まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/06 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • » 2017/08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


なんかはずれたね・・・。

反撃の反撃「正当防衛でない」 最高裁初判断
5月22日16時22分配信 産経新聞

 殴った相手に反撃され、さらに殴り返した場合、殴り返した行為が正当防衛に当たるかが争われた傷害事件の上告審で、最高裁第2小法廷(古田佑紀裁判長)は、「正当防衛には当たらない」と判断して被告の上告を棄却する決定をした。決定は20日付。

 この論点での正当防衛の成否については、相手からの反撃を予測できなかった場合は、正当防衛が成立する余地があるとされていた。最高裁決定は、被告の不正行為が原因となった場合、原則として正当防衛にはならないとの判断を初めて示した。

 上告していたのは、東京都三鷹市の派遣社員の男性被告(44)。被告を懲役6月、執行猶予3年とした2審東京高裁判決が確定する。1、2審判決によると、被告は平成17年11月、東京都府中市の路上で、男性を素手で殴打。男性は、立ち去った被告を約90メートル追跡して素手で反撃したため、被告が特殊警棒で殴り返して男性にけがをさせた。

 第2小法廷は、被告が殴られたのは、先に手を出したせいだと認定。その上で、男性の反撃が被告の暴行の程度を大きく越えるものではないと評価し、こうした状況下では被告の反撃は正当ではなかったと結論付けた。


<正当防衛>「先に手を出し反撃され攻撃」は認めず 最高裁
5月22日12時45分配信 毎日新聞

 自分が先に暴行した相手から逆に攻撃されたときに、それへの反撃が正当防衛に当たるかどうかが争われた刑事裁判で、最高裁第2小法廷(古田佑紀裁判長)は20日付の決定で、相手の攻撃の程度が最初の暴行を大きく超えるような場合でない限り、原則として正当防衛は成立しないとの初判断を示した。その上で、傷害罪に問われ、正当防衛を主張していた派遣社員の男性被告(44)の上告を棄却。懲役6月、執行猶予3年とした2審判決が確定する。

 2審・東京高裁判決によると、被告は05年11月、東京都府中市の路上で50代男性と口論になり拳で顔を殴った。自転車で追いかけて来た男性に後ろから首周辺を腕で強くぶたれたため、特殊警棒で男性の顔などを殴り3週間のけがを負わせた。

 正当防衛が成立するには危険が差し迫っていること(急迫性)が必要。最近の裁判例はこうしたケースでは、相手の攻撃を予期できたかどうかで判断しており、2審は「被告は相手の報復攻撃を十分予期しており、急迫性はない」と正当防衛を否定した。

 これに対し小法廷は「相手の攻撃は被告の暴行に触発された一連の事態であり、被告は自らの不正行為により侵害を招いた」と指摘し、報復攻撃を予期していたかどうかにかかわらず、原則として正当防衛は成立しないと判断した。裁判員制度を控え、客観的行為のみで判断する枠組みを示した形だ。【北村和巳 】


特定の信条に被れている方なら、真っ先に噛み付く事でしょう。だが、まともな神経を持っている方なら、当たり前の事だと納得する事でしょう。と云うよりも、誰が考えてもこんな馬鹿げた裁判を最高裁判所まで争う事自体、可笑しいと思う筈です。実に下らない事で裁可しなければならない関係者の苦労も分かろうと云うものです。

若し、先日のトンデモ裁判官擬きがこの案件を裁いていたら、日本国憲法の定める法の下の平等を曲矮して正当防衛を認めると云う前代未聞に日本中を驚かす事になった筈です。ですから、嗚呼云った輩に異常な裁可を下さない様に非常に無難な物を与える訳です。無難な物とはガチガチの判例で既に結果が決まっている類の案件です。曲矮が絶対に生じない類です。

然し人間様が選択するものですから、必ず間違いが生じます。曲矮が生じる可能性が有る案件がトンデモ裁判官に回ってくる事です。そうそう、第一審でトンデモ裁判官に当たる様に訴訟を取り上げ下げを繰り返している特定思想に被れた輩が良くやる戦術の結果も、間違って回ってしまう類です。相当数の訴状取り扱いの中で「又か」が錯誤してトンデモ裁判官に回るのです。

確か先日、使えない旨を語りました。使えない事は明白なのですが、非常な権限が有るのが厄介です。そう云えばストーカー行為でパクられた裁判官が居ましたね。警察に捜査を強いる権限を利用し、自らの違法行為を隠そうとした事も判明しています。ストーカー行為を行っていた当時の奴の居場所は簡易裁判所です。そこで静か風に過ごした事で、地方裁判所に栄転されています。

譬え問題が有った判事であっても、一定期間静かにじっとしていれば、無罪放免となります。そのシステムが問題なのです。トンデモ判決連発、辺鄙処蟄居、無罪放免栄転、トンデモ判決連発・・・で定年までやってくれます。国に雇われれば、余程の事情が無い限り、解雇は出来ません。人手が足らない故と古社会党が頑張って作った違法な労働組合が怖いからです。この諸事情が有る限り、トンデモ判決に振り回される日々が続くのです。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/858-8ad74cea

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。