まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/10 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • » 2017/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ほとんどのがいちゅうも・・・。

殺虫剤効かない「スーパーゴキブリ」 世代交代で次第に「耐性」強化
8月7日18時12分配信 J-CASTニュース

 従来の殺虫剤が効かない「スーパーゴキブリ」が出現した。世代交代を重ねるうちに薬剤に対する耐性を身につけたらしい。毒エサタイプも効かないことがあるという。

 2010年春、ライオンがくん煙タイプの殺虫剤、「バルサン」の新商品を発売した。

■耐性を獲得しやすいのはチャバネゴキブリ

 「バルサン プロEX」という商品で、「バルサン史上最強の効き目」が謳い文句。ライオン広報室によると、この30年ほど殺虫剤の効かない「薬剤抵抗性ゴキブリ」が都市部を中心に増加傾向にあるという。このバルサンプロEXは、薬剤抵抗性ゴキブリを想定して開発され、新成分を使用している。売れ行きも好調だ。

 ネット上には、ゴキブリに殺虫剤が効かないという「証言」がたくさん挙がっている。ミクシィの「ゴキブリ撲滅!」コミュニティにも、「ゴキブリ出た。2か月前にくん煙剤焚いたのに…」「殺虫スプレー使ったけど効かない様子」といった書き込みが見られる。

 横浜市衛生研究所によると、日本国内で普段よく見かけるゴキブリには、3センチ程度のクロゴキブリと1.5センチ程度のチャバネゴキブリがおり、薬剤耐性をもちやすいのはチャバネゴキブリ。同じ薬剤を使われているうちに、その薬剤に強い個体が生き残る。そうした個体同士が子孫を残すと、次第に薬に強くなっていく、という仕組みだ。

 チャバネゴキブリは生後2か月ほどで親になり、1年に3~4世代交代する。2~3か月程度の寿命の中で、メスは約50個卵の入った卵醤(らんしょう)を4~5回生む。

■ゴキブリは毒エサの危険性も「学習」

 駆除業者の中には、こうしたゴキブリを「スーパーゴキブリ」と呼ぶ人もいる。

 都内の駆除業者「アルバトロス」の担当者は、「色んな薬剤で殺そうとするため、この5~6年、スーパーゴキブリが増えてきた」と明かす。

 殺虫剤だけでなく、近年主流になっている毒エサタイプの「ベイト剤」も効きにくくなっている。ゴキブリは0.5ミリの隙間があれば十分で、電気スイッチや電話の受話器の中にも入り込むことができる。そのため、中途半端に「見える所」だけにベイト剤を使っても、死んだ仲間から出た「フェロモン」で、ゴキブリが危険を「学習」してしまうのだという。

  「ゴキブリも賢いのです。弊社では壁の隙間などにも徹底的にベイト剤を打つことで、ゴキブリが『口コミ』を広げて警戒し始める前に、一気に殺すようにしています。ベイト剤の種類も、1種類ではなく数種類使い分けてなんとか食べさせるようにしています。何十年も前、スリッパで叩き殺していた時代には、そんなゴキブリはいませんでした。人間がゴキブリを進化させてしまった、ということでしょうね」

然う云えば、の類も同じ様な進化を遂げていたと思います。若い人には御存じ無い様ですが、大昔に夢の島なるものが存在していました。この島が厄介で、そこから涌き出るが相当強力だったのです。ええ、殺虫剤の類が全く効かず、島周辺の住民を大いに悩ませていたものです。

その夢の島なるものは、人工の島です。人工と云っても土砂等で埋め立てられたものでは一切有りません。生活塵を中心に粗大塵や産業廃棄物等で上から徐々に積み立てられた島なのです。そこから涌き出るが大量になるのは当然な事です。発生を防ぐ為に、東京都は埋め立て地に大量の殺虫剤を連日の様にばらまきます。当然殆どのや蛆は死滅する訳ですが、そんな中にはしぶとく生き残るや蛆もいます。

それがスーパー蠅となって、島周辺地域に襲い掛かります。殺虫剤の類が全く効かない為に、周辺地域の建物が大量の蠅で殆ど真っ黒と云う有様です。洗濯物は当然乍ら干した瞬間に白い衣服が忽ち黒色になります。全盛期はそれ位凄かったのです。それと同じ様な構図が、蠅からゴキブリに変えて繰り返されようとしています。

その夢の島が有った処は、今現在は公園や運動場等の公共施設で占有されています。工場や商業、住宅の類は存在していません。いや存在出来ないのです。それはそうでしょう、表土は有れど、その下は塵のみで踏み固められている故に、何らかの汚染物質が滲み出して、そりゃもう大騒ぎさになるに決まっています。だからこそ、人間様が定住不可能な状態にされているのです。

大きく話が逸れましたが、ゴキブリの類も人間様の不用意な所業が祟って、あんな為体となった様です。何と云ってもゴキブリにとって過ごしやすい環境が大きな誘因を引き起こしている様です。ええ、亜熱帯化に気候変動させられたが故に、殺虫剤の類をしょっちゅう利用に繋がったとも思えるのです。寒暖差が小さくなってしまった事で冬でも活発と云う有り様です。積み重ねられた悪循環の結果があの引用記事の件と繋がるのです。


コメント

窒息死が良いょ

ゴキブリは食器洗い液体洗剤をかけて窒息させてますぅ
(=^・^=)(*^^)/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/1586-6034e498

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。