まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/06 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • » 2017/08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


そこまでしたいのか・・・。

生活保護世帯への地デジチューナ配布などを取りまとめ
6月23日22時30分配信 Impress Watch

 総務省の情報通信審議会 情報通信政策部会(第30回)が23日開催された。同政策部会の委員会から、第5次中間答申に向けた報告が行なわれた。

生活保護世帯への簡易チューナ配布を提言

 「地上デジタル放送推進に関する検討委員会」で協議が行なわれていた「地上デジタル放送の在り方」ついては、中間答申案がまとめられて、承認された。

 同案は、2011年のデジタル放送完全移行に向け、「今後3年間を最終段階と位置づけて」まとめられた。難視聴対策のための衛星放送の活用や、アナログテレビへのシール貼付、放送終了の告知のためのメッセージ表示、地上アナログ放送終了後のアナログテレビのリサイクルなどが盛り込まれている。低価格チューナの開発/流通については、「2009年夏までに実現できるよう取り組むべき」と言及している。

 加えて、地上デジタル放送の完全移行に向け、生活保護世帯を対象に、国が専用チューナを無償で支給する方針を決定した。2007年の第4次答申で触れている「自己負担による購入」を原則としながらも、「経済的な理由により、必要最小限の対応すらできずに、テレビが視聴できなくなり、災害時も含めた必要な情報をこれまで得ていたのに得られなくなる事態が生じることのないよう、支援を行なうことが適等」とし、2009年度から生活保護世帯を対象に、簡易チューナの無償給付を行なうよう提言している。

 2006年度の生活保護世帯は約107万世帯で、これらの世帯が対象となる見込み。なお、給付の方法については、「現物給付を基本とし、国において具体的検討を行なうべき」としている。また、現物給付による一括発注により、簡易チューナの低価格化も促していく。さらに、必要に応じて室内アンテナの給付や屋外アンテナの回収等の支援も検討すべきとしている。

 また、2008年秋に全国10箇所に「テレビ受信者支援センター(仮称)」を設置。センターは地方公共団体や放送事業者、メーカー、工事事業者、販売店などが協力し地域密着型の組織として運営。説明会の開催や工事業者の紹介などを担当する。完全移行に向けて取り組む。さらに、「2009年初頭には全都道府県に一箇所は設置するべき」としている。

■ デジコン委員会は骨子案を提出

 「ダビング10」の決着を見た、「デジタル・コンテンツの流通の促進等に関する検討委員会」からは、答申案ではなく、骨子案が提示されるにとどまった。答申案の文面等について24日に委員会で議論し、まとめる予定。

 ダビング10の開始日時については、19日の委員会の合意を得たことと、Dpaが23日に開始日時を7月4日午前4時に決定したことを報告。答申案の文言については、次回委員会で確定するが、「情報通信審議会として、私的録音録画補償金の議論について早期の合意形成を図られることを期待する」との趣旨の骨子案に対して、同委員会の委員を努める消費者団体の代表からは「ダビング10と補償金の問題を切り離す、としているが、もともと委員会で補償金の問題を扱っていたわけではない。“期待する”というという人がいるのはわかるが、“期待していない人もいる”(高橋委員)」との意見も出た。

 デジタル放送のコピー生後に関わるルールの担保手段(エンフォースメント)の議論についても、前々回の委員会の内容の整理などが報告されたほか、コンテンツの取引市場の形成など取り組みなどについても報告された。これらも、24日の委員会の議論を受けて中間答申案を決定する。


正確には生活保護世帯だけではなく、貧素な年金生活世帯も含まれています。引用記事では生活保護世帯のみで展開していますが、それだけでは人気取りにならないと判断した康夫の一言で先程の世帯も含まれる様になったようです。例のあの方が強引に進めた後期何たら何たらに対するお詫びのつもりで一言が付け加えられた様です。

アナログ波が停止されたその日から民間放送局は一気に冬の時代へ突入する事でしょう。抑、地上デジタル放送電波受信を一方的に強制した理由は利権構造確立の為です。国とテレビ局と大手電機メーカーの思惑が一致した事に有ります。更なるお金儲けに国民を利用する悪辣なものです。国が国なら、これも大暴動に発展する重大なものです。

前にも語った事が有ります。大いなるシカトです。存在を一切無視する事です。これが一年以上続いたら、先程の三者は苦境に立たされます。下手すると二進も三進も行かなくなって潰れる処も出そうです。国民の大いなるシカトに業を煮やした国はアナログ波再発信を命ずる羽目に陥るでしょう。若しくは全世帯に簡易チューナ又は標準チューナを散蒔く事で事を納めるかも知れません。

既に知っているかも知れませんが、デジタル放送受信機で大きな問題が有ります。そう、タイムラグです。ワンテンポなら我慢が出来ましょうが、ワンテンポならぬ深呼吸の間です。約二秒位のタイムラグが有るのです。これは大きな弱点です。緊急災害時には一切役立たない通信手段となっています。寧ろアナログ放送の方が通信手段と云う限定に限れば数段上です。

もう一つ有ります。荒天時には一切役立たないのです。ブロックノイズの嵐となります。颱風や大雨等は、ラジオ等の代替通信手段が無い限り、緊急災害孤立難民となりうるのです。小さな政府促進故に、一般庶民が野晒しにする意図がありありと窺えます。そこまで語ったら、何故急いでデジタル放送に進みたがるのか・・・そういう事なのです。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/894-94a47493

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。