まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/06 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • » 2017/08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ぼうちゅうしようになってんのか・・・。

米TIME誌も「世界一クール」と絶賛!アフリカで売れまくる住友化学の“蚊帳
8月26日9時0分配信 ダイヤモンド・オンライン

 植民地と宗主国の関係にあった歴史的経緯からアフリカ各地に多くの拠点や情報網を持つ欧州の企業と比べて、日本企業のアフリカ進出は遅れている。そんななかで、着実にアフリカでの存在感を上げているのは住友化学だ。

 その原動力となっているのが、マラリアを媒介する蚊から身を守るために、防虫剤を練りこんだ同社の蚊帳「オリセットネット」である。

 世界で毎年5億人がマラリアを発症し、100万人以上が命を落としているとされるが、その約9割はアフリカのサハラ砂漠以南の地域、サブサハラで発生している。

 防虫剤のスローリリースができるオリセットネットは、洗濯しながら5年間の使用に耐えるとあって、マラリア対策向けに需要が一気に拡大。2004年には、米タイム誌の「世界で一番クールな技術」にも選ばれた。現地企業と合弁企業で進出しているタンザニアでの生産量は、年間1000万張りに達している。

 住友化学では、蚊帳事業はもっぱら「社会貢献が目的」(米倉弘昌社長)と考えている。だが、主な購入先となっている国際機関からは、適正な利益は確保するよう要請されている。というのも、事業継続ができなければ、蚊帳の供給も止まってしまうからだ。

 そのため、住友化学では「いったん上がった利益は学校建設などの形で、再度地域に還元することにしている」(米倉社長)という。

 じつは蚊帳事業から生まれる社会貢献は、それだけではない。

アフリカは現金収入がある職が極めて限られた地域だが、住友化学のタンザニアの工場では、「直接雇用だけで3200人、運送や補修など周辺ビジネスも考えれば3~4倍の雇用を生み出している」(米倉社長)という。

 現地では、一人の従業員の現金収入で一家を養っていることも珍しくないというから、工場一つで、数万人規模の生活を支えていることになる。

 今年5月、住友化学はナイジェリアに年間2000万張を生産する新たな蚊帳工場の建設を決定した。ナイジェリアはサブサハラ全体の約2割に相当する1億4000万人の人口を持つ国で、オリセットネットへの高いニーズが期待されるうえ、今回生まれる約5000人もの直接雇用を確保しやすいことも決め手となった。

 今年度に立ち上がる、サウジアラビアの拠点との連携など、まだまだ発展の余地もありそうだ。

(『週刊ダイヤモンド』編集部 佐藤寛久)


蚊帳とは懐かしい限りです。純日本家屋の衰退と共に、今では殆ど見掛ける事がなくなりました。観光でやっている、昔の家屋なので已む無くの一部だけが、今でもと云う感じです。何と云っても網戸とエアコンの普及が一番の理由です。ですが、それ以外にも最たる理由が一つ有るのです。

それは治安の悪化です。これが最たる理由です。これの為に蚊帳の存在意義が喪失したのです。蚊帳が大活躍していた当時の日本は何処も貧しき民で溢れていました。盗る物が無いのと大家族が殆どだったので治安の悪化も糞も有りません。百倍になって自分に返ってしまうので、手の出しようがなかったのです。

時代の推移と共に核家族化が進みます。同時に一人暮らしも増えていきます。特に未婚の女性の比率が年々高まっていきます。調子付いた変態さんが増えると共に治安悪化が増していきます。それと共に家屋も洋風に移り変わっていきます。女性に媚びた物が建てられる様になり、安全性を考慮した網戸やエアコンの類が普及していきます。

ここまで語れば治安の悪化が蚊帳を駆逐したと云う事が分かります。然し乍ら、スタグフレーションとエコイズム万々歳の為に蚊帳の復活の兆しが出て来ました。ですが、治安の悪化だけはどうしても避けられません。故に再びドボンとなりましょう。治安の悪化も糞もない向こうのお国で蚊帳が持て囃されている理由が、先程の件と同じなのは云うまでも無い事でしょう。

そうなると、蚊帳なる物はその国の経済状況を大きく示す或る種の指針と云えます。貧しければ蚊帳が持て囃され、富めれば蚊帳が邪険にされると云う感じです。そうそう、当初、企業はボランティアのつもりで蚊帳を生産するつもりだったようです。然し乍ら、無償に近いお値段でやってはいけないと世界が釘を刺した所為で、向こうにも生産性が根付いた様です。その点に於いては、世界の貧しいお国にお金や物等を只散蒔くだけの我が国の馬鹿さ加減が、世界に笑われる位恥ずかしい事だと分かりますね。


コメント

懐かしい

蚊帳かぁ チッコイ頃に 使用してましたょ
大阪市内にも 昔は 糸トンボ等も 普通に飛び回ってたんで 今と違い蚊も沢山いましたからねぇ 今は糸トンボは見ないし 蚊に刺される事も殆どないなぁ

蚊はきらいだけど 糸トンボには逢いたいな
無理ですょねぇ

大阪市内の夏はアフリカ人にも世界一蒸し暑く 過ごし難いと言われてるからなぁ

コメント有り難う御座います。

此処のブログは決まり切った絵文字だけではなく、書き手の意志による絵文字が使えるのですね。
これは思わぬ発見です。
そうなるとコメント欄の色々な拡充の可能性が出て来ました。
おっと、話が逸れました。
糸蜻蛉も、確かに秋口が近くなると、年々見掛ける数が減っているような気がします。
そうそう、オニヤンマとか等のでかい蜻蛉が、今年は一切見掛けませんでした。
何処に消えたのだろう・・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/944-c530c239

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。