まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/10 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • » 2017/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


だいたんなたかりやね・・・。

<ニッポン密着>76歳孤独死、8カ月後の今も家賃 UR、主なき口座から
7月6日11時17分配信 毎日新聞

 ◇身寄りなく、URは「放置」--足立の旧公団住宅

 都市再生機構(UR、旧日本住宅公団)の賃貸住宅団地で、居住者が孤独死した後も、URが家賃を金融機関口座から引き落とし続けていることが分かった。部屋も死亡時の状態のままにされている。URは「退去手続きや残された財産管理の引き受け手がないためのやむを得ない措置」としているが、違法性を指摘する専門家もいる。居住者の高齢化などで孤独死が急増している状況の中、法的な整備を求める声が出ている。

 東京都足立区の花畑(はなはた)団地(2725戸)で昨年10月、福岡県出身の76歳の男性が自室で病死し、1週間後に見つかった。

 既に8カ月以上が経過し、男性の身寄りも分からないにもかかわらず、URは男性の口座から毎月3万円前後の家賃の引き落としを続けている。

 さらに、「居室は維持したまま身寄りを探している」(UR関係者)として、男性の部屋は遺体発見当時のままにされている。しかし、孤独死があったことを知る同じ棟の居住者は「部屋がなんでそのままなのか」と不審そうに話す。

 1964年に入居が始まった花畑団地は老朽化が著しいため、URは新たな入居募集をせず、一部を取り壊して再開発する方針を決めている。

 UR東日本支社総務企画部は「死亡後も家賃の引き落としが続くケースはある。期間は個別の事情で異なるが、長期間に及ぶ場合は一部を遺族に戻したり、国庫に入れる」としている。

 URは全国で約1800団地77万戸の賃貸住宅を管理。URが統計を取り始めた99年度の孤独死は207人だったが、毎年増え続け、最新の06年度では517人で2・5倍に膨らんでいる。

 今回の問題について、経済アナリストの森永卓郎さんは「民営化してURになる前の日本住宅公団は居住者に親身で、考えられない対応だ。利益確保のため意図的に放置したと見られても仕方がない」と批判する。

 羽衣国際大の岸本幸臣教授(住居学)は、「入居者が亡くなった時点で、民法上の賃貸借契約は解約されたと解釈すべきで、その後の家賃徴収は違法だ。しかし、親族が見つからずに荷物が搬出されない場合はURも対処に迷うだろう。身内のない独居老人が亡くなるケースは今後、増える可能性があり、民法上問題が出ない対処方法を法的に整備する必要がある」と指摘している。


これは始めにお金有りきです。血も涙も有りません。所詮は天下り団体です。懐に入る物が有る限り搾取仕続けます。再生と名ばかりの利権に塗れた輩が今も集っています。この亡きご老人のベランダに今も尚洗濯物が干されたままです。この一件だけでも相当に阿漕である事が窺えます。奴等の頭にはお金しか興味が全く無いのです。

向こうは巫山戯ているつもりではなくても、巷から見れば巫山戯やがってとしか思えません。元々特権階級に居た輩が主ですから、庶民の常識が全く分かりません。ですから件の引用記事のような巫山戯た事を平気でし出来すのです。まさに人でなしです。逆を云えば、人でなければ我々が奴等に何をしても構いません。何れはその方向性に導かれましょう。

向こうは向こうで我々を人として一切見ていません。特権階級に長い間に居過ぎた所為でしょう。感覚が通常の人と違う物を持ってしまっています。故に我々を金の成る木としか見えないのです。そんな感覚が当たり前の様に身に付いてしまったとしたら、あんな非道が平気で出来るのも頷けます。そういう事なら、人でなしの表現が良く似合う筈です。

人でなければ、何をしても構わないと云う論理は理に適う筈です。中共の漢族が隷属民族に対する仕打ちと同じ論理が当て嵌まります。又その逆も真なりです。そう、主たる立場を入れ替えても、どちらも対象となりうるのです。多少パラドックスに陥りましたが、立場如何で如何なる攻撃も可能なのです。日本はいつまでも優しい国で有り続ける事は無いのです。階級闘争が何かの切っ掛けで起きる可能性を秘めているのです。

いつまでも他人任せは世界には受け入れません。自分から動く民族や国が世界に評価される時代なのです。政治屋や役人や悪徳資本家等に牛耳られた儘では、世界から見放される時代になっているのです。新しい形の日本の在り方を模索しつつ、それを実現に繋げる絶え間なき努力を我々がやらねばならないのです。先ずは全てにNOを掲げましょう。そこから創造が産まれる筈です。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/901-f181375c

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。