まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/10 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • » 2017/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いつだつしました・・・。

どう教える?苦慮する学校 教科書に「硫化水素」実験紹介
2008.04.30 12:32 産経新聞

 硫化水素による自殺が相次ぐ中、学校現場や教育委員会が対応に苦慮している。ガス発生の材料となる洗浄剤がトイレ清掃用として校内に常備され、硫化水素を発生させる実験を紹介している教科書もあるからだ。「危険性を教えなくてはならないが、逆に興味を持たれても…」。こうした懸念から、現場への通達を出すかどうか足踏みしている教育委員会も少なくない。

 29日にマンションで硫化水素自殺が起き、避難途中の女児(2)が転倒、軽傷を負う事故が発生した大阪府寝屋川市。30日に開かれた同市内の小中学校校長役員会では、児童、生徒への注意喚起をどう行っていくかが話し合われた。

 ただ、指導を行えば、好奇心の強い年代だけに逆に関心を持たせることになりかねない。市教委教育指導課の担当者は「何もしないわけにはいかないが、子供たちが変に影響を受けてしまっても…」。大阪府教委も「自殺などを助長することにもつながりかねない」として、市町村教委への通達を出すかどうかを決めかねている。

 ガスを発生させるトイレ清掃用洗浄剤の扱いに神経をとがらせている学校もある。

 23日に女子中学生(14)が硫化水素で自殺した高知県香南市の市立野市中は、洗浄剤をトイレの鍵のない用具入れに保管している。トイレ掃除は生徒が分担しており、当番の生徒たちが便器の洗浄に洗剤を使っている。谷村正昭校長は「勝手に持ち出せないよう今後、用具入れに鍵の取り付けを検討している」。使用時は教員が必ず立ち会うようさらに徹底するという。

 中学理科の複数の教科書は「物質の化合」の単元で、試験管の中で混ぜ合わせた鉄粉と硫黄の粉を加熱した後、塩酸を加えて硫化水素を発生させ、においをかいでみるという実験をイラスト付きで紹介している。

 「実験をする際の注意事項を確認したい」。東京都内の教科書会社には、これまでに中学校などから数件の問い合わせが寄せられた。

 教科書会社はイラスト中に記載している「換気を十分に」「深く吸い込まない」「発生する気体は有毒」などの注意点をあらためて説明しているが、「何十年も前から載せているスタンダードな実験。注意を守れば安全だが、『危ないからやるな』と文部科学省から指導が出るかもしれない」と戸惑う。教科書改訂時に、この実験を載せるかは決めていないという。

 香南市立赤岡中は2年生が11~12月ごろの授業で、教科書に沿って、この硫化水素発生の実験をする予定。実験にあたって、危険性をより丁寧に教えるなど指導内容を見直す方針だ。

 「どこの学校現場も頭を痛めているのでは」と宮地憲一校長。大阪府教委小中学校課の担当者も「指導の際には、どうしても自殺が起こっていることに踏み込まなければならない。どこまで教えるべきなのかは難しい問題」と話している。


硫化水素瓦斯による自殺が大流行して、理科の実験に支障が若干出て来ているようです。と云うか、今まで具体的な方法が忌憚無く記載されていた事が驚きです。自分は昭和を生きていましたが、そんなものが教科書に載っていた記憶がありません。恐らくはあの当時、誰もが知的レベルが高かったので、具体的に教えなくても容易く出来た代物だったようです。

知的レベルが相当劣った現在のお子ちゃまに、身近に理科を感じさせるべく、苦肉の策だったようです。現場からの声もあります。知識があれば誰でも出来る様な事が今のお子ちゃまには全く出来ません。教科書にあんなものが載っている様な情けない事になった様です。因みに昭和の高等学校クラスとなりますと、ニトログリセリンの出来る仕組みも理解出来る様にはなっています。

思うのですが、今の大流行がなかったら、今回の件は興味無しで誰もが推移していた筈です。今までそうだったのですから、如何になまじ下らない切っ掛けを与えると、危険である事が分かります。練炭から硫化水素瓦斯へ、自分に芯の無い自殺願望者の恐ろしさが垣間見えます。自分を確立せず、流れる儘、生きてきたツケが、死に間際に周りへご迷惑を撒き散らします。

社会風潮が可笑しいのも或る意味当を得ています。それを鑑みても、結局は独り善がりに過ぎません。確かに自分でもどうにもならない状況に陥った点は同情を禁じ得ませんが、余程の事が無い限り、これも又、自分に非が若干有ります。社会の所為にするのは簡単です。簡単ですが、逃げ口上に過ぎません。ガソリン税再値上げに対する一般庶民の怨嗟もこれに相当します。

話がずれましたが、気にせず続けます。先の参議院選挙では、確かに与党の遣り口にNoを突き付けました。然し、衆議院選挙では、あの方に欺されたとは雖も、雰囲気で大勝ちを与えたのは、今文句を云っている大方の一般庶民なのです。文句を云われる筋合いは今の政権にはないのです。あの時に公約なるものに小さく記載されていました。それを全く見ずに欺されたとは心外なのです。あの方もそう云うでしょう。「公約に期待してお前等が自由民主党に投票したのだから、実行してあげてやったんだよ。これで文句があるの?そりゃ、可笑しいよ。」


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/836-4c7a05c1

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。