まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/06 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • » 2017/08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どうぞく・・・。

【判決要旨(1)】鑑定は「信頼できる」検察官調書は「不自然」
2008.5.27 14:53 産経新聞

 ●主文

 被告人を懲役7年に処する。未決勾留日数中250日をその刑に算入する。

 公訴事実のうち、死体損壊の点については無罪。


 ●理由

 《犯罪事実》

 勇貴被告は、平成18年12月30日、東京都渋谷区幡ケ谷の自宅で、武藤亜澄さん(当時20歳)に対し、殺意をもって、その首にタオルのようなものを巻いて絞めつけた。さらに浴槽内の水中にその顔を沈める状態にし、その時、その場で、亜澄さんを窒息により死亡させて殺害した。


 《責任能力に関する判断》

 〈結論〉

 殺害時には勇貴被告に完全責任能力があったものの、死体損壊時には心神喪失の状態にあった可能性が否定できないと判断した。

 〈牛島鑑定の信用性〉

 牛島医師は精神科医としての経歴、専門分野、臨床経験などに照らし、鑑定事項に関する勇貴被告の精神鑑定に適任の専門家であったと認められる。その鑑定の手法や判断方法にも不合理なところは認められないから、牛島鑑定は十分に信頼できる。

 検察官は、牛島鑑定が「信用性の高い捜査段階の勇貴被告の供述を判断資料から除外し、その内容とかけ離れた独自の問診結果を資料としており、前提条件が誤っていて、このことが責任能力の判断にも重大な影響を及ぼす」などと主張する。

 検察官が指摘する「捜査段階の供述内容とかけ離れた問診結果」というのは、その主な内容は勇貴被告の公判供述と一致するものと思われる。しかし、犯行に関する勇貴被告の公判供述は、1枚の写真のようなかなり断片的な記憶しかないにもかかわらず、物語性のある連続した記憶があるかのような供述を捜査段階でした経緯を具体的に供述している点も含め、全体として整合性のある一貫した内容であり、作り話とは到底思われない。

 しかも、勇貴被告のアスペルガー障害については、各犯行に関する勇貴被告の供述内容とは関係なく、多数回にわたる勇貴被告との面接場面で得られた所見、勇貴被告の両親との面談で得られた情報および心理テストの結果を総合して診断したものである。

 この診断については、検察官の言う「捜査段階の供述内容とかけ離れた問診結果」を前提とした判断ではない。このような診断をした上での牛島医師の指摘を踏まえて、勇貴被告の公判供述を見てみると、その信用性は高いと評価できる。

 他方で、勇貴被告がアスペルガー障害に罹患(りかん)していることを前提に、勇貴被告の検察官調書を検討すると、殺害の動機に関する供述内容が不自然であるばかりか、犯行における主要な行為に関する内心の動きについては、供述されていなかったり、平板な内容であったりして、犯行の動機に関する供述と比べて不自然な濃淡がある。また、その一貫性にも不自然さがあることから、犯行状況に関する供述部分は信用できない。

 そうすると、牛島医師が勇貴被告の捜査段階の供述内容を前提とせず、問診結果を踏まえて鑑定を行ったことには何ら問題がない。

 〈犯行時の勇貴被告の精神疾患とその病態〉

 この点について、牛島鑑定によれば、次の事実が認められる。

 ・勇貴被告は、生まれながらにアスペルガー障害にかかった。中学生のころからは強迫性障害が加わった。さらに事件の1カ月以上前からアスペルガー障害を基盤とする解離性障害になっていた。

 ・勇貴被告は自身のアスペルガー障害によって、他人との情緒的なかかわりあいの面で支障をきたすなどはあったが、高校を卒業するまでは一般的な社会生活で著しく問題になることはなかった。社会性の面では軽度の発達障害というべき病態である。

