まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/10 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • » 2017/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あえてつられてやったつもりが・・・。

8割超の市町村で「お産不能」に-北海道
4月10日22時7分配信 医療介護情報CBニュース

 医師不足により全国各地で産婦人科の閉鎖や縮小が相次ぐ中、北海道では8割を超える市町村で出産ができない状態に陥っている。片道1時間以上かけて他の地域まで通院している患者が少なくなく、病院に向かう途中に自家用車内で出産したという事態も起きており、医療関係者らが危機感を募らせている。

 北海道医療政策課によると、道内には1984年から2004年までは450人を超える産婦人科医師が居たが、06年には422人、08年には初めて400人台を割り込んで381人にまで減少。これが地域医療に甚大な影響を与えており、今年1月現在、180市町村のうち80.5%に当たる145市町村で出産できなくなっている。

 北海道の地域医療を調査している北海道社会保障推進協議会の甲斐基男事務局長によると、根室市立病院が分娩(ぶんべん)を休止しているため、同市の妊婦が50キロ離れた別海町の病院に向かう途中、自分が運転する車内で出産。また、同市の別の妊婦が「前期破水」した際、救急搬送が受け入れられず、120キロも離れた釧路市の病院まで自家用車で向かわねばならなかったという事態も起きている。

 道の東部に位置する網走管内は、新潟県に匹敵する広さがありながら、出産に対応できる医療施設は7か所しかなく、うち5か所が北見市と網走市に集中。このため、多くの妊婦が自分の住む地域外の医療施設への通院を余儀なくされている。
 都市圏でも同様の傾向にあり、札幌市に隣接する江別市の市立病院が年平均約300件あった分娩を完全に中止。「市民の間に不安が広がっている」(甲斐事務局長)という。

 甲斐事務局長は「地域に一つしかなかった病院が、医師や看護師の不足で救急の受け入れを中止し、患者を1時間以上かけて別の地域の病院に搬送する事態も起きている。病院がなくなってしまうと、必要なときに適切な医療を受けられず、地域に安心して住めなくなる。北海道の地域医療は『崩壊』の危機に直面しており、行政や医療機関、住民が一体になって医療を守る取り組みを進めなければならない」と話している。


土地柄と云う面も有りましょうが、こんな状況に仕立て上げたのは、あの方の似非医療改革が全てです。因みに産科医の数は全体として減っては居ません。金銭的な面から待遇の良い処へ移ったか、他に転身した為です。仮に将来の産科医に対する待遇改善がなされれば、忽ちその数は急増します。

同じ様な事は小児科にも云えます。それにしても、あの方の推し進めた似非医療改革は医師にも国民にも悪影響をもたらすばかりでした。あれだけ非難が有っても、未だにその方向性が改善されないのは何故なのでしょう。それはブレーキが全く利かなくなったからです。新たな利権の旨味に魅了されてしまったからなのです。アメ公を中心とした外資系の散蒔くお金がとても素晴しいからなのです。

その部分の詳細を語れば切りが有りません。それだけに多種多様に満ち溢れています。マネーと云う甘い蜜に集る連中が次々とやって来てしまう状況では、ブレーキペダルが有っても誰も足を踏み込まない程、何もかも暴走している状態なのです。そうなるか分かりませんが、旨味を感じられなくなった時に漸く止まります。

その時は、この国の医療制度はお金持ちだけの物になってしまっている筈です。今現在のアメ公と同様な医療制度になってしまっている筈です。まさに貧乏人は病に苦しみながら死んでしまえが当たり前の世の中になっている事でしょう。その位、急激に変革していまいます。

善く善く鑑みれば、この国の医療制度は社会主義的なシステムで動いていたと云う事が分かります。確かに一寸前までの医療現場では閉鎖的利権の集合体でした。利権の固まりの様な旨味を新自由主義なる勢力が見逃す筈が有りません。その代表者であるあの方は、当時の国民を騙くらかし利用し既存医療制度をぶっ壊しました。結果、アメ公を中心とした外資系が医療現場を侵食し、新たな利権を次々と獲得しています。その分可笑しくなったツケは我々国民に負わせます。その事から新自由主義なるものは、如何に悪徳に満ちたものかお分かりになった事でしょう。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/816-09eeeb25

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。