まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/08 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • » 2017/10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ばんぞくへのみちすじ・・・。

女将「弁解の余地ない」 船場吉兆 料理使い回しで謝罪
5月7日16時44分配信 産経新聞

 高級料亭「船場吉兆」(大阪市中央区)が料理の食べ残しを使い回していた問題で、女将の湯木佐知子社長(71)が7日、本店営業前に取材に応じ、「弁解の余地なく、手前どものモラルの問題と受け止めて猛省しています。(湯木正徳)前社長の『もったいない』という指導の流れが今回の事件につながった。大変申し訳ございません」と問題発覚後、初めて謝罪した。

 自身が使い回しを認識していたかについては、牛肉の偽装表示事件で大阪府警から事情聴取を受けた今年3月ごろに「初めて知って、びっくりした」と説明。「調理場に料理が下げられた後は私の認識する余地はなかった」と釈明した。

 そのうえで「今になって考えれば本当にむちゃくちゃなことをしてくれたと反省の気持ち。恥ずかしいと思っている。私がお客さまの立場なら絶対に許せないこと」と深く頭を下げた。


<船場吉兆>わさび、刺身、アユの塩焼き……食べ残し、博多店でも使い回し
5月7日21時3分配信 毎日新聞

 高級料亭「船場吉兆」本店(大阪市)が客の食べ残し料理を別の客に回していた問題で、船場吉兆は7日、博多店(福岡市)でも同様に使い回ししていたことを明らかにした。

 船場吉兆によると、使い回ししていたのは、わさび▽刺し身▽刺し身のあしらい▽アユの塩焼き。わさびは、形が崩れて下げられてきたものを、わさびじょうゆとして出し直していた。アユの塩焼きは焼き直していた。

 使い回しを指示したのは、湯木正徳・前社長だったといい、突然、客が来たり、食材が足りなかったりした時に使い回しをしていたという。始めた時期について、船場吉兆は「店がオープンした99年ごろからの可能性がある」としている。

 船場吉兆の料亭4店は昨年11月から休業。今年1月に本店は営業再開。博多店は3月19日から営業再開していた。1月に閉店した心斎橋店(大阪市)と天神店(福岡市)については、使い回していたかどうか確認できていないという。

 船場吉兆本店については、大阪市保健所が今月2日に立ち入り調査し、アユの塩焼き▽稚アユ素揚げ▽ゴボウをウナギで巻いた「八幡巻き」--など6種類の料理を使い回していたことが判明した。同保健所は、健康を損なう恐れがないため食品衛生法には問えないとした上で、「食品の提供者として今後、使い回しはあってはならない」と口頭で指導していた。【久木田照子】


今更始まった訳ではありませんですが、現社長が悪事の全てを前社長の所為にしている姿勢は素晴しいものが有ります。先代の教えが素晴しかったのでしょう。勿体無い精神を高級料亭で実行する姿勢には他店に対する影響力が大いに与えそうです。

吉兆の不運は跡継ぎに息子が一人も居なかった事です。先代の子供達が全て娘と云う不運です。時代が時代でしたから、板前修業に出した娘は居ない筈です。いや寧ろ許されませんでした。そう云う娘達が各々婿養子を迎え入れて取り敢えずの跡継ぎを立てます。その時点で大いなる過ちを起こしています。

迎え入れた婿養子の程度が分からなかったのでしょう。一つでやっていく自身がなかったのかも知れません。先代は分家制を弄して取り敢えずのお家の繁栄を祈ったものと思われます。分家の内一つだけが上手く行けばいいだろうと云う気持ちだったと思います。然し、教育が良かったのか全て繁盛してしまいます。

教育が良かったと云っても、所詮は人間です。娘達の内、一人位は増長する者がいても可笑しくありません。その増長した奴は件の現社長です。板前の内を知らずに育っただけに勿体無い精神が出ても可笑しくありません。いや、家庭内の、庶民の常識を持ち出してしまった事に尽きます。それはそうでしょう。板前修業に出ていないのだから、板前内の常識が分かる訳がありません。

結果、或る処だけが突出してしまった訳です。上手い事やりやがったと嫉んだ他の処も真似に興じます。吉兆グループ全体の或る部分だけ、いや、本家から遠い筋が馬鹿げた状況に至ります。腹話術師の現社長の白々しい謝罪姿勢にも表れている様に、他人事を貫いています。悪い事は全て他人に押し付けています。残念な事にこれが殆どの有名企業の有り様なのです。国もそうですね。役所も然りです。一部の犯罪者も同じ事をほざきます。恥知らずが大いに幅を来している証なのです。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/843-849d4e68

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。