 勇貴被告は、自身が犯したような行為をしてはならないという認識を十分に持っていた。アスペルガー障害の程度は責任能力に影響を及ぼすものではない。

 ・アスペルガー障害を基盤にした勇貴被告の人格構造は、激しい攻撃性を秘めながらそれを徹底して意識しないという特有のものだった。怒りの感情を徹底的に意識から排除しようとし、激しい怒りが突出しても、それを感じたと認識する過程を持っていない。

 勇貴被告はアスペルガー障害によって、このような攻撃性などの衝動を制御する機能が弱い状態にあったが、アスペルガー障害を基盤とする解離性障害が加わり、外界の刺激が薄れることによって、この機能がさらに弱体化していた。

 〈勇貴被告の精神状態が犯行に与えた影響〉

 この点について、牛島医師は鑑定の最終的な結論として、次のような判断を示している。

 ・勇貴被告は、殺害時もことの善しあしを見分ける能力は十分にあったが、亜澄さんから挑発的な言動を受けたことにより、怒りの感情を抱いた。しかし、怒りの感情を抑制する機能が弱体化していたため、内奥にある激しい攻撃性が突出し、亜澄さんを殺害した。

 ・このようにして殺害に及んだことが衝撃となって解離性同一性障害による解離状態が生じ、死体損壊時には、本来の人格とは異なる獰猛(どうもう)な人格状態になっていた可能性が非常に高い。

 このような判断をした理由について、牛島医師は、当時、勇貴被告が解離性障害にかかっていたと判断したことのほか、以下のような点を挙げている。

 (1)死体損壊行為は、亜澄さんの遺体を左右対称に15にも解体するなどしたという手の込んだものだった。その意図と作業過程は、隠しやすくしたり、運びやすくしたりするためということでは説明ができず、別の人格を仮定しないと説明がつかない。

 (2)怒り狂った行為態様である殺害行為と、非常に冷静で整然とした行為態様である死体損壊行為とは、意識状態が変わったとみるべきであること。

 (3)勇貴被告には、犯行時の記憶がほとんどなく、犯行前後の記憶もない。解離性健忘が生じた場合、その前後の記憶がなくなるという逆行性健忘や前向きの健忘を伴うことがよくある。

 このうち(1)(2)の指摘については、証拠から認められる事実に照らしてもうなずけるものである。

 現在、アスペルガー障害を基盤にして解離性障害を発症した症例に関する研究は十分になされていない。この段階での判断では、死体損壊時において、勇貴被告は解離性同一性障害により本来の人格とは別の猪猛な人格状態にあった可能性が非常に高いという判断にも合理性があると言える。この可能性を前提に、勇貴被告の責任能力を判断すべきである。


   =要旨(2)へ続く


【判決要旨(2)完】量刑判断「亜澄さんの挑発的行動がきっかけ」とも
2008.5.27 15:25 産経新聞

 〈死体損壊時の責任能力〉

 亜澄さんの遺体を損壊したとき、勇貴被告は解離性同一性障害によって本来の人格とは別の人格状態にあった可能性があり、本来の人格はこの別の人格状態とは関係ない。このことからも、勇貴被告は遺体損壊時、本来の人格とは別の人格状態に支配されて自分の行為を制御する能力を欠いており、心神喪失の状態にあった可能性も否定できない。よって、遺体損壊時は心神喪失の状態にあったものと認定した。

 〈殺害時の責任能力〉

 牛島医師は、亜澄さんの殺害時、勇貴被告に是非弁識能力は十分あったが、衝動を抑制する力が弱体化していたことから、自分を制御する力は「著しく減退していた」との見解を述べている。

 しかし、勇貴被告は生まれながらにアスペルガー障害に罹患(りかん)してはいたが、高校卒業までは一般的な社会生活が著しく障害されることはなく、社会性の面では軽度の発達障害というべき病態であった。亜澄さん殺害時も是非弁織能力は十分あり、解離性障害を発症する以前は自分を制御する力も十分あった。それは、次の事実から認められる。

 ・この事件が起きる3日前、亜澄さんから聞いた話を誤解した母親が亜澄さんを夕食に呼ばず、腹を立てた亜澄さんが母親に文句を言って自分の部屋に戻ってしまったことがあった。その様子を目の当たりにした勇貴被告は、亜澄さんの言動に腹を立てて亜澄さんを批判する話を兄としたが、それ以上の行動には出なかった。

