まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/10 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • » 2017/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


かったもんがちだな・・・。

使い切りタイプも登場 「低価格デジカメ」静かなブーム
7月27日18時47分配信 産経新聞

 機能を絞り込んだ低価格のデジタルカメラが静かなブームになっている。デジカメは顔認識や手ぶれ補正機能などを搭載した高機能モデルや、一眼レフが市場を牽引(けんいん)しているが、低価格デジカメは子供用など新たな需要を掘り起こしつつある。

 日本ポラロイドが4月に発売した「i535BB」は実勢価格が9800円前後。大手家電量販店のビックカメラとベスト電器と共同で「1万円以下」をコンセプトに開発した。手ぶれ補正機能もなく、撮影環境に応じた細かな設定もできないが、画素数は500万で光学3倍ズームを搭載し、L判の写真印刷ができる水準を確保した。

 すでに用意した数千台は完売し、日本ポラロイドが「こんなに売れるとは思わなかった」と驚くほど。8月の再出荷に向けて生産を急いでいる。

 おもちゃ感覚で撮影でき、雑貨店や書店などで販売されているトイカメラも人気だ。約3000円からという価格だけでなく、単純な構造による“低品質”も「個性的で味のある写真が撮れる」と評価されており、プロカメラマンのファンもいるという。

 使い切りタイプのデジカメも8月に登場する。写真ショップ「55ステーション」を展開するプラザクリエイトは、廃棄された携帯電話の部品を再利用した「エコデジモード」を全国1200店で売り出す。価格は27枚撮り1280円から。

 画像データは取り出せず、カメラをショップに持ち込み、1枚37円で現像を依頼する。大きなブームとなった使い切りカメラだが、デジカメでも新たな市場をつくるかもしれない。(西村利也)


五百万画素のデジタルカメラのお値段も二年程変化が全く無い様です。通常は技術の進歩でお安くなるのが当たり前です。二年も間が開けば五千円程になっている筈です。これが全く変化がないと云う事は、相も変わらず多画素偏向主義が強いのでしょう。比較的市場に影響が無い為に、据え置きのまんまとなっています。

そう云えば、自分もユニデンの五百万画素のデジタルカメラを購入していました。久々にユニデンのサイトを覗いて見ましたが、とっくに生産終了してしまったようです。上位機種である七百万画素が頑張っていますが、余り芳しくはないようです。と云うよりもこれも生産終了に近いようです。今はアウトレットで新古品のみが売られているようです。

自分としては七百万画素はお薦めしません。同程度の他メーカーの方が質として上です。しかもお値段も勉強されています。一方、生産中止となった五百万画素は引用記事の奴と比べて遙かに質が上です。これだけは断言出来ます。残念乍ら、新品は一切出回っていません。有るのは中古か新古品だけが、意外とお高く売られているのみです。

実は初心者であってもユニデンの奴で勉強すると、相当に腕が上がります。高級機種に移行しても、容易く上手く取れる位に上がります。デジタルカメラ入門機としては手応えが有り過ぎますが、勉強と云う面に於いては其れ程の機種はないのです。この件で欲しくなったとしても、残念ながら後の祭りです。そうそう、ユニデンの五百万画素のデジタルカメラの詳細が出ていませんでした。ここをご覧になって頂ければいいでしょう。

付属品が全く無いのが致命的になったのか、どうか分かりませんが、質が分かる人だけしか売れて居なかった様です。それでも口コミのお蔭で程々に売れていました。然し、その後の上位機種がいけません。これが引導を渡す事になったようです。又、故障等の対応にやや難が有ったのも影響していたようです。そんな自業自得でユニデンはデジタルカメラ業界から撤退する兆しを見せています。隠れた名機を生み出したのに徒花となってしまいました。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/918-ca5efb2e

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。