まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/10 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • » 2017/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おもろいはっそう・・・。

禁煙補助薬「ニコチンパッチ」 石垣市が小学生にも無料処方
8月7日20時15分配信 J-CASTニュース

 沖縄県石垣市は、市内の小、中、高校生の喫煙者に対し、禁煙補助薬の「ニコチンパッチ」を無料で処方する取り組みを2008年8月6日から始めた。子供達をニコチン依存症から救出、未成年の喫煙者を減らす目的だが、小学生にまで「ニコチンパッチ」を提供することに対し、「本来は親の躾の問題」などと疑問視する声も出ている。

■若者はニコチン依存症なりやすく早めの処置が必要

 この取り組みは、石垣市健康福祉センターと八重山福祉保健所が、奈良女子大学の高橋裕子教授の協力を得て実施したもの。市内の小、中、高校生の喫煙者は、2つのいずれかの施設で禁煙のためのカウンセリングを受ければ「ニコチンパッチ」が無料で支給される。親や教師の付き添いが基本だが、一人で訪れてもプライバシー保護のため学校や家庭には知らせない。同市の資料によれば、03年に調査した高校生の喫煙率は男子生徒が31.1%。女子生徒は13.6%。小、中学生で喫煙問題が起こったのは、07年度は個人、集団を含め小学生が3件、中学生が59件だった。

 石垣市健康福祉センターの知念修所長はJ-CASTニュースの取材に対し、小学4年生頃から興味本位でタバコを吸ってしまう子供がいるが、若年層はニコチン依存症になりやすいために早めの処置が必要だ、と説明する。また、八重山は「世界禁煙デー」が始まった88年から喫煙問題に取り組んでいて、市の施設や空港内などで全面禁煙を実施。現在は敷地内での禁煙も広げている。観光地として今以上に親しんでもらうことも目的で、

  「未成年者のタバコを吸う習慣をなくせば、大人になってからの喫煙者数も減らせる。健康的な生活と、観光地としての親和性が高められる」

と話している。

■「親は子供からタバコを取り上げ、24時間監視すべきだ」

 小学生にも「ニコチンパッチ」を配布するというのは何か違和感があるが、教育現場はどう思っているのだろうか。石垣市教育委員会の小中学校担当者は、

  「新聞に書かれているのは知っているが、教育委員会に(石垣市健康福祉センターから)正式な文章が来ていないため、何もコメントできない」

と話すだけだった。

 月刊誌「正論」(08年9月号)に「たばこのみを狙い撃つ『空気』への大いなる違和感」を寄稿したジャーナリストで産経新聞客員編集委員の花岡信昭さんはJ-CASTニュースに対し、特に小学生への「ニコチンパッチ」支給は「ばからしい事」と一喝した。

  「『ニコチンパッチ』に頼らなくても、親は子供からタバコを取り上げ、24時間監視するような態度を示さねばならない。本来は親の躾の問題で、それだけ日本の親が崩壊しているかのような印象を受ける出来事だ」


地域性も有ると思います。石垣市と市が付いていますが、実質、過疎の村の様な処です。オツムの程度がいい若者は生活及び能力発揮の為に生まれ育った処を容易く捨てます。居心地のいい処で人生を全うします。残るは・・・搾り滓の様な輩がそこで人生を全うしてしまうのです。ですから、全体として住民レベルが低いのは当然なのです。

小学生等にニコチンパック無料配布等と云う発想しか出来ないのも頷ける訳です。他にやりようが有るだろうと巷では云うでしょう。しかし、搾り滓の様な輩が集っている処故に、それが出来ない事情が有るのです。昔乍らの大らかな地域特性も有ります。「まあまあ、固い事云うなや」です。これが厄介でして、完全に住民全体が入れ替わらないと悪しき無間地獄は続くのです。

自分としては、南国特有の大らかさは消えてはならないものと思っています。日本は全体主義国ではありませんので、一部の偏った思想を無理矢理押し付けるのはどうかと思います。今の日本は自分の正義の為なら、罵詈雑言等を当然と思っている輩が多過ぎます。その輩の大半は日々の憂さ晴らしが最たる目的です。その後に悪影響が出ても、知らぬ存ぜぬがオチとなります。

大昔と云うか、相当大昔の大東亜・太平洋戦争戦前及び戦中に立場が弱い人達に対して威張り腐っていた軍人さんの性根と重なります。その軍人さんの大半はオツムの程度が一寸と云う野郎ばかりです。まるで今のネット上で国士ぶっている輩と同じ思考に酷似しているのが、まさに歴史は繰り返すです。

云っておきますが、無責任が根底に有ります。自分の非を絶対に認めないのがデフォルトです。都合が悪ければ、真っ先に何処かへ逃げて行きます。しかも、自分に都合が良ければ、今まで盲信していたものを簡単に捨てて、力の有る方に付いて、罵詈雑言等を繰り返します。ですから、周りに流される事は危険なのです。醒めた目で物事を見つめる事の大切さは、どんな処でもどんな時にでも堅持仕続けなければなりません。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/928-593ccb2c

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。