まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/10 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • » 2017/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あらそいのみなもとは・・・。

北京市との連携よびかけ 石原知事帰国
8月9日22時37分配信 産経新聞

 北京五輪開会式に出席した東京都の石原慎太郎知事は9日夜、日本航空の臨時チャーター便で帰国した。石原知事は同日午後、北京市主催レセプションで同市の郭金龍市長と懇談、「東京は環境問題に力を入れている。互いに交流してアジアのために貢献しよう」と、日中の両首都の連携強化を呼びかけた。

 懇談で、石原知事は北京市が直面している水質問題などを念頭に、「東京は世界で一番進んだ技術を持っている。いつでも専門家を派遣する」と提案。さらに「日本と中国が力を合わせればアメリカやヨーロッパに独占させない技術がある。一緒にやりましょう」と呼びかけると、郭市長も「より良い五輪運営のため、石原知事からいただいたアドバイスを重視した。相互理解を促進したい」と答えた。

 同日午前には、2016年の東京五輪招致活動の拠点「ジャパンハウス」を視察。“コンパクト”な開催計画を紹介したPRブースを見て回った。

 開会式終了後の同日未明には「13億の人口のすごさをひしひしと感じた」とセレモニーを絶賛したが、東京五輪については「日本は日本の発想、感性でやる」ときっぱり。羽田空港到着後も「(ヒントは)ないね。東京に招致できたら全く違うものにしますよ」と自信をのぞかせた。(石元悠生)


石原都知事、北京市幹部に東京PR=16年五輪招致へ本格始動〔五輪〕
8月9日19時44分配信 時事通信

 【北京9日時事】北京五輪開幕式に出席するため訪中した東京都の石原慎太郎知事は9日午後、北京市主催のレセプションに招かれ、2016年五輪招致に向け、同市幹部と意見交換した。対中強硬派で知られる同知事だが、環境問題での協力を申し出るなど、対面は終始和やかなムードで進められたという。
 石原知事は、北京五輪組織委員会の劉淇会長(北京市党委書記)や郭金竜市長と会い、北京市が直面する水質問題などを念頭に、「東京は世界で一番進んだ技術を持ち、いつでも専門家を派遣する」と協力を提案。
 さらに同知事が、「日中が協力すれば、欧米に独占させずに済む技術がたくさんある。やりましょうよ」と呼び掛けると、劉氏は「奥深い道理を話していただいた」と応じた。
 五輪が開幕した北京では、都が招致活動拠点「ジャパンハウス」を設けたほか、都のライバルとなるリオデジャネイロ市が「ブラジルハウス」を開設した。同じく立候補都市の米・シカゴも中国英字紙にカラー広告を掲載。本格的な招致レースの火ぶたが北京で切られた形となっている。(了)


石原慎太郎東京都知事閣下の中共での言動に、ネット上の国士振っている輩は一声も上げられない状態に陥っている事でしょう。辛うじて擁護論を上げるとすれば、「あれは大人の対応だ!これが大人の外交なんだ!」と言い張るしか有りません。左めいた連中にとっては痛快な出来事です。右めいた連中に向かって多少の罵詈雑言で一時の憂さ晴らしに夢中になっています。

あれはそんな程度の人物です。元々小心者の固まりですから、嗚呼云った節操の無さを簡単にやってしまうのです。そうそう、小澤一郎もその一人です。ええ、立派な小心者です。だから大連立の話に乗っかってしまう節操の無さを演じてしまうのです。冷酷な真中道から見れば、莫迦です。どうしようもないお莫迦さんです。気儘に言動を変えてしまう輩はそう云った類なのです。

はっきり云うと信用ならない人物です。古今東西、この理は不変です。あの方も都合が悪ければそんな阿呆な事を平気でやっていましたね。昔からそんな傾向が有る事を知っているので、天下を取っていた時の見掛け上立派なお言葉の全てを信用していませんでした。第一、ペテン師である事位、普通の人であれば気付く程度のお粗末さだった筈です。

然し、そうなりませんでした。お莫迦は大半の庶民も該当していたのです。いや、他人任せが大好きな民族特性の故に脳天気な気質を有していた為に、口車に乗せられたが正しいでしょう。今の悪政の源はあの方や平蔵等ですが、それを手助けした大元は一般庶民の大半が該当します。悪政の尻拭いをしなければならない第一級戦犯はあの時の自由民主党を支持してしまった貴方なのです。

だから苦しむのです。あの時に支持していなかった庶民をも巻き込んでさぞ楽しい事でしょう。政府に怨嗟を向けるよりも、あの時支持した輩にも怨嗟を向けるのも然りと云えます。そう、敵は周りにも居たのです。さて、如何様に致しましょうか。ぶん殴って憂さを晴らしますか。それとも、殺戮に走りますか。若しくは村八分紛いをしますか。それが出来ない故に、全ての怨嗟を国に向けるのです。本当の敵は周りだと気付いていないかも知れませんが・・・。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/930-e8d5253e

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。