まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/06 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • » 2017/08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ほら、せいかくのわるいやつがやるよ・・・。

【下関通り魔殺人】最高裁、上告棄却 上部被告の死刑確定へ
7月11日15時25分配信 産経新聞

 山口県下関市のJR下関駅で平成11年、5人が死亡、10人が重軽傷を負った無差別殺傷事件で、殺人などの罪に問われた上部康明被告(44)の上告審判決が11日、最高裁第2小法廷であった。今井功裁判長は「何一つ落ち度のない駅利用者らを襲った犯行は極めて悪質」として、上部被告側の上告を棄却した。上部被告を死刑とした1、2審判決が確定する。
 上部被告は対人恐怖症に悩んでおり、弁護側は「被告は犯行時、妄想に支配されて行動制御能力を失っていた」などと主張していた。
 これに対し、今井裁判長は「記録を調査しても、被告が犯行当時、心神喪失、心神耗弱ではなかったとした高裁の判断は相当だと認められる」と述べ、弁護側の主張を退けた。
 その上で、「将来に失望して自暴自棄になり、自分をそのような状況に陥れたのは社会のせいなどとして、社会などに衝撃を与えるために多数を道連れにする無差別大量殺人を企てた」と指摘。「動機に酌量の余地は見いだし得ず、犯行態様も残虐、非道というほかない」と述べ、1、2審の死刑判決を追認した。
 判決によると、上部被告は11年9月29日夕、JR下関駅付近の歩道や駅コンコースに乗用車を乗り入れ、通行人ら7人を相次いではねて2人を殺害、5人に重軽傷を負わせた。さらに、乗用車から降りた上部被告は包丁で駅にいた乗降客ら8人を次々に刺して3人を殺害、5人を殺害しようとした。
 上部被告は、大学を卒業後、1級建築士の資格を取り開業したが失敗。新たに始めた運送業も、台風でトラックが壊れてしまい意欲を失った。さらに、妻に離婚を切り出され、犯行前には、「自分は世間から不当に冷遇されてきた」などと思い込んでいた。


過去の通り魔殺人事件の数々を拝見してみました。大昔はポン中や気狂いの類が起こしたのが殆どだったものが、何故か此処十年位前から手前勝手な奴が起こしたのが大半となっています。全て自分の事を棚に上げて社会や他人に責任転嫁です。そんな理不尽な性格の持ち主が兇悪犯罪を仕出来す頻度が益々高まっています。

秋葉原の加藤智大と下関の上部康明と性格が全く酷似しています。いや、殆ど同じと云っても過言有りません。下関だけではなく、他地域の通り魔殺人事件の類も同様です。あの宅間守でさえもこの性格に同一です。生まれ育ちや世代に差異は有れど、不思議と一致します。或る時期から日本は変異を起こしたのかも知れません。

何故、あんな巫山戯た性格に至るのでしょうか。共通点は数々有れど、詰まる処、人生に於いて不器用過ぎたと云う点に尽きます。不器用さ故に自らの非を全く理解出来ない事に繋がります。自らの非を諭す事が出来るのは身近な存在だけです。身近でなくても他人だけが出来る行為なのです。諭すべき存在感の無さが手前勝手な性格を位置付けられたとも云えましょう。

或る時期から嗚呼云った特異な輩が登場仕続けている現状から、社会構造に変異が有った証を示しています。恐らくは、適当に努力しても殆どの夢は夢の儘で必ず終わると云う戯けた譬えが通用する時代になってしまった事からだろうと思われます。余程の事が無い限り上へ登り詰める事が出来ない時代に変異したのでしょう。

もう一つ有ります。これは運の無さに尽きます。人生運と云うか、呪われた様に次々と人生に於いて不幸に襲われ続けています。然し、第三者から見れば、一部では如何とも仕難いのが有りますが、本人の意欲次第でどうにでもなる類が殆どなのが、奴等に対する温情に繋がりません。然るに気性は元からなのです。気性があんなんだから不運を呼び込むのです。色々な事情はありますが、周りが上手い事やっても、兇悪犯罪傾向は止める事は出来ないものと思われます。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/905-d9043ae1

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。