まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/08 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • » 2017/10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ずれちゃった・・・。

<学士力>大学教育の質保証へ国が指針…中教審答申案
7月8日22時25分配信 毎日新聞

 中央教育審議会の大学分科会は8日、大学生の学力低下を防ぐため、面接などを重視して合否を決めるアドミッション・オフィス(AO)入試や推薦入試でも学力を把握する措置など、大学教育の質を保証する対策を求める答申案をまとめた。中教審は近く渡海紀三朗文科相に答申する予定で、文科省は大学の指導改善を促す働きかけを強めることにしている。

 答申案は、日本が大学全入時代を迎え、「学位が国際的な通用性を失う懸念が強まっている」「『出口管理』の緩さに対して産業界の不信感がある」などと危機感を表明。「質の維持・向上の努力を怠る大学の淘汰(とうた)は不可避」として、体制に不備のある大学については「財政面で厳格に対応すること」を求め、補助金などのカットも示唆した。

 具体策としては、多文化理解やコミュニケーション・スキルなどの項目で測る「学士力」を国が指針として示し、各学部共通で身につけるべき能力の基準にすることを要求。高校生の基礎学力を測ると同時に、そうした入試の参考ともなる「高大接続テスト」(仮称)を新設することについての研究促進も求めた。【加藤隆寛】


昨日はプリンターの故障で同じ様な機種を求めに街を彷徨っていました。プリンターヘッドの不調で印刷すら出来なくなってしまい、中味がちゃんと有ればゴミ外見でも良いと云う条件で彼方此方と彷徨っていたのでした。で、五百二十五円でジャンク物を拾ってきました。何やら紙配給が出来ないとの事。最低限プリンタヘッド部分がまともで有れば良いと云う事で拾ったのです。

ジャンク物を拝見いたしました。確かに紙配給が出来ない様です。プリンターヘッド部分はどうやら良さ気の様です。ですが、外観が埃でうっすら汚れていたので、取り敢えずはエアーで吹き飛ばします。ん?何やら白い球状物体が出て来ました。何じゃらホイと指で摘んだ処、発泡スチロールの丸い欠片です。若しやと思い、配給部分にこれが詰まっている所為と云う事で念入りにエアーで吹き飛ばしを何度も繰り返しました。二個位しか出て来ません。

まあ、物は試しと云う事で、紙をセットし、配給ボタンを押します。で、紙が吸い込まれません・・・。何度かトライしている内に、急に紙が斜めに吸い込まれていきます。それでも無理に配給させてみました。直後に点検をしてみると何やら怪しい白い球状物体が姿を現しています。これが諸悪の原因でした。これが出て来た事で、全く普通のプリンターへと変わりました。肝心の印刷です。横筋擦れが有りますが、インク排出に難は無い様です。取り敢えずは分解清掃を施して、メインに据えました。

因みにこのプリンター、物凄く古いです。古いですが、物凄く綺麗に印刷が出来ます。現在物と比べれば、大差は有りますが、或る分野に於いてはタメが十分に張れるのです。所謂名機と云われている物です。しかも適度なメンテナンスを施せば、物凄く長く使える物なのです。故障した奴が残っています。部品取りか、もう一度充分なメンテナンス清掃且つ修理を施す予定です。

あれ?引用記事の話題に触れていません。そうですね・・・入る時を緩慢に、出る時を厳密にすれば、全て丸く収まります。平たく申し上げると、最初は誰でも入れますが、その後の単位取得が容易に出来ない様にする事です。学問に精を出していない且つ成果を出さない輩には単位を一切与えてならない事です。区分けが大好きな日本民族には到底受け入れられない向こうのシステムそのものですが・・・。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/902-927e5a88

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。