まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/10 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • » 2017/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


きのながいかぞくやね・・・。

「111歳」は30年前死亡?自宅に白骨遺体
7月29日14時30分配信 読売新聞

 今年7月22日に111歳を迎え、男性では東京都の最高齢者とされていた足立区千住5の無職加藤宗現さんが今月28日、自宅で白骨遺体で発見され、警視庁千住署が保護責任者遺棄致死容疑で捜索していたことが、捜査関係者への取材でわかった。

 遺体は死後数十年が経過しているとみられる。家族は同署に対し、「三十数年前、自分から『即身成仏したい』と1階の部屋に閉じこもり、そのままになっていた」と説明しているという。加藤さんは死亡した妻の遺族共済年金も受給し続けており、同署は、同居していた長女(81)や孫ら家族4人から詳しい事情を聞いている。

 同庁幹部や同区などによると、今年2月頃、加藤さんを担当する民生委員から区に、「本人に面会できない」と相談があり、区の最高年齢者にもあたるため担当者らが今年6~7月、加藤さん宅を複数回訪ねた。しかし、家族から、「本人は2階にいる。誰にも会いたくないと言っている」などとして面会を拒否された。

 区から相談を受けた同署が捜査したところ、家族の1人が知人に「実は即身仏になっている。家族みんな知っている」などと話していたことが判明。同署は今月28日自宅を捜索し、1階で白骨化した加藤さんを発見した。肌着姿で、ベッドにあおむけで横たわった状態だった。同署に対し、家族は「本人は自分で部屋に閉じこもり、水も食事も取らなかった。厳しい人だったので、家族は誰も部屋に入れなかった」などと説明しているという。同署は加藤さんが1980年頃に死亡し、そのまま放置されていたとみている。

 加藤さんの妻(2004年8月に死亡)は元教師で、加藤さん名義の銀行口座には今年6月までにかけて妻の遺族共済年金計約940万円が振り込まれ、うち約270万円が引き出されていたことが確認されたという。年金が申請された当時、加藤さんは既に死亡していたとみられ、同署は、年金を不正受給していた疑いもあるとみて捜査している。

 足立区は、定期的に東京都を通じて厚生労働省に最高齢者を報告しており、加藤さんは、同区で最高齢とされていた。しかし、近年は、住民票で確認した名前と生年月日を伝えただけで、08年と09年には健康高齢者の表彰のお祝いの商品券も書留で送っていたという。同区は、「最後に生存が確認できたのがいつかは分からない」としている。

 加藤さん宅は、JR北千住駅から北に約800メートルの住宅街にある。古くからある住宅も多いが、近所の80歳代の女性は、「加藤さんの姿は長年、見なかった。家族は『元気にしている』と言っていたが、あまりにも見かけないため、近所では不思議がられていた」と話していた。

 ◆国内最高齢は113歳◆

 厚生労働省によると、国内の最高齢は現在、佐賀県在住の長谷川チヨノさんで113歳。男性の最高齢は、京都府京丹後市の木村次郎右衛門さんで同じ113歳だが、長谷川さんより生まれが5か月遅い。

 厚労省では毎年、100歳以上の高齢者の人数などを公表している。2005年までは、高齢者上位100位までの名簿も公表していたが、実際に所在が確認されていない女性についても匿名で名簿に掲載されていたことなどが問題となり、翌年から名簿の公表はなくなった。


<ミイラ化遺体>49歳孫が虚偽説明し面会拒否 東京・足立
7月29日23時7分配信 毎日新聞

 111歳で東京都の男性最高齢者とされていた加藤宗現さんとみられるミイラ化遺体が足立区千住5の自宅で見つかった事件で、民生委員の女性(73)が2月に訪問した際、孫の男性(49)が虚偽の説明をして面会を拒否していたことが警視庁千住署の調べで分かった。「祖父は5年前から岐阜の施設に預けている」という孫の説明を不審に思った女性が区に通報し、事件の発覚につながったという。

 女性はシルバーパスを配るため92年から年1回程度、加藤さん方を訪問。その度に長女(81)が「父は体調不良で休んでいる」などと面会を拒否した。女性は、加藤さんが生活保護受給者ではなく独居老人でもないことなどから積極的な調査はしなかったという。

 疑念を感じたのは今年1月下旬。区役所での住民の意見交換会で加藤さんの話題になり、参加者が「ここ数十年、誰も見ていない」と口をそろえた。

 これをきっかけに女性が2月4日に加藤さんの孫の男性に安否をただすと、孫は「5年ほど前から面倒を見きれなくなり、岐阜の方の施設に預けている」と説明したという。

 女性から連絡を受けた区は同日、住民基本台帳法に基づく調査の開始を決定。間もなく訪問した職員に、長女は「本人が会いたくないと言っている」と話したが、6月には「父の弟がいる岐阜で暮らしながら近くの寺で説法をしている」などと説明が変遷。区が寺に照会し、事実でないことが判明した。

 それまで区は、最高齢者として氏名を公表する可否を聞くため08年8月と09年8月の2回、加藤さん方を訪問していたが、親族は公表を拒否したという。

 一方、加藤さんとみられる遺体は1階6畳間で、下着姿でマットにあおむけになっていた。司法解剖で死因や死亡時期は特定できなかったが近くの将棋盤の上に78年11月5日の新聞朝刊と同9日付の足立区広報が置かれており、千住署はこの時期に死亡したとみている。

 現場はJR北千住駅の北約800メートルの住宅街。近くの男性(72)は「(加藤さん方に)最高齢の人がいるなんて聞いたことがない」と驚いた表情。別の女性(78)は「おばあちゃんは知っているけど、おじいさんがいたことすら知らなかった。気味が悪い」と話した。【山本太一、内橋寿明、伊澤拓也】

ま、明らかに家族ぐるみで年金を不正受給したのでしょう。黙っていてもお金が貰えるのなら、身内の尊厳をも無視しちゃう鬼畜なのでしょう。ん?既に他界した奥さんは、夫が既に死んでいた事を知っていた筈です。その奥さんも家族と一緒に年金不正受給していた事になります。其の癖、奥さんには葬式を出してもらって、旦那は放置プレイと云う近年稀に見る素晴しい家族愛です。

若しかして、其れ程鬼畜ではないとは雖も、嗚呼云った似た様なケースが全国津々浦々に存在しそうです。お金の為なら、死んだ身内をも生かすと云う事です。翼々考えてみれば、敬老の日のイベント等に参加しない、絶対拒否している高齢者が矢鱈と多い現実に、幾許かの疑わしさが臭わせています。

案外多いのかも知れません。一度大々的に該当者等の身辺を洗った方がいいかも知れません。何も出ないに越した事は有りませんが、一件や二件位は必ず出てきそうです。増して十何件、数十件、何百件となれば、日本は終わりでしょう。お金の為なら、身内をも犠牲にすると云う素晴しい徳性の極貧福祉大国万々歳です。

人間である以上、欲に囚われるのは宿命みたいなものです。逃れられない業の様なものです。宿業も影響していましょう。人間であるが故に、生まれ乍らにして鬼畜に駆り立てられる遺伝子が有しているだけに厄介です。この世に、生まれ乍らにして聖人は存在しないのです。悪に駆られる時が必ず出るものなのです。

悪に走るのは、己の身勝手から起因しています。自分中心に世界が廻っていると思い込んだ時です。どんなに様々な曲折があろうが、必ず一点に集約します。自我の為し得る業です。人間として生まれてきた以上、悪に染まるのは必然なのです。その欲求に耐えるのは、己の理性のみです。理性無きは獣如くです。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/1582-e140d32b

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。