎになった」(読売新聞)
  「真意をめぐり憶測を呼んでいる」(毎日新聞)

といった記事が並んだ。

 だが、「新しい公共」と「裸踊り」とは、きちんとした関係があった。

 例えば、「円卓会議」に、作業チームの一員として参加していたNPO法人「フローレンス」の駒崎弘樹代表理事は、鳩山氏の書き込みの約40分後の19時31分に、

  「【RT願】鳩山元総理の呟かれた『裸踊り』とは、今ネットで話題のこの感動的な動画のことです」

と、動画のURLを添えて書き込み、多くの利用者にリツイート(引用)された。

 動画は、2010年2月に「TED2010」と呼ばれる講演会イベントで、起業家のデレク・シヴァーズ氏が「社会運動はどうやって起こすか」と題して行った講演で紹介したもの。屋外で、ひとりのリーダーが上半身裸で踊り出したのを他の人がまねて踊り、踊る人が次々に増えていく様子を表している。

■「鳩山さんの無垢な呟き。やれやれ」

 鳩山氏は、首相辞任後の6月13日に開かれた「あたらしい『新しい公共』円卓会議 設立準備ミーティング」で、この「裸踊り動画」を見ており、

  「新しい公共、実は私が『裸で最初に踊った』と言われていますけれども、そういっていただければ大変嬉しい。だが、自分自身が踊ったというよりも、チームの中で松井君(松井孝治・前官房副長官)やスズカンさん(鈴木寛・文部科学副大臣)がその発想を蓄えていて、(その上で)踊らせてもらった。気持ちよく踊らせてもらいましたよ」

と、感慨深げだった。

 だが、鳩山氏のツイッターの書き込みの内容だけでは、「裸踊り」の真意が伝わるはずもなかった。松井氏も、前出の駒崎氏の書き込みをリツイートしたひとりだが、6月16日1時6分には

  「鳩山さんの無垢な呟き。やれやれと思う一方、こういうところ鳩山さんの魅力」

と、苦しげなフォローをしている。

 なお、鳩山氏も、夜が明けた9時12分になって、新たな書き込みをしており、

  「『裸踊り』 答えはこの動画にあります」

と、動画のURLを紹介。様々に飛び交った憶測に対する「答え合わせ」をしてみせた。その上で、

  「官だけでなく国民全体が公共を担う『新しい公共』の理念。私はその理念と共に、動画の中の青年のように、踊り続けていきたいと思います」

と真意を綴った。

ふむ、これならば、辻褄が合います。要するに社会運動の興し方を裸踊りを以て体現した旨を絡めて、意味深に呟いただけです。謎掛け問答の如く、色々と考えさせるのが目的だったようです。或る意味、知的な遊びと云えましょう。ま、一部のルーピーさんに嫌悪感を抱いている輩を中心に、未だ罵詈雑言、いや寧ろ怒りに火が付いて、罵詈雑言の度合いが益々盛んになってしまった感じです。

謎の裸踊りで、我々もついつい踊ろされてしまいました。正に一本取られました。嗚呼云った呟きの使い方も勉強になります。尤も自分は呟きなるものは流行り廃りの類と思っていますから、今後も利用はしませんでしょうが。兎角、嗚呼云ったウィットが出来るのなら、宰相の座に有った時代に、何故大いに然ういう才能を発揮しなかったのでしょうか、実に残念な事です。

いや、実際そうやっていました。余りに高等過ぎて、理解出来る人が少なかっただけです。そう思い、過去の発言の数々を検討してみれば、成る程と云う部分が案外有ります。此処で具体例を挙げても、時既の遅しで、ずらずらと書き連ねても無意味な作業です。只、それら全てに共通するは、言葉足らずが祟って誤解されてしまった感が多過ぎると云う事です。

理系脳の成せる業なのかも知れません。本人が理知的な事を発しても、大多数には理知的と受け止められない面がどうしても出て来ます。大多数の殆どは文系脳の所持者です。理系脳の云わんとする事が、文系脳に理解出来ない面が多々生じるのは仕方の無い事です。いや、理系脳の所持者であっても理解出来ないかも知れません。逆に文系脳同士は通じ合うのは当然です。

この事は社会に通じます。理系脳所持者が中々偉くなれないのは先程の欠陥故です。簡単に話が通じないのですから、自然と邪険にされがちです。然し乍ら、文系脳所持者が優れているのかと云うと、それも疑問です。貴方方の体験から、理知的レベルに一寸難が、と云う人が多過ぎるのを感じている筈です。そう、想像力が皆無な為に、単純で物事を考えていない人が多過ぎるのです。過去のルーピーさんを取り巻くメディアが、然ういった思考所持者が大半であったのならば、奴等の所為で国民が踊ろされたとなります。

追伸:そうそう、裸踊りで社会運動の興し方を語る動画先を此処にリンクしておきます。興味のある方はどうぞ。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/1566-39ea577f

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。