まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/10 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • » 2017/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきらくなようでくるしいじんせい・・・。

今日の午後、ギャグ漫画の巨匠、赤塚不二夫が肺炎で死去したようです。2002年に脳内出血で植物状態となって、その間に看病をしていた奥さんを亡くす不幸が有ったのも記憶に新しいです。肺炎が死因の様ですが、病弱となった老人に最も多い死因です。肺炎特有の高熱を発せず、其の儘炎症が進んで手遅れとなる場合が多いのも老人性肺炎の特徴です。

食道癌に冒されていたと記憶しています。進行性だったと、これも記憶しています。内視鏡手術で部分的切除で済ませたようですが、1998年からですので、癌による影響は殆ど無かった様子です。何と云っても植物状態になってお酒が飲めなくなってしまったのが、今まで生き存えた大きな理由かも知れません。

ご健在の頃、確かにあれはアル中でした。しかも相当立派なアル中です。元々お酒が飲めない体質だった様ですが、人との付き合いを大事にしたいが為に、無理に無理を重ねて大酒家に身体を変えたようです。これが祟って、アル中と相成る訳ですが、そんな無理を重ねたこそ故の人の和です。何事も代え難い人の和が、アル中となってしまったとしても、生涯の財産となります。

これって、ネット上で日々の憂さ晴らしに興じている輩には絶対に持てる事の出来ない財産です。人を虚仮にする事を生き甲斐にしている輩には到底無理な財産です。この財産がない事で将来に引き起こされる恐怖を輩は感じているでしょうか。この恐ろしさは自らの今までの存在を全否定に結び付くものです。人の和に欠けている人間の末路を様々と笑い話の種となりそうです。

敢えて、そんな巫山戯た輩の具体的な末路例を語る事はしません。語らなくても、人の和の重要性を知っている人には十分理解出来るからです。小説や漫画、ドラマ、映画等の様な在り来たりなものではありません。もっと悲惨で、個人の尊厳が無視される位の凄まじいものです。無縁仏に放り込まれると云う様な類のレベルではありません。日本でこんな事が許されるのかと云う類とだけ、独り言を呟いておきます。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/924-5c9e9965

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。