まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/08 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • » 2017/10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いつまでもひつじであってはならない・・・。

【政論探求】「開戦排除せず」の重み
6月18日17時4分配信 産経新聞

 台湾も中国と同様に尖閣諸島の領有権を主張している。その台湾の劉兆玄行政院長(首相)が立法院(国会)で、日本との領有権をめぐる争いについて「開戦の可能性を排除しない」と答弁した。

 日本の巡視船と台湾の遊漁船の接触事故についての質疑で、勢いあまっての発言ということのようだが、政治リーダーとしては当然の弁である。

 自分のところの領土であると主張する以上、最終的には戦争で奪い取るのが古今の国際常識だ。サッチャー英首相がフォークランド奪還戦争をやったのも、国際的にはなんら非難されなかった。

 台湾にはその国際常識があるのだが、日本にはない。憲法9条の制約によるもので、そこが日本の外交パワーを減殺させる最大の要因だ。

 北朝鮮が拉致問題について「再調査」を約束したことで、対北制裁の部分解除が進められる方向なのだという。北朝鮮の手口には、これまで何度も煮え湯を飲まされてきたはずなのだが、日本政界の一部にある歓迎ムードはいったい何なのか。
 拉致問題は北朝鮮の国家犯罪だ。ひそかに侵入した工作員によって大量の日本人が拉致され、日本の主権が侵害された。

 国民の生命を守るのが国家の最高の責務であるはずなのだが、日本政府はこれを果たせなかった。その屈辱感が政治指導者にいまもあるのかというと、これまたなんともあやしい。

 憲法9条があろうとも、主権侵害に対する防衛手段は否定していないのだろうから、拉致問題は「開戦排除せず」の対象であるはずだ。対北制裁は戦争の代替手段としての意味があったからこそ、北朝鮮は「宣戦布告だ」と反発してきたのである。

 「開戦」の一歩手前でのぎりぎりの外交交渉なのだという深刻な認識が、日本政治には決定的に欠けている。再調査の表明程度で一定の進展があったとし、「それ制裁解除だ」となるのも、そのためだ。

 拉致も領土も同様だ。ハナから「竹みつ」であることが分かっているサムライなど、怖くもなんともない。(客員編集委員 花岡信昭)


今の国会議員の中で真の独立国家樹立を目指す勢力が有るのかどうかと云うと疑問で有ります。いや、一人も居ないと云うのが真実でしょう。あの方や安倍ちゃん、太郎等々の見掛け上中道右派若しくは保守派と云われている輩が居ますが、在奴等は完全なる中道左派です。そう、売国主義派です。似非改革派とも云います。

では、右派と云われている輩は居ないのでしょうか。右翼や極右と云われている輩は少数乍ら居ます。居ますが、99%胡散臭い輩です。ん?ネット右翼なるものが居るって?これは又悪い冗談ですね。あの連中の本性を、聡い貴方なら既に知っているでしょう。調子がいいだけの輩は国士とも云えません。粋がっている癖に、都合が悪ければ直ぐに逃散する輩等、端からシカトです。

そうなると本当に日本を憂いている国士は殆ど居ない事となります。本当に憂いていれば、とっくの昔に国政へ参加しています。国政に参加出来ない様に圧力が有ったか、若しくは自己圧殺で目立たぬ様に一生終えたのかどうか分かりません。兎角、戦後の奇妙な政治体制で真の独立国家を目指す方向性が等閑にされた事は否めません。

アメ公は大昔に日本国の真の独立国家樹立方向性への承認をしています。だから、或る時に同盟関係なる文句を強調する様になりました。それと同時に、改憲若しくは新憲法の動きが有った訳です。然し、媚米派が仕掛けた動きです。アメ公準属国から完全属国への道筋に過ぎません。一方、媚中派がやたらと中共に媚びるのはアメ公との牽制で、或る意味、日本の今までの主権を固守する動きなのです。

日本軍を持っていないが故の悲劇です。大国の狭間に挟まれた小国の喧しさです。だから国内も然りです。政治の世界に於いて、顕著にその模様が表れています。そうそう、外交もそれに担います。戦後から、彼方立てば此方立たずの繰り返しです。二進も三進も行かない事が多く、仕方が無いので金品を差し出して土下座でお詫びを繰り返すのです。理想は飽くまでも理想です。現実に照らし合わせれば、平和憲法なるものは時代に取り残された遺物とも云えましょう。真の平和を望むのなら、争いを止める術を行使する事が先決です。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/885-2f840c6d

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。