まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/10 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • » 2017/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ぬけだせないスパイラル・・・。

<全日本柔道>井上、五輪切符逃すも「力を思い切り出せた」
4月29日21時24分配信 毎日新聞

 東京・日本武道館で29日行われた柔道の全日本選手権で、00年シドニー五輪男子100キロ級金メダルの井上康生選手(29)=綜合警備保障=は準々決勝で敗れ、北京五輪代表を逃した。試合後に井上選手は関係者に「今後は指導者として頑張る」と現役引退の意向を表明した。近日中に正式な引退会見を開く方針で、世界選手権と全日本選手権で3連覇を達成した日本柔道の大黒柱が、畳に別れを告げた。

 井上選手は準々決勝で高井洋平選手(25)=旭化成=と対戦。両者ポイントがないまま残り10秒で井上選手は得意の内またを出したが、すかされて倒され相手の「技あり」になった。そのまま25秒間抑え込まれ、合わせ技で一本負けを喫した。

 「自分の力を思い切り出せた。最後は一本を狙った。得意の内またを返されたのでしようがない」と井上選手。05年1月に右大胸筋(腱けん)断裂の重傷を負い、翌年6月に試合に復帰したが、以前のように右手で相手を制御できなくなった。父でコーチを務める明さん(61)は「医者からは筋力は以前の70~80%と言われた」と打ち明ける。

 妻と長男を亡くし、自身も病気がちな父明さんの厳しい指導が、心の支えにもなっていた。柔道を続ける理由に「『あの体で頑張る父のために』という気持ちはある」と話したこともある。明さんも「私を元気づけようというあの子らしい優しさが、(ケガをしてからの)2年半の時を与えてくれたと最近気付いた。最高の息子」と感謝する。

 「北京の夢を追い続けたのはよかった。今後の人生にいきていくと思う」と井上選手。明さんは「お疲れ様と言いたい。経験を後輩の指導に生かしてほしい」とねぎらった。

 井上選手は今後、日本オリンピック委員会(JOC)の指導者研修制度を使って海外留学する計画を持っているという。【来住哲司、中本泰代】


巷では奥さんの所為だと云われています。確かに奥さんの過去の疫病神振りは凄まじいかったです。競馬系バラエティ番組での奥さんのその時の大活躍は記憶に新しいでしょう。それだけに勝負運に対する負の力は相当と云われています。

面倒なのでぶっちゃけますと、下げマンと云う事です。勝負事に関する人なら、大方はその手の女性を意識して避けるものです。増して嫁としてなら猶更です。康生自身も気にしない訳が有りません。奥さんがあんな状況では躊躇もした筈です。然し、敢えて踏み切ったと云う事は、奥さんが原因ではないと云う事を実証したかったのでしょう。

引用記事では、ここ数年の不振の原因に触れています。全盛期の七~八割程度しか実力が出せない状況だった様です。ええ、故障の直りが悪くてです。確か今の奥さんと出会ったのは故障する二年程前です。五輪では何故か金メダルを逃し、その後に先程の故障、更に悪い事に実兄が蜘蛛膜下出血で急死すると云う始末です。因みに母親もクモ膜下出血で急死している事から遺伝的要素は多分に有ります。

うーむ・・・奥さんの下げマン説を否定したくても出来ません。過去の全てが口さがない輩に口撃される理由が有ります。冷静に見渡しても全ての諸悪の原因が或る一点しか有りません。康生自身に問題が有った点を除いても、状況が悪過ぎます.然し乍ら、運気が好調だった時期もある訳で、これが全てではない事は云うまでも無いでしょう。

総合的に判断すると、どうしても運気はあの時からとなりそうです。奥さんと初めて出会った時からです。総じて運気を鑑みると相当に低下しています。引退後、良くも悪くもが継続出来た場合は、運気は早々に悪くはならないものと思われます。然し、病や家族の内一人が不幸に遭った場合、康生自身も身の破滅か天に召される危険性が相当となります。その恐怖は意外に思う程深刻な場合が有る事を肝に銘じておかねばなりません。実に恐ろしき因縁故です。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/835-2615afe8

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。