まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/08 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • » 2017/10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もうせんしんこくじゃないのに、よくおかねがだせるな・・・。

ネットカフェ難民に生活費、職業訓練条件に月15万円融資へ
8月23日14時54分配信 読売新聞

 厚生労働省は23日、「ネットカフェ難民」の就労を支援するため、公共職業訓練の受講を条件に、訓練中の住居・生活費として月15万円を融資する制度を2009年度に創設する方針を固めた。

 年収150万円以下の受講者は返済が免除されるため、実質的には給付となる。09年度予算の概算要求に関連予算1億円を盛り込む。

 ネットカフェ難民は住居がなく、定職にも就けずにいることで、低収入で不安定な生活を余儀なくされ、これが、就労を一層難しくするという悪循環に陥りやすい。厚労省の昨年の調査では、全国に約5400人いると推計されている。

 新制度では、雇用・能力開発機構の「技能者育成資金」を活用し、職業訓練受講者に月15万円を貸し付ける。訓練は座学と企業実習を組み合わせた「日本版デュアルシステム」と呼ばれるもので、期間は3~6か月。収入が得にくい訓練期間中に住居・生活費を手当てすることで、受講を促し、訓練に専念してもらう狙いがあり、厚労省では「住居と就労機会の両方を確保できる」と期待している。訓練を修了し、かつ、年収が150万円以下であれば返済は全額免除される。対象は、ネットカフェなどで寝泊まりしながら日雇い派遣などで働く30歳代後半までの「住居喪失不安定就労者」を想定しており、厚労省では年間数百人が利用すると見込んでいる。


不埒な輩にとって、美味しい制度が来年には出来そうです。生活保護よりも金額が高いとなれば、悪用三昧となるのは明白です。人数を確保さえすれば、纏めてぼったくりでウハウハとなりそうです。現実に不逞な輩による失業保険詐取は彼方此方で起きています。事件に至らないものを含めても相当額の税金が不逞な輩の懐へと流れ込んでいます。

ネットカフェ難民なる者を翼々調べてみますと、殆どが怠惰の固まりです。努力の片鱗も一切無いのです。殆どの庶民は際疾い処で血眼になって踏ん張っています。その根性も奴等には全く欠けているのです。云い変えるとルンペンです。浮浪者と何等変わりないのです。一寸した思考の持ち主なら、喝破が容易な筈です。

そうなるとルンペンも救いが必要となります。同じ人種なのですから当然な事です。ですが、過去にそれをやって、殆どが失敗と云う現実が有ります。流れから、同じ轍を踏む可能性は極めて大と云えます。脳天気にも国がお馬鹿な事をやろうとしているのは、誰かさんの人気取りの為と云う事でしょう。更に突き詰めて行けば、天下り等を何某等を潤わす為の愚策でも有ります。

因みに不埒な輩とルンペン共に与えるお金は全て我々の血税です。必死に国に納めたお金を溝に捨ててしまうのです。国が如何に阿呆か良く分かります。国が国ならとっくに革命です。それだけの悪行三昧を許している国民性が信じられません。全て他人任せが大好きな国民性と雖も、国と相変わり有りません。これでは、大国によって蹂躙されても仕方が無い様な感じがします。

そうそう、ニートや引き籠もり等に対する支援策も同じ様な事が云えます。この件に関しては過去に辛辣に語っています。嗚呼云った怠惰な輩を上手い事隔離する為に、あの方は新自由主義を持ち上げたのでしょう。小さな政府は夜警国家です。特権階級のみが全ての国からの恩恵を受けられるだけの政です。特権階級ではない奴隷(?)階級は完全放置すなわち野晒しが基本です。中共の漢族以外に対する仕打ちと同じ様な事になります。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/943-199fa4b6

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。