まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/06 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • » 2017/08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


しゅくざいはおわらない・・・。

光市母子殺害事件 差し戻し控訴審22日に判決
4月18日22時22分配信 産経新聞

 山口県光市の母子殺害事件で、殺人や強姦致死などの罪に問われ、最高裁が無期懲役の2審・広島高裁判決を破棄した元会社員の男性被告(27)=事件当時(18)=に対する差し戻し控訴審の判決が22日、広島高裁(楢崎康英裁判長)で言い渡される。12回にわたって開かれた公判では、情状面にとどまらずこれまでに裁判所が認定した犯罪事実をめぐり検察側と弁護側が正面から対立。弁護側が主張する事実誤認が認められなければ、極刑が言い渡される可能性が高い。事件発生からすでに9年。4度目となる判決を前に争点をまとめた。
 事件は平成11年4月14日に発生。光市の会社員、本村洋さん(32)方で、妻の弥生さん=当時(23)=と長女の夕夏ちゃん=同11カ月=が遺体となって発見され、その4日後に近くに住んでいた男性被告が逮捕された。
 被告は罪状認否で起訴事実を認め、検察側は死刑を求刑。1審・山口地裁、2審・広島高裁はともに、被告が事件当時、死刑を科すことのできる18歳になってから30日しか経っていなかったことを重視し、無期懲役を選択した。しかし最高裁は18年6月、「18歳になって間もなかったことは、死刑を回避すべき決定的な事情とまではいえない」と判示。無期懲役の量刑は不当として2審判決を破棄し、「死刑の選択を回避するに足りる特に酌量すべき事情」の有無を審理するために広島高裁に差し戻した。このため差し戻し控訴審では、情状面を中心に「酌量すべき事情」が審理されるとみられていた。
 しかし、弁護側は1、2審から一転して犯罪事実を全面的に否定。被告人質問に加え証人5人への尋問も行われ、検察、弁護側双方による激しい攻防が展開された。弁護側は「弥生さんへも夕夏ちゃんへも殺意はなく、傷害致死罪にとどまる」と殺人罪の成立を否定。強姦致死と窃盗についても無罪を主張した上で、「被告の反省は深まっており、更生可能性はある」と訴えた。結審から3カ月余りが経過した今年3月13日にも弁論補充書を高裁に提出し、執念をみせる。これに対し検察側は、最高裁が「揺るぎなく認めることができる」とした犯罪事実に誤りはなく、弁護側の主張を「荒唐無稽」と指弾。
 「遺族の感情を踏みにじって顧みないことが明らかとなり、差し戻し前よりも死刑に処すべきことが明らかになった」とした。
 最高裁が量刑不当を理由に無期懲役の2審判決を破棄したのは、光市事件で3件目。連続4人射殺事件の永山則夫・元死刑囚=平成9年執行=と仮出所中に再び強盗殺人事件を起こした西山省三死刑囚には、ともに差し戻し審で死刑が宣告されている。
 「被告に殺意はなかった」。その主張の論拠となっているのが、上告審段階からの被告の供述と、弁護側の依頼で新たに被害者2人の死因を分析した法医学者2人による鑑定書だ。これまでの判決は、弥生さんと夕夏ちゃんが死亡した状況を、遺体の所見などに基づき次のように認定している。
 「被告は弥生さんに馬乗りになり、首を両手で強く絞め、窒息死させた」
 「被告は夕夏ちゃんを床に叩きつけた上、首にひもを巻いて強く引っ張り、窒息死させた」
 ところが弁護側依頼による鑑定は、これとは異なる結論を導き出した。弥生さんの首には右側のみに、強く圧迫された痕跡が4本残されていた。4本は胸元に近づくにつれて長く、2人とも「右手の逆手による圧迫とみるのが相当」と判断。弁護側は「弥生さんに抵抗され、いつのまにか右手を逆手にした状態で首を押さえつけていた」との被告の新供述と一致し、殺意はなかったとした。また夕夏ちゃんについても、鑑定書は「頭部の外傷は強い力で生じたものではない」「首にひもで強く絞められた痕跡はない」と指摘。弁護側は「被告はひもを緩く結んだが、その後むくみによって締め付けられた」と主張した。
 一方、検察側も新たに鑑定を依頼し、「遺体の状況は判決の認定事実と矛盾はない」とする鑑定書を提出。「片手では抵抗する成人女性を押さえ続けることは不可能」「弁護側の鑑定は、小児の皮膚の弾力性や頭蓋骨の柔軟性を考慮していない」と反論した。3人の法医学者が作成した鑑定書はいずれも証拠採用され、証人としても出廷。高裁がどちらの鑑定を妥当と判断するかが、判決の行方を大きく左右する。
 もちろん、これまでの判決が、遺体の所見だけをもとに事実認定したわけではない。その結果とも一致する被告の供述調書があったからだ。しかし弁護側は、この内容に疑義を唱える。捜査段階の供述調書は、取り調べの際に「容疑を認めないと死刑になる可能性が高い」と誘導されて作成されたと主張。公判に入ってからも当時の弁護人から適切な弁護を受けられず、真実を供述する機会が与えられなかったが、上告審の途中で現在の弁護人に交代し、殺意や強姦目的がなかったことを打ち明けることができたと説明した。また、現在の供述内容の片鱗(へんりん)は捜査段階や家裁の調査にもあり、「弥生さんに実母の姿を重ねていた」など突飛にみえる供述も、弁護側が依頼した心理鑑定や精神鑑定によって不自然ではないことが裏付けられているとした。
 これに対し、検察側は真っ向から反論した。捜査段階の供述も否定するところは否定しており、捜査側による誘導はありえないと主張。現在の供述は「弁護側依頼による法医学鑑定の結果に合致させるための虚構」で、さらに上告審以降も心理鑑定を受けてからその鑑定結果に触発されて供述を大きく変遷させており、「事実を捏造(ねつぞう)・歪曲(わいきょく)して死刑を逃れようとしている」と非難した。差し戻し控訴審では6開廷、計17時間に及んだ被告人質問。弁護側の質問にはよどみなく供述した被告だが、検察側の質問には、答えに窮する場面もあった。


