まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/10 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • » 2017/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あさましいよ・・・。

タミフル>異常行動、服用後が高率…岡山大教授ら指摘
7月30日22時18分配信 毎日新聞

 インフルエンザ治療薬「タミフル」(リン酸オセルタミビル)について、厚生労働省の研究班(班長・広田良夫大阪市大教授)が7月に発表した解析は誤りだとの指摘が医師たちから相次いでいる。班は「タミフルを飲んだ患者は、異常行動を起こす率が飲まない患者より約1割低い」との解析結果を示したが、指摘によると「飲んだ患者の方が約5割高い」のが正しい結果という。班の解析については厚労省の安全対策調査会の作業部会が評価を検討中で、近く調査会に報告する。

 班は昨年12月の「1次予備解析」でも「タミフルを飲んだ方が異常の率が約5割低かった」との結果を発表し、誤りを指摘されていた。取材に対し広田教授は「ノーコメント」としている。

 指摘しているのは、津田敏秀・岡山大教授(臨床疫学)、粂和彦・熊本大准教授(睡眠医学)、浜六郎・医薬ビジランスセンター理事長(内科)ら。

 調査は06年12月~07年3月、インフルエンザで医療機関を受診した患者約1万人を対象に実施。タミフル服用と、うわごと、おびえ、泣き出すなど軽い症状も含めた「異常行動」との関係を調べた。

 班は「タミフル使用者」7487人のうち服用後に異常行動を起こした人を889人(11.9%)と計算。一方で「非使用者」2228人のうち、異常行動は286人(12.8%)だったとした。

 しかし「非使用者」のうち99人は、実際はタミフルを飲んだが、飲む以前に異常行動を起こした患者。全く飲まなかった患者だけの人数は2129人で、異常行動は187人(8.8%)だった。99人の異常行動を、飲まなかった患者に加えたため、「非使用者」の異常の率を過大に算出したと指摘されている。

 また班は「使用者」では服用以降に生じた異常行動を数え、「非使用者」では受診後の異常を数えた。受診と服用には約半日の間があるとみられ、「非使用者」の方が長期間での異常率を出したことにもなっている。

 指摘を受けて、患者団体「薬害タミフル脳症被害者の会」は、解析の修正を求める文書を厚労省に送った。

 厚労省医薬食品局安全使用推進室は「解析の妥当性についてはコメントできないが、班の結果でタミフル服用と異常行動の因果関係が否定されたとは考えていない」と話している。【高木昭午】


先日、厚生労働省研究班の解析結果公表で、公にてタミフルと青少年の異常行動との因果関係を否定しました。単に熱に魘されての異常行動と、明言はしていませんが、そう云った類のものと決定付けられました。只、解析を頼んだ処が問題です。タミフルで儲けたい製薬会社に関係する機関が頂けません。公平無私の面で一寸と云う感じは有ります。

一方、タミフル元兇論を推し進めたい勢力の言い掛かりも一寸と云う感じが有ります。ウェブ検索等でそう云った勢力の詳細を調べると、無茶な論理主義が踊り捲っています。常識的に考えられない主張をするものですから、相当に眉唾となっています。どちらもどちらと云う不毛な戦いがタミフルと青少年の異常行動騒動なのです。

厚生労働省のは製薬会社とアメ公の為に身体を張って大いに抵抗しています。一方、元兇論を振り翳しているいかがわしい勢力は或る種の目的の為に無理矢理押し通そうとしています。どちらも新自由主義の傘下です。全てお金の為に庶民を等閑にして浅墓な押し問答を繰り返しているのです。そうそう、或る種の目的に、左の可笑しい主義思想も含まれています。

不毛な戦いが長引いた所為か、一般庶民もタミフルによる青少年の異常行動の因果関係に疑問を持ち始めて来ました。どう見ても青少年だけに発生頻度が高い事に或る種の疑問が浮かび上がったからです。単なる熱魘されが原因だと云う事です。小児は運動能力的に未熟です。発狂した様に飛び降りたり飛び出したり等の大袈裟な行動は出来ません。

成年は熱に魘されたとしても理性の箍が容易に外れません。結果大袈裟な行動が発生しにくいという事になります。然しその中間期である青少年は違います。運動能力は発展途上の最中で尤も活発な時期です。理性も未熟が大半です。容易に箍が外れ易く、発狂に至ってしまいます。精神病に罹患仕易いお年頃と云われている理由です。まあ、これが略全てでしょう。新自由主義の覇権争い等、お馬鹿な事は有りません。どちらも潰すのが将来の為になりそうです。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/921-15fd95a8

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。