 このように、解離性障害が発症した後も、勇貴被告はこの事件が起きるまでの1カ月以上にわたり、大学受験を控えた浪人生として家族などと日常生活を送っていたが、トラブルを起こしたことはなかった。

 ・この事件が起きた翌日、勇貴被告は自分が亜澄さんを殺害したことを明確に認識していながら、父親から亜澄さん在宅の有無を聞かれた際には知らない振りをした。また、亜澄さんの遺体が置いてある自分の部屋に入らないように父親に言うなど、犯行が発覚することを恐れ、発覚を防ぐための適切な言動を取っていた。

 勇貴被告は犯行後も、家族に対して普段と変わらない対応をとっていた。さらに、犯行後に3日間にわたって予備校の冬期合宿に参加しているが、予備校関係者との日常生活も問題なく送っていた。

 これらのことは、事件が起きた当日前後でも、勇貴被告がその時々の状況に応じて、自分の行為を適切に制御する能力を全体としてかなりよく維持していたことを示している。

 亜澄さん殺害時、勇貴被告は衝動を抑制する力が弱っており、自分を制御する能力がかなり減退していたことは否定できない。しかし、その程度は、責任能力が限定されるほど著しいものとまでは言えない。


 《量刑の理由》

 人一人の命を奪った結果はあまりに重い。亜澄さんは20歳という若さで突然その前途を閉ざされたものであり、まだまだこの世で生きていたかったであろうと思われる。

 亜澄さんは、長年にわたって兄妹として勇貴被告と一緒に育てられた。人生に悩んだときなどは、ありのままの自分を受け入れてほしいと勇貴被告を頼りにこそすれ、まさか兄である勇貴被告に殺されるとは思ってもみなかったであろう。また、息子に殺害された上に解体までされた娘の姿を目の当たりにした両親の衝撃、戸惑い、悲痛は想像を絶する。

 しかも、その犯行の様子から考えると、亜澄さん殺害は強固な殺意に基づいて行われたものであり、勇貴被告の責任は極めて重大である。


 一方で、勇貴被告は、生まれながらにアスペルガー障害を患っていた。勇貴被告は両親からもその障害に気づかれずに成長し、この障害を基盤とする解離性障害に罹患するまでに至った。そのため、責任能力にこそ影響はしないものの、是非善悪を判断して行動する能力がかなり減弱した状態だった。

 亜澄さん殺害は、そのような精神状態にあった勇貴被告による衝動的な犯行である。

 亜澄さんは、周囲の者の対応が難しい反抗挑戦性障害であった。家出をしたり、家族に対して攻撃的な態度を取ったりして、家庭に不和をもたらすこともあった。

 亜澄さんは、勇貴被告が亜澄さんを殺害するという衝動に駆り立てられるほど挑発的な言動に及んでいた。そのことが、この事件のきっかけになったという側面は否定できない。

 一方で、勇貴被告は自ら亜澄さんを殺害したことを認めている。公判でも「妹に本当にかわいそうなことをしてしまった。もっと理解してあげなかったことについても謝罪したい。両親にもおわびをしなければいけない」などと述べ、罪を償っていく決意を示している。

 また、証人として法廷に立った両親と兄が寛大な処分を求めており、家族で勇貴被告の更生に助力する決意も述べている。この事件が起きた当時21歳と若年であったことなど、勇貴被告にとって酌むべき事情も認められる。

 以上の事情を考慮した結果、勇貴被告を主文の刑に処するのが相当であると判断した。

                   =完


母殺害 顔面殴り殺した疑い 22歳次男を逮捕 東京
5月24日10時6分配信 毎日新聞

 23日午後0時40分ごろ東京都新宿区北新宿4のマンション駐輪場で、派遣社員の長原陽子さん(57)があおむけで倒れているのを近所の住民が見つけ110番した。長原さんは後頭部から血を流し既に死亡していた。警視庁捜査1課が長原さんの次男(22)=杉並区天沼1=から事情を聴いたところ「マンション敷地内で母親を殴り殺害した」と認めたため24日未明、殺人容疑で逮捕した。容疑を認めている。