嗚呼、それで件の弁護士共が、マスメディアを利用し、情で訴えていたのですね。市民団体の類を使ってBPO(放送倫理・番組向上機構)の審査対象に奉り上げた行為もその為でした。今は亡き?裏版でも指摘していますが、無期懲役刑以下は有りません。最高裁判所から無期懲役刑以下の判決を出すんじゃねえと脅しが掛かっているから猶更です。

嗚呼云った弁護士共ですから、無罪以外の判決が出されたら、有無を云わさず直ちに上告するものと思われます。そこでも荒唐無稽且つ脳天気なパフォーマンスを再び繰り広げられる事でしょう。嗚呼云った弁護士共の本来のお仕事はそれです。信ずべき主義主張の為なら巷から大いに非難されようが、一切構わずです。

然し、今は康夫の天下です。あの方や安倍ちゃんがいたから、この裁判が成り立っていたのです。嗚呼云った弁護士共と同じ土壌を持っている康夫です。厭な流れが出て来る嫌いも可能性として少々有ります。無罪とはならずとも無期懲役刑再びが有り得ます。昨日の名古屋高等裁判所の件から、ひょっとしてが・・・そんな厭な空気を感じます。

そうなったらそうなったで、巷でもネット上でも、ど偉い騒ぎになりましょう。巷ではBPOの指摘に乗じて、嗚呼云った弁護士共を大いに非難した一切のものが叩かれます。ネット上では死刑死刑と叫び回るのが大好きな輩が狂った様に持論を展開しまくります。そうそう、現大阪府知事もその対象になるのは云うまでも無い事です。

まあ、22日になってみなければ分かりません。何れにしても一日中大騒ぎになる事必死です。世間の期待如何に関わらずです。ネット上では犯人の氏名が連呼連呼の嵐でしょうね。犯人の粋がっていた時代の言動を鑑みれば・・・巷では矢張り一つの道筋しか許されません。仮に気狂いで無罪ならば、この国の裁判員制度は、始まってはいませんが、この時に破綻します。何故なら狂った判決で殆ど占められてしまうからです。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/824-ef53685e

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。