まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/08 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • » 2017/10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


みそじのかくらん・・・。

山本モナ、不倫報道の代償は大きかった・・・謹慎処分を所属事務所が発表
7月10日23時9分配信 オリコン

 プロ野球選手との不倫関係を10日(木)発売の一部女性週刊誌に報じられたタレントの山本モナが、自身がキャスターを務める情報番組『サキヨミ』(フジテレビ系・日曜夜10時~)の出演を見合わせることを所属事務所がFAXでコメントした。また山本に謹慎を命じたことも明かされ、当分の間、全てのテレビ局の番組出演についても同様の処置をとることが発表されている。

 所属事務所は「山本モナの軽率な行動がこのような事態をひきおこし、レギュラーの出演番組をはじめとして、CMのスポンサーも含む多くの関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけすることとなり、当社はマネージメントの責任者として各社に今回の事態のご説明とお詫びをしてまいりました」と激動の1日を報告。

 そして「一昨年のTBS『ニュース23』での番組降板騒動にもかかわらず、番組キャスターとして大抜擢していただきながら、第一回目の放送終了の当日に今回の騒動を引き起こしたということで、キャスターという重責を預かった立場にはふさわしくない、自覚に欠けた行動であった」との見解を示し、関係者に深く詫びた。

 最後に「本人も記事掲載となった軽率な行動を深く反省しております」と山本の現況を説明するとともに「今後は、このようなことが再び起きませんよう、社内での指導・教育に努めてまいる所存でございます」と綴られている。


不倫騒動山本モナ 番組降板しテレビ出演も自粛
7月10日21時5分配信 J-CASTニュース

 タレントの山本モナさん(32)に再び不倫疑惑が浮上し、その「性癖」がクローズアップされている。週刊誌に狙われることは分かっていたにもかかわらず、また「問題行動」を起こし、番組降板が決まった。

■「サキヨミ」出演を当分見合わせ

 山本モナさんは、ブログの2008年6月4日付日記で、新宿2丁目で記者に追いかけられたと告白していた。J-CASTニュースでも同日の記事で報じたことだ。ところが、そのわずか1か月後に、ほぼ同じ現場で女性セブン記者の餌食になったのだ。

 7月10日発売の同誌によると、モナさんは7日午前4時半過ぎ、巨人の二岡智宏内野手(32)とタクシーで熱いキスを交わし、そのまま五反田のラブホテルに入った。6月4日のと同じ店かは分からないが、新宿2丁目のゲイバーで同様に遊んで店を出る行動を同誌記者にキャッチされた。もちろん、6月4日のと同じ記者かどうかも定かではない。

 モナさんは、06年10月に民主党代議士との「不倫路上キス」発覚で、TBS系「NEWS23」のキャスターを事実上降板。その後、バラエティに出演し続け、7月6日夜は、フジテレビ系「サキヨミ」に生出演。1年9か月ぶりに、キャスターとして復帰したところだった。

 現場を押さえられただけに、モナさんも早速、事実関係を認めた。9日にマスコミ各社にFAXを送り、二岡内野手に勢いでキスを迫られ、「ホテルで飲み直そう」と言われてやむなく入ったと説明した。「本当にお酒を飲んだだけで、他には何もなかったと天に誓って申し上げます」としながらも、「軽率な行動」とお詫びしている。

 再びの失態に、モナさんが所属するオフィス北野の森昌行社長は10日夜、J-CASTニュースの取材に対し、FAXを通じて回答。「キャスターという重責を預かった立場にはふさわしくない、自覚に欠けた行動」として、次回からの「サキヨミ」出演を当分見合わせることを明らかにした。また、すべてのテレビ出演なども当分見合わせ、本人には当分謹慎するように命じたとしている。

■「必ずしも依存症とは言えない」

 「恋多き女」として、艶聞が絶えないのが山本モナさんだ。

 2007年8月下旬には、10年越しの付き合いというゲームクリエーター氏とのフィリピン2ショット旅行をフライデーに撮られている。最近は、関係を否定したものの、サッカー元日本代表の三浦知良選手(41)と会っていたことも話題になった。

 アメリカでは、不特定多数の異性と関係を続ける「セックス依存症」という精神病が広く認知されている。「全米セックス中毒協会」が設立され、会員数は1000万人を超すという。1998年にホワイトハウスの実習生女性と性的関係を持ったクリントン前大統領がそう見られたことがきっかけで、依存症の存在がクローズアップされるようになった。

 モナさんは、07年1月30日放送の「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)で、「私はキスが我慢できない」「好きになるのは友だちの彼氏」などと告白している。モナさんに、依存症の可能性はないのだろうか。

 「はりまメンタルクリニック」院長で精神科医の針間克己さんは、セックス依存症について、こう話す。

  「アルコールやギャンブルの依存症と同じ医学的な概念で、依存症に罹ると、セックスのことばかり考えたり行動したりして、実際の社会生活が破壊されます。例えば、会社で女性にやたらと手を出してクビになったり、浮気、離婚を繰り返したりするような場合です」

 モナさんについての見方は、こうだ。

  「キャスター降板で一時的に社会的ダメージを受けても、その後の仕事面でマイナスはなく、必ずしも依存症とは言えないのではないかと思います。依存症であれば、だれかれ構わず異性と関係を持とうとします。きちんと計算して、一流の男性と関係を持ち、タレントの価値を高めているようなケースも、もちろん依存症ではありません」

 今後、モナさんがどうなるかは分からないが、依存症とは言えないようだ。

 ちなみに、最近は日本でも、「浮気を止められない」「のぞきや痴漢をしてしまう」という相談を寄せられるようになってきたという。ただ、治療はなかなか難しく、自助グループもいくつかできているほど。まずなぜ依存するかを振り返らせ、別のことで人生を充実させる方法を考えさせることで治療していくという。


三度目の正直は恐らく無いでしょう。仏の顔も三度までに辿り着くかも疑問です。報道志望とは云え、下半身の節操の無さが将来の禍根となりましょう。いや、誘った野郎共の節操の無さが禍かも知れません。有名人ともっと仲良くなりたいが為に誘われたら嫌と云えない女性の哀しい性と云えましょう。

今回の件で、有名人限定ですが、誰とでも寝てしまうイメージが女性に印象付けられました。野郎共も云うまでも無いでしょう。思うのですが、何故女性だけがきつい懲罰を科さねばならないのでしょうか。強引に誘った野郎共に非は無いのか、この点に於いて甚だ疑問に思います。

まるで野郎共側が被害者ぶっている印象を世間に与えています。事の顛末は全て野郎共が切っ掛けであらゆる行動に非が有ります。偶々誘われたら嫌と云えない女性が近くに居たに過ぎません。しかも下半身に節操が全く無いと来ています。欲望に忠実と行動してしまいます。

生まれ持った気質なのでしょう。これだけは癖の様なもので治しようが有りません。欲望に忠実なのは致仕方有りません。如何に使い様なのです。上手い事立ち回れば、禍根無く平然と人生を謳歌出来た事でしょう。只残念なのは女性のオツムが多少弱いのが荒立て事に巻き込まれる原因となっています。

話は変わりますが、この醜聞ネタを話題にしますと何処かしらスパムコメント&トラックバックが此処に舞い込んできます。内容が面白そうだと向こうに行けば必ず痛い目に遭います。成る可く嗚呼云った巫山戯た処からのスパムの削除に努めていますが、自分には日々の生活が有ります。故に至らない部分が出てしまう嫌いが有るかも知れません。そうそう、モナに北欧の血が半分流れて居るんでしたね。そうなると血は争えないと云う事かも知れません。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/904-afd244a9

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。