まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/08 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • » 2017/10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


かおにでてるじゃん・・・。

民主44、自民51、みんな10=公・共・社は改選下回る―参院選
7月12日7時48分配信 時事通信

 11日に投開票された第22回参院選は12日未明、選挙区73、比例代表48の改選121議席が確定した。民主党は選挙区28、比例16の44議席で、改選54議席から大幅に後退した。国民新党は議席を得られず、与党系は非改選を含めて110議席と、過半数の122議席を大きく割り込んだ。一方、自民党は選挙区39、比例12の計51議席を得て、2001年以来9年ぶりに改選第1党となった。
 初めて候補者を擁立したみんなの党は10議席に躍進。公明党は改選から2議席減らしての9議席。共産、社民両党とも1議席を失い、それぞれ3議席と2議席だった。たちあがれ日本と新党改革は比例で各1議席を獲得した。
 焦点となった全国29の1人区で民主党は8議席にとどまり、自民党の21議席に大きく水をあけられた。12ある2人区はすべて同党と議席を分け合った。3人区の愛知と5人区の東京でそれぞれ2議席、残る四つの3人区では1議席を獲得。比例は前回07年の20議席から4減らした。
 自民党は1人区での圧勝に加え、18ある改選数2~5の複数区すべてで1議席を確保した。比例は伸び悩み、前回を2議席下回った。
 みんなの党は、東京、千葉、神奈川で計3議席を獲得し、比例では民主、自民に次ぐ7議席を得た。公明党は、候補者を立てた埼玉、東京、大阪で議席を維持したが、比例は前回に続き1議席減らし、6議席だった。
 共産、社民両党は今回も選挙区では議席に手が届かず、比例のみにとどまった。改選5議席の新党改革、同1議席のたちあがれ日本は比例でそれぞれ1議席を獲得した。

今回の参院選は民主党の大敗と謳っているメディアが大半です。一方、自由民主党やみんなの党は躍進と宣っています。ま、大雑把で見れば、正しいのですが、事細かく分析すると、何となく違和感が生じるのです。その違和感とは何ぞやです。

不思議な事に比例区では民主党は勝利しています。片や自由民主党は敗北です。選挙区を合わせた全体に照らし合わせると見事に逆転しているのです。未だに有権者の大半が自由民主党を嫌悪している事が良く分かります。自由民主党が嫌ならば、取り敢えずはみんなの党にでも入れておけと云う行動が躍進に繋がった様です。

みんなの党の御所望通り以上の議席を得られました。一議席余計に得られたのが大収穫です。それに水を差す様で烏滸がましいのですが、敢えてみんなの党の本当の顔を明らかにします。アジェンダなる表現でマニフェストを出しています。中味は相当立派な事がずらずらと書かれています。それでも、聡い貴方なら一発で察する事が出来ましょう。ええ格好しいの裏の顔が見事に露わに現れています。

小さな政府そのものを目指す方針が彼方此方に鏤められているのです。勿論、道州制導入に意欲的です。国粋めいた言動も良くやります。ここまで語れば、喜美がどう云う人物か分ってきたと思われます。見映えこそ違いますが、あの方や平蔵等の新自由主義信奉者と同じ穴の狢なのです。

小さな政府は、お金持ちが実権を握り、大衆を生かさず殺さずの惨めな世界を具現化するものです。階級社会の成れの果てと云っても過言有りません。印度で云うカースト制度をこの国で実現させる事なのです。貧富差が一層際立った世界なのです。我々しがない大衆は乞食層に堕とされ、尚且つ国民の権利と義務を全て喪失させられます。少数の富める者が各々のレベルに合わせて裕福層を築き、権利と義務を全て有します。そんな世界なのです。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/1576-dd1cede6

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。