 検視の結果、死因は顔面打撲による頭部損傷で、首を絞められた疑いもあるという。

 調べでは、次男は22日午後7時50分ごろマンション駐輪場で、長原さんの顔面を殴るなどして殺害した疑い。遺体を放置して逃走していた。

 現場のマンションには長原さんの長女が住んでおり、長原さんは22日夜に訪ねる予定だった。マンション敷地内に入った際、待ち伏せしていた次男に襲われたとみられる。次男は統合失調症だった。

 調べでは、次男は以前長原さんと同居していた際、暴力をふるうことが多かった。そのため最近は別々に暮らしており、長原さんは次男に対し、自分が住んでいる場所を伝えないようにしていたという。

 22日夜に長原さんが来なかったため長女が23日未明、新宿署に相談していた。【川上晃弘、古関俊樹、酒井祥宏】


16歳時には父親も=母殺害容疑の男-警視庁
5月26日14時1分配信 時事通信

 東京都新宿区北新宿のマンション駐輪場で、母親を殺害したとして逮捕された男(22)が16歳だった2001年10月、父親を殺害したとして逮捕されていたことが26日、分かった。警視庁捜査1課と新宿署は動機や刑事責任能力を調べている。
 調べによると、男は01年10月21日、別居中で、北海道で暮らしていた父親を殺害したとして現行犯逮捕され、その後に中等少年院へ送致された。


日本歯科医師会からの陰乍らの応援もあって、武藤勇貴の減刑に成功しました。あわよくば、気狂いによる完全無罪放免も有り得ました。検察側は量刑を不服として控訴に踏み切りたいですが、肝心の御両親がこれを望みません。被害者の遺族側がこれ以上を望まない意向がある限り、検察側も強硬姿勢が叶わないのです。

まあ、先の事は分かりません。意外と控訴があるかも知れません。処で、冒頭に有った様に日本歯科医師会が何の関係が有るんやと訝る向きが出て来ます。加害者且つ被害者の御両親は歯科医です。医師の世界は閉鎖的です。閉鎖故に柵も強固です。柵からの伝で件の精神鑑定医に圧力及び協力が叶います。加害者に有利な精神鑑定結果が出るのは何となく察する事が出来ましょう。

若し、これで確定すれば、温和しい性格故に数年位で仮出獄にて娑婆に出て来ます。此の儘病院にぶち込められればいいのですが、そうは問屋が卸さないと思います。世間体から放置に向かう筈です。本当の気狂いか分かりませんが、発狂し再犯がオチとなりそうな気がします。元々オツムの具合がいい方ではないので、明白の可能性が極めて高いのです。

さて、三番目と四番目の引用記事は何ぞやと訝った方が居るとは思います。22歳次男と云う件から察する事が出来る様に気狂いの可能性が大です。この次男、再犯でした。前回と同様に殺人です。しかも同じ手口による撲殺です。元父親に関しては素手の他にスコップによるボコ殴りも有りますが、略同様です。

元父親をボコボコにして殺した快感が忘れられなかったようです。少年監獄を出獄後、快感から母親に対象を向けます。いや、快感と云うよりも癖です。癖になってしまったので無意識にやってしまうのです。御存じの様に癖は中々矯正出来ません。寧ろ出来ないと云うのが定説の様です。元々オツムの具合が良くない輩に多い厄介な代物です。素因に動機が叶えば、忽ち癖は擡げるものなのです。この事から、武藤勇貴の将来に関して何を云わんとするか、一寸だけ理解出来れば幸いです。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/863-221eccd3

【アスペルガー障害】についてサーチエンジンで検索してみると

アスペルガー障害 に関するブログのリンクを集めています!最新の検索結果をまとめて、口コミ情報をマッシュアップし…

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。