まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/06 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • » 2017/08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ネタごときで・・・。

朝日「死に神」報道に法相激怒 「死刑執行された方に対する侮辱」
6月20日11時12分配信 産経新聞

 今月17日に宮崎勤死刑囚(45)ら3人の死刑執行を指示した鳩山邦夫法相を、朝日新聞が18日付夕刊で「死に神」と報道したことについて、鳩山法相は20日の閣議後会見で、「(死刑囚は)犯した犯罪、法の規定によって執行された。死に神に連れていかれたというのは違うと思う。(記事は)執行された方に対する侮辱だと思う」と強く抗議した。

 「死に神」と鳩山法相を表現したのは、18日付朝日新聞夕刊のコラム「素粒子」。約3年の中断を経て死刑執行が再開された平成5年以降の法相の中で、鳩山法相が最も多い13人の死刑執行を行ったことに触れ、「2カ月間隔でゴーサイン出して新記録達成。またの名、死に神」とした。
 会見で、鳩山法相は「私を死に神と表現することがどれだけ悪影響を与えるか。そういう軽率な文章を平気で載せる態度自身が世の中を悪くしていると思う」と朝日新聞の報道姿勢を批判した。


朝日新聞夕刊素粒子欄「死に神」の表現、鳩山法相が抗議
6月20日11時43分配信 読売新聞

 鳩山法相は20日午前の閣議後の記者会見で、これまで13人の死刑執行を命令したことで、6月18日付朝日新聞夕刊1面素粒子欄で「死に神」と表現されたことについて、「大変問題だと思う。軽率な文章については心から抗議したい」と述べた。

 法相は「死刑囚にだって人権も人格もある。(表現は)執行された方々に対するぼうとく、侮辱でもある」と話した。

 朝日新聞は「永世死刑執行人 鳩山法相」「2カ月間隔でゴーサイン出して新記録達成。またの名、死に神」などと報じた。

 鳩山法相による死刑執行命令は、17日に連続幼女誘拐殺人事件で死刑が確定した宮崎勤死刑囚ら3人の刑執行で、後藤田正晴法相が1993年3月に一時中断していた死刑執行を3年4か月ぶりに再開して以降、最多となった。

 朝日新聞社広報部の話「社としてコメントすることはありません」


<鳩山法相>朝日新聞の「死に神」報道不快感
6月20日12時20分配信 毎日新聞

 鳩山邦夫法相は20日の閣議後会見で、連続幼女誘拐殺人事件の宮崎勤死刑囚ら3人の死刑執行について法相を「死に神」と表現した朝日新聞の報道に「執行された方々に対する侮辱。彼らは死に神に連れて行かれたのとは違う」と不快感を示した。

 問題となった記事は朝日新聞18日夕刊1面コラム「素粒子」。執行再開(93年3月)以降の法相で最多の執行数となったことに触れ、「またの名、死に神」などと表現した。

 鳩山法相は「マスコミは(執行数を)野球の打率のように論評するが、私は粛々と正義の実現のために法相の責任を果たしている」と述べたうえで、「人の命を絶つ極刑を実施するのだから、私も心境穏やかではないが、社会正義のために苦しんで執行した。恐ろしい事件を起こした宮崎死刑囚にも人権も人格もある。軽率な文章だ」と話した。【石川淳一】


「死に神」批判に猛抗議=鳩山法相
6月20日15時0分配信 時事通信

 鳩山邦夫法相は20日午前の閣議後の記者会見で、就任以来13人の死刑を執行した法相を「死に神」と表現した朝日新聞の記事を取り上げ、「彼ら(死刑囚)は死に神に連れて行かれたのか。違うだろう。執行された方に対する侮辱で、軽率な記事に抗議したい」と憤りをあらわにした。
 鳩山法相は「斎戒沐浴(もくよく)して(死刑囚に関する)記録を読む心境は穏やかではないが、社会正義実現のためにやらざるを得ないという思いでやってきた」と述べ、死刑執行は法相としての責務と強調した。 


日本五大新聞の一つに挙げられては居るけれども、実体は東京スポーツ新聞と同様です。俗に云うネタ系全国新聞なのです。殆どが笑えないネタで占められていますが、時偶に秀逸なものが出て来ます。具体的に例を挙げると、「珊瑚礁にK.Y.」なる捏造物等が有名でしょう。そんな物議を醸す素晴しいものが出て来るものですから、意外とこの新聞を愛読する諸兄は沢山居ます。

鳩山邦夫法務大臣も愛読者だったのでしょう。朝日新聞に貶される程、この世に名誉なものは有りません。一応、表面だけでも怒りを露わにしておかないと、愛読者振りが分かってしまいます。体制に睨まれたら、罷免されてしまうからです。怒りの表情こそ露わにしていますが、内面はニコニコです。それが分かっているからこそ、当の朝日新聞社はノーコメントで謝意を表わしています。

朝日新聞の独自なスタンスが祟って、日本五大新聞から外されようとしています。余りにもネタ過ぎてです。寧ろ日本一大ネタ系新聞として確立させた方が朝日新聞にとって名誉となりましょう。そう、その分野で独占です。独占程、彼方としては好きな物は無いでしょう。これからは日本四大新聞でしがないシェアを競い合っているのを傍らに、朝日新聞だけは悠々と独占を謳歌する事になります。

因みに日本四大新聞とは、読売・毎日・日経・産経です。毎日も朝日に近い部分も有りますが、一貫として日和見主義です。都合の良い方にだけ付くどっちつかずです。読売と産経は云うまでも無いでしょう。日経は経済専門です。経済のみで全国区になるのですから、或る意味朝日よりは素晴しい努力です。独自のスタンスを極めた故の強みです。

然し乍ら、日経もやや朝日に近くなり始めてきました。そこの部分が気懸かりです。バックに何が有ったのか分かりません。今後、詰まらない事に拘れば、朝日と同じネタ系に堕ちます。日本二大ネタ系新聞に連ねる羽目になるかも知れません。その危惧を考慮すれば、毎日も可能性が有ります。十数年後、日本三大ネタ系新聞に連ねる可能性も有り得ます。はっ!読売も産経も或る意味に於いてはネタ系に近い部分も窺えます。これらも参画して、日本五大ネタ系新聞が成り立ったら・・・笑えない事となります。

素粒子


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/887-eccaeeae

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。