まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/10 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • » 2017/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


つごうがいいやまいがあるものか・・・。

仕事中はうつ 会社の外では元気 「新型うつ病」大流行の裏側
8月10日12時15分配信 J-CASTニュース

 「新型うつ病」なるものが蔓延しているのだという。クリニックの予約を取ろうとしても患者が多すぎ、新患は3ヶ月も待たされる場合もあるそうだ。仕事中にだけうつになり、会社の外では元気、というのが特徴で、若い世代に目立つというこの「新型うつ病」、なぜ増えているのだろうか。

■自分を責めるのではなく、身近な人間を攻撃

 精神科医の香山リカさんは、著書「うつ病が日本を滅ぼす!? 」(2008年5月20日刊)にこんなことを書いている。

  「本当にこれが『うつ病?』と自分で書いたはずの診断書を改めて見返してしまう」

 これまでの「うつ病」といえば、几帳面でまじめな人がかかりやすく、落ち込み、自分を責め、自殺に至るケースが多いというイメージだった。しかし、07年から急激に増えだしたとされる「新型うつ病」は、仕事中だけうつで、帰宅後や休日は普段通り活発に活動する。自分を責めるのではなく、身近な人間や社会に対して攻撃的な態度になり、休職したとしても会社や同僚かける迷惑などあまり感じない、というのが典型らしい。

 朝日新聞の08年5月17日付けには、精神科クリニックが患者でパンク状態になっているのは「新型うつ病」患者が急増したからではないか、と書かれている。「新型」は20~30代に目立ち、都内のあるクリニックでは患者の4割前後を占めるのだという。

 厚生労働省の調べによると、うつ病、躁うつ病の患者総数は99年の44万1千人に対し05年は2倍の92万4千人に増加。製薬会社ファイザーが12歳以上の一般生活者4,000人を対象に、07年2月7日から07年2月16日にかけて行ったインターネット調査では、「一般生活者の12%、約8人に1人がうつ病・うつ状態の可能性」があるという結果が出ている。

■昔から別の病名として扱われていた?

 こうした状況を、一体どう考えたら良いのか。「うつ病の真実」「専門医が教えるうつ病」などの著書がある防衛医科大学校病院副院長で、「日本うつ病学会」理事長の野村総一郎さんに聞いた。それによると、うつ病は症状や病気になる過程によって「メランコリー型うつ病」「双極性障害」「気分変調症」「非定型うつ病」の大きく4つに分類され、「新型」と呼ばれているのが「気分変調症」「非定型うつ病」に当たるのだという。そして、実はこうなんだそうだ。

  「新型と呼ばれているようですが、それは、うつ病という診断はしてこなかっただけで、昔から別の病名として扱われていたんです。患者数は増えてはいますが、実態としてはここ数年で急に増えた、ということでもないんです」

 うつ病と診断する基準は各国まちまちで、現在は米国精神医学会の診断マニュアル「DSM」を参考にするのが世界の趨勢なのだという。各国の医療関係者がこれを参考にし始めたのは、80年に画期的な変貌を遂げた第三版から。94年改定の第四版もほぼ同じ内容になっている。日本では「DSM」を参考にする医師は少なく、「新型」と呼ばれる症状については、パーソナリティー障害、抑うつ神経症などと診断していたのだそうだ。

 それが数年前からようやく日本でも「DSM」を参考にする医師が増え、患者に伝わることによって、いきなり「新型」が大流行しているかのような錯覚をする人が増えたのではないか、と、野村さんは見ている。さらに、「DSM」は2011年に改定され第五版が出るが、「新型」と呼ばれているものが、うつ病として分類されるかのかもわからないのだという。


よくもまあ、次々と病の種類が増えるものです。基本的には躁病の一種が巷で云われている病な訳で、大元は躁病が正しいのです。躁病は病識が全く無いのが基本です。故に精神病の枠に入っています。病識の有無が大きな境目なのです。で、巷で噂の病擬き罹患者の大半が病識を持っています。そう云った意味で、躁欝病の一種である欝病と乖離が有り過ぎるのです。

病識の有る欝擬きは大まかな意味での精神病と最早云えません。或る意味、一寸した現代病と云えるのかも知れません。精神医学先進国のアメ公を基準にしていますが、向こうは向こうで阿漕な企みがあるのです。阿漕な故に新病を量産しているのです。理由はお金儲けです。流石は新自由主義が蔓延っているお国です。巫山戯た罹患者を量産して、儲けに走っています。

で、日本もそれに倣っているのです。全てはお金儲けの為です。巫山戯ているとは雖も、新病罹患者を薬漬けにしておけば、当面はお金に困りません。薬が効かなくなっても、新たな薬で更なるぼったくりで大儲けです。まさに錬金術です。そんな美味しい事情が有るので、日本でもアメ公の真似事が大流行している次第です。

冷酷に分析すれば、欝病と診断された罹患者の99%が本態性では有りません。所謂、偽病です。いや、違った方面の病かも知れません。ん?翼々鑑みれば、病ですらないかも知れません。一寸分かり難かったですか?そうですね・・・、簡単明瞭に云えば、単なる怠け者です。怠けたいが故に、詐病へ走った結果です。

そう、心の持ちようで如何様にでもなるのです。現実に嗚呼云った連中に全てを剥奪すれば、忽ち本性を表わします。鬱擬き状態が見事に消えるのです。自ら命を絶った奴はいません。寧ろ凶暴性を顕わにして周りを巻き込む傾向を見せます。お分かりですね。そう云った性根の輩が自己擁護の為に嗚呼云った演技性を出しているのです。もっと冷酷に云えば、現代社会にはどんな処でも全く要らないお人と断定しても過言はない筈です。


コメント

気分変調症と診断された者です。

なってみたら仮病なんて言えねーから。マジで辛いんだから。。。

Re: いかんともしがたい

> 気分変調症と診断された者です。
>
> なってみたら仮病なんて言えねーから。マジで辛いんだから。。。

平常と欝状態の中間を彷徨う病ですね。欝前段階とも云われています。
敢えて申し上げますが、これは精神病の類ではありません。病識が有るので神経症の類に属するのです。
神経症の類は気の持ち様で如何様にでもなるとあたいは信じています。
お気に触ったのでしたら、ここにてお詫びを申し上げます。(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/931-5446665c

-

管理人の承認後に表示されます

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。