まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/08 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • » 2017/10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おおきいほどていじゅみょう?・・・。

観測史上最大の大質量星を発見
7月22日(木) ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト

 観測史上最大の質量を持つ巨大な恒星が発見されたという研究が7月21日に発表された。質量が太陽の265倍というこのとてつもない巨大恒星は、それでも誕生時からは“減量”していると考えられ、かつては質量が太陽の320倍であった可能性が高いという。

 長年の定説では、恒星は一定の質量を超えると不安定になり存在できなくなると考えられていたが、この巨大恒星の発見で恒星物理学の法則が書き換えられるかもしれない。

 イギリスにあるシェフィールド大学の天文学者で研究の共著者リチャード・パーカー氏は次のように話す。「本当に驚きだ。これまでの天文学界の常識では、恒星の質量の上限は太陽の150倍前後までとされていた。だが今回の発見により、星団や銀河での恒星の誕生と死についての定説が一新されるかもしれない」。

 パーカー氏の研究チームは、チリにあるヨーロッパ南天天文台(ESO)の超大型望遠鏡VLTが撮影した画像の中からこの巨大恒星を発見した。天の川銀河の伴銀河の1つである大マゼラン雲で、高温の若い大質量星の密集する星団の内部にその姿が確認された。

 この記録破りの恒星R136a1は、質量があまりにも巨大なため、他の恒星では確認されたことがないような高速で水素を燃焼している。この燃焼速度の速さから、誕生後100万年程度にもかかわらず既に“中年”の恒星と考えられる。これに対して太陽は、誕生してから約50億年が経過しているが、残りの寿命もまだ約50億年ある。

「ガスが集まってこれだけの巨大恒星を形成する場所は宇宙でも非常に限られているので、この巨大恒星の大きさは恒星の成長の限界といえるだろう」とパーカー氏は推測する。

 今回の発見はまた、“対不安定型超新星爆発”と呼ばれる大爆発現象の新たな証拠となるかもしれないと同氏は付け加える。

 一般に、最大級の大質量星が大爆発を起こして生命を終える際には、恒星の外側の層がまき散らされ、高密度の核が中性子星やブラックホールとして残ると考えられている。

「しかし、今回発見された巨大恒星は、そのあまりの大きさから大爆発で自分自身を完全に吹き飛ばしてしまい、残骸を一切残さないかもしれない(それが対不安定型超新星爆発の証拠となる)。この星を発見できたのは幸運だ」とパーカー氏は語る。

 この研究は、「Monthly Notices of the Royal Astronomical Society」誌2010年7月号に掲載されている。

Andrew Fazekas for National Geographic News

今回発見された観測史上最大の質量を持つ恒星R136a1(最奥)と、その他のタイプの若い恒星を比較したイラスト

近未来に超新星爆発するであろうあのベテルギウスでさえ太陽質量の20倍程度に過ぎません。云っておきますが、恒星の質量が320倍なだけで、大きさは、巨星と雖も、差程でもないのです。超巨星、極超巨星と称されている恒星の方がずっと遥かに大きいのです。

然し乍ら、この恒星も寿命が尽き始める辺りで極超巨星に変貌します。恐らく太陽直径の1000倍を遥かに超す物と思われます。安定していれば、必ずそうなる筈です。只、引用記事にも有る通り、質量が大き過ぎて、不安定なのです。不安定と云う事は、何処かで変な変貌を遂げる可能性が有りうるのです。

重力が半端無く大きいからです。重力が大きいと云う事は、圧力も大きいのです。強大過ぎる圧力の為に、着火点温度が低く設定されるのです。核融合で安定した鉄に至る前に、珪素、酸素を形成仕始めた辺りで重力崩壊を引き起こしてしまうのです。故に燃え尽くされてしまう訳です。

ざっと簡単に大雑把で語ってみました。細かい処に可笑しな点が多々有りますが、一般的にはそんな具合で通じる筈です。もっと簡単明瞭に云えば、燃えない物質に変えられる前に、星内部に蓄積していた爆発物が着火されて、全てが吹き飛ぶ大爆発が対不安定型超新星爆発です。

超新星爆発なる表現も、理系に堪能でない一般には馴染めない物と思われます。星の寿命の終わりなのに新星とは何ぞやです。普通は新星とは新しい星を意味し、生まれた物と思う筈です。ま、異国の単語を日本語に訳した人が直訳に準じた為の結果で、一般に認知されてしまったが故です。突如、新しく出来たかの様に、星が出現したと云う意味合いで新星なのだと思えばいいのでしょう。でも、それでも混乱はしますが・・・。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/1580-9a227496

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。