まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/08 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • » 2017/10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ひびまなびあれ・・・。

日韓併合首相談話全文「韓国は誇り傷付けられた」…
8月10日11時45分配信 産経新聞

 政府は10日午前、日韓併合100年に併せた首相談話を閣議決定し発表した。首相談話では、日本による韓国の植民地支配に対し「多大の損害と苦痛に対し、ここに改めて痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明いたします」と明記した。談話の全文は以下の通り。

 本年は、日韓関係にとって大きな節目の年です。ちょうど百年前の八月、日韓併合条約が締結され、以後三十六年に及ぶ植民地支配が始まりました。三・一独立運動などの激しい抵抗にも示されたとおり、政治的・軍事的背景の下、当時の韓国の人々は、その意に反して行われた植民地支配によって、国と文化を奪われ、民族の誇りを深く傷付けられました。

 私は、歴史に対して誠実に向き合いたいと思います。歴史の事実を直視する勇気とそれを受け止める謙虚さを持ち、自らの過ちを省みることに率直でありたいと思います。痛みを与えた側は忘れやすく、与えられた側はそれを容易に忘れることは出来ないものです。この植民地支配がもたらした多大の損害と苦痛に対し、ここに改めて痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明いたします。

 このような認識の下、これからの百年を見据え、未来志向の日韓関係を構築していきます。また、これまで行ってきたいわゆる在サハリン韓国人支援、朝鮮半島出身者の遺骨返還支援といった人道的な協力を今後とも誠実に実施していきます。さらに、日本が統治していた期間に朝鮮総督府を経由してもたらされ、日本政府が保管している朝鮮王朝儀軌等の朝鮮半島由来の貴重な図書について、韓国の人々の期待に応えて近くこれらをお渡ししたいと思います。

 日本と韓国は、二千年来の活発な文化の交流や人の往来を通じ、世界に誇る素晴らしい文化と伝統を深く共有しています。さらに、今日の両国の交流は極めて重層的かつ広範多岐にわたり、両国の国民が互いに抱く親近感と友情はかつてないほど強くなっております。また、両国の経済関係や人的交流の規模は国交正常化以来飛躍的に拡大し、互いに切磋琢磨しながら、その結び付きは極めて強固なものとなっています。

 日韓両国は、今この二十一世紀において、民主主義や自由、市場経済といった価値を共有する最も重要で緊密な隣国同士となっています。それは、二国間関係にとどまらず、将来の東アジア共同体の構築をも念頭に置いたこの地域の平和と安定、世界経済の成長と発展、そして、核軍縮や気候変動、貧困や平和構築といった地球規模の課題まで、幅広く地域と世界の平和と繁栄のために協力してリーダーシップを発揮するパートナーの関係です。

 私は、この大きな歴史の節目に、日韓両国の絆がより深く、より固いものとなることを強く希求するとともに、両国間の未来をひらくために不断の努力を惜しまない決意を表明いたします。


日韓併合100周年「菅首相談話」 「反省とおわび」与野党から批判続出
8月10日19時22分配信 J-CASTニュース

 菅直人首相が2010年8月10日、首相官邸で記者会見を開いた。会見では、この日閣議決定された、日韓併合100年にあたっての談話についての質問が相次いだ。談話は、過去の植民地支配に対する「反省とおわび」を盛り込んだもので、野党だけでなく、与党内からも批判が続出。談話の意義を問う質問が出ても、菅首相は「これからの100年にむかって、これから協力してともに歩んでいこう。そういう気持ちを込めて談話を作成した」などと歯切れの悪い回答に終始。国民の理解を得るのは難しいとの指摘も出そうだ。

 談話は、終戦50年の1995年の「村山首相談話」を踏襲する形で、

  「植民地支配がもたらした多大の損害と苦痛に対し、ここに改めて痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明いたします」

と明記し、宮内庁が管理している朝鮮王朝時代の書物「朝鮮王朝儀軌」についても、

  「韓国の人々の期待に応えて近くこれらをお渡ししたい」

とした。

■「準備の早い段階で相談あってしかるべき」

 談話をめぐっては、与野党から批判が相次いでいる。例えば自民党の谷垣禎一総裁は8月10日、

  「未来志向の日韓関係に妨げとならないか強く懸念させるものです。なぜこのようなものになったのか。問いたださなければならない」

とツイッター上に書き込む一方、玄葉光一郎公務員制度改革相(民主党政調会長)も、同日午前の閣議後の閣僚懇談会で「準備の早い段階で、政調会長に相談があってしかるべきではなかったか」

と、苦言を呈している。

 同日15時から首相官邸で開かれた会見では、李明博大統領との電話会談の内容について

  「『真心のこもった談話だ』ということで大変評価もいただいた」

 と明かす一方、その意義については

  「日韓併合100年という節目。逆に言えば、これまでの100年の中で、反省すべきところはきちんと反省する。そして、これからの100年にむかって、これから協力してともに歩んでいこう。そういう気持ちを込めて談話を作成した」

と述べるにとどまった。

  「戦略的な視点から、今回の談話を、どのような政策課題や日韓関係に生かしていこうと思っているのか」

との質問に対しては、

  「今、世界の大きな激動期とも言える状況。アジアの経済は、大変な勢いで伸びているなかで、この地域のより安定した形が日韓を軸に、米国を加えて、日韓米の3か国で形成される。このことは、きわめて大きな意味がある」

と、やや論理が飛躍しているとも取れる答えが返ってきた。

■会見質問、産経新聞記者は指名されず

 韓国マスコミからの質問も出た。3大紙のうちのひとつ、中央日報の記者が

  「談話で(日韓併合条約が締結された経緯について)『韓国国民の意思に反して』と認めた訳だが、(韓国で出ている)『条約は無効だ』ということについての認識はどうか」

と、一歩踏み込んだ質問をしたが、菅首相は

  「日韓併合条約については、1965年の日韓基本条約において、その考え方を確認しており、その考え方を踏襲してきた」

とかわした。

 もっとも、30分にわたって行われた会見の場では、談話を出したこと自体について批判的な質問は出ず、談話について批判的な論調を展開している産経新聞の記者は、指名されなかった。

巷が浜田幸一逮捕でそりゃもう大騒ぎさで浮かれている裏で、国、現政権側は粛々と事を進めていたようです。寧ろ大っぴらにされては困ると、折りを見て、浜田幸一をスケープゴートに仕立て上げた感じです。要するに巷の関心を逸らすのが目的だったのです。

ま、極左政権ですので、大韓民国に媚び諂った内容の首相談話は予測されていた事です。然し嗚呼云った内容に関わらず、巷の関心は何故か芳しく有りません。逆に無関心の極まりです。上手い具合に、浜田幸一を以て、世論誘導が成功してしまいました。又、お役所言葉に近い表現も成功の一因と成り得た感じです。

談話の内容云々は、各々の飛躍的拡大解釈で如何様に出来ます。向こうが難癖を付ければ、金品補償が可能になります。逆にこちらが金品補償不可と反論可能の余地を残しています。故にお役所言葉の欺瞞ですが、如何様にでも解釈出来うる言葉に一体どれ程の重みが有るのでしょうか。

平々凡々に言葉を代えようとすれば可能ですが、各々の考えに依って差異が生じる嫌いが必ず出ます。一として簡単に出来ないのです。外交戦略として本国に置いては優位ですが、相手国に置いては優位とは云えないのです。これは向こうに宛てられたものではなく、我々日本国民に宛てられた談話に過ぎないのです。

詰まりは、向こうの言葉に変えられた時に、談話の内容云々が大きく変えられてしまうのです。向こうに取って都合のいい様に翻訳されてしまう可能性が有るのです。だからこそ、我々は日本流曖昧なお役所言葉に気を付けなければいけないのです。これに対する対策は、我々が欺す側よりも聡く有る事です。小難しい文章に日々目を通しておくだけでも、かなり違ってきます。人生に於いて、勉強は生きる為の術の一環です。


コメント

あの団体に気をつけろ

ねづっち、やけに最近テレビ出演多いと思いましたら、創○なんですね。創○はキライです。やっていることが汚い。

創○の嫌がらせの被害にあった人々

騒音おばさんこと河原美代子氏
タレント清水由貴子氏
ウッチャンナンチャン他多数

創○のメディア支配
http://www.youtube.com/watch?v=rVqR0phU72Y

騒音おばさんの真実 創○・メディアの罠 
http://www.youtube.com/watch?v=uyP99Q5IQH0

清水由貴子さんが訴えていた真実
http://www.youtube.com/watch?v=Wo28LIJU5qM

ウッチャンナンチャン
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1218534212

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/1587-404ea287